ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください


Prev123...808182Next

無理しちゃうタイプは自分の体に目を向けて!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




12回目のIさん(主婦)60代女性

股関節痛で来店されています。

はっきり言って、施術をすると痛みは和らぎます。

前回も久しぶりに来店されて、調整したら「あ~いいわぁ~♪」と帰っていかれました。

ところが少しいいと思うと動いてしまって、悪化させてしまうタイプ。

分かっちゃいるけど、自分が動かないといけないと思うんでしょうね。。。


今回も葬儀が入って、そのお宅の片づけを手伝ったら、、、

もう股関節の可動域がいっきに狭くなって、歩くのも辛そうです。


股関節の調整をすると、股関節の屈曲角度60度→90度

と動きは広がりましたし、痛みも和らいで歩行もスムーズになりましたが、

このパターンは、また無理してしまうパターンです。


何度も繰り返していると、ほんと動きが悪くなってきちゃうので、

少しご自愛いただきたいものです。。。

メニエール病と診断された目眩ですが…

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)



本日2回目のMさん(会社員)20代女性

3年ほど前に突発性難聴と診断され、

また、その後には目眩が出てメニエール病との診断もされています。

ここ2週間前から再び目眩が出てきて薬を飲んでいますが、

「効いてんだか、効いてないんだか…仕事も辛くなってきました。」

とのこと。。。




施術の為に施術ベッドに横向き(側臥位)になって、しばらくすると目眩は落ち着きます。

仰向け(仰臥位)だと目眩が少しあるようです。

そして普段はものすごい猫背。


で、私が気になったのは、

ド・ストレートネックで、常に顎を引いています。

これはオカシイですね。


試しに仰向けで首の生理的湾曲を作る(顎を突き出す)と、目眩は引いていきます。

逆に顎を引くと目眩が出てきます。



という確認ができたので、頚椎の調整は生理的湾曲を作る事に注力しました。

その際、頸部を押圧すると痛がる場所があったので、弛めておきました。


そして立ち上がっていただくと、目眩は出ていません。

お会計後に靴を履くときも大丈夫!

最初は下を向くだけで激しい目眩があったとの事なので、

だいぶ和らいでるようです。


また来週すぐに調整しちゃいましょう!

首筋の痛み、肋骨を持ち上げると楽になります。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




9回目のOさん(会社員)50代女性

体調を崩して寝込んだ後、呼吸をするとあばら骨に痛みを感じていました。

某大手のモミ屋さんに行くと「ボキッ!」と凄い音がしたものの

その時はビックリしただけで、さほど痛みを感じませんでしたが、

帰宅後ものすごい痛みに変わり、整形外科に行くと案の定折れてました。。。

「もともと弱っていた箇所が折れたのかな?」

なんて仰ってますが、骨折が回復するまで、おっかなびっくり動いていたら、

腕は上がらなくなるし(痛みはないけど)呼吸は浅くなるしで、

いろんな弊害を感じるようになりました。


3ケ月が過ぎ、整形外科の先生にもOKのお墨付きをもらったので、

当店に来店された次第。



まず肩の固さを調整(これは前回のお話)

今回は首の痛み。

右の首筋に痛みがあります。


周辺を緩めつつ、いくつか確認したところ、

どうも斜角筋が怪しい。

私の中で確信を持つに至ったのは、肋骨を持ち上げると痛みがない事。

斜角筋は頚椎を起始とし、肋骨が停止となっています。


また息を吸い込み、肋骨全体を持ち上げたままだと首筋の痛みが消えます。

この呼吸法もお伝えしましたので、ぜひ良い癖付けをしてッて下さいね。

ズボンを上げるときに肩が痛む

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




8年ぶりのAさん(主婦)50代女性

親御さんの体調不良を期に、仕事を辞めたら左肩が上がらなくなりました。

ストレスか?と本人は思っているようです。



一番困っているのは、

ズボンを上げるとき、車の運転席から後部座席の荷物を取るとき、

など、ふいな動きで鋭い痛みが走ります。

ただ普段の生活ではさほど困っていません。


検査をすると

前から 90度
横から 90度
後から 親指がベルトラインより5cm下まで

しか動かせません。


どうも痛みの出る箇所は上腕二頭筋長頭、みたいですね。

まずは肩甲骨周りの動きをつけ、

肩周辺を大まかに緩めてみると、

前から 135度
横から 90度
後から 親指がベルトラインを少し超すあたりまで

と変化が見られました。


ここで横から腕を上げる際に、かなり上半身を左回旋させてしまう癖があるようで、

妙な体の使い方をしています。

この辺も調整していきたいですね~

指が3本入りました!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日2回目のSさん(会社員)20代男性

アゴの痛みで来店されています。

初めて来たときには指2本ほどしか口が開きませんでした。

しかし初回の施術後は、

痛みを感じるものの、指3本まで何とか口を開けられるまでに動きが広がりました。


そして2回目の今回。

初回の施術後の状態をキープしたまま来店されました。

今回はさらに動きを広げるべく、顎関節の動きをより細かく調整します。

顎関節のスライドをより左右均等にするため、

下顎の動きを左右に微調整です。

Sさん本人にも鏡で確認してもらいながら施術を進めました。


すると、わずかな痛みが残る程度で口は完璧に開きます!

あとは自宅でも正しい顎関節の動きを意識して

「さとう式リンパケア」で今の状態を維持するようにしてくださいね。


また次回、いい状態で来店されることを期待しています。

足底筋膜炎は短期集中施術で!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




3回目のKさん(会社員)40代男性

足底筋膜炎で来店されています。


初回にテーピングを勧めましたが、

皮膚を傷めてしまい、ただいまテーピングはお休みしています。


さて夜勤のあるお仕事のため、2週間ぶりの来店です。

ここ数日連休があったようで、

「仕事すねど痛っだぐないんだなぁ~(笑)」

との事。




とはいえ、MAX時の2割ほどの痛みはあります。

今回は次の時間が空いていたので、少し念入りに調整を試みました。


仙腸関節の調整後、臀筋、大腿部、下腿と緩めていき、

足関節、足根骨の調整、足底筋の調整と、

入念な調整をしたところ、

「おぉ~!
 おぉ~!!!
 こだな歩き方するいな数カ月ぶりだ!
 片足でも立てるし!!!」

とお休み後ということもあって、かなりの変化として感じてもらえた様子。


今度は仕事が落ち着くらしく、もうすこし詰めて来店できるようですので、

短期集中型でしっかり調整していきましょうね♪

出張中の腰痛

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日3回目のSさん(会社役員)50代男性

山形に出張で1ケ月ほど滞在予定。

そんな中、腰を痛めてしまって、当店のウェブサイトを見ていらっしゃいました。

腰を押さえながら、のそりのそりとやってきたSさん。


施術では、仙腸関節の調整、そして腰背部をゆるめただけで、

8割ほどの痛みが和らぎました。

疲労によるものでしょうね。


残る2割の調整でさらに2回の施術を行い、

ほぼOKとなりました。


まだ山形には滞在するようですが、何かあればすぐにご連絡下さいね。

座り方で痛みの出方が違います。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日6回目のSさん(自営業)50代女性

左臀部~脛にかけて鋭い痛みとシビレを抱えてやってきました。

整形外科では「坐骨神経痛かな~?」ともやっとする見解です。

寝起き、夕方、座っている時に痛みが酷くなります。


初回は体勢を変えるたびに痛がっていましたが、

そもそもかなりの歪みがあり、毎回少しずつ歪みを指摘し、

その歪みを修正した座り方をお伝えすると、

どんな座り方をすれば痛むのか?
どんな座り方をすれば痛みが和らぐのか?

が徐々に理解できるようになってきたようで、現在は4割ほど痛みは和らいでいます。

痛みが強くなったり、弱くなったりと、生活の中でも波がありますが、

特に、【寝起きの鋭い痛みから解放された事】を非常に喜んでいただいています。


この調子で痛みの波が酷くならないよう、しっかり調整していきましょうね。

ストレスからくる腰痛?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日5回目のTさん(主婦)50代女性

今年初めに旦那さんを亡くされて、そこからギックリ腰のような痛みが出ました。

腰が痛くなるのは何度もありましたが、今回は腰が伸びず、

お年寄りのように腰を曲げながら歩いています。

整形外科を受診すると、すべり症と診断されました。


過去、ストレスによっていろんな体の不調が出て悩まされてきたようですが、

時間が解決してくれました。ストレスが無くなれば、そういった体の不調も消えました。

旦那さんを失った悲しみは、時間が解決してくれると分かっています。

今回の腰痛も、時間とともに落ち着いていくだろうとも考えています。


しかし妊娠中の娘さんから、産後の子守りを頼まれており、

「そのうち良くなる。なんて言ってらんないから来たんです。」

との事。


何より「こんな格好では外を出歩けない!」という気持ちがあり、

腰痛になってからは一歩も外に出ていません。


さて施術としては、仙腸関節および腰背部の調整

2回目からは腰椎を広げるよう調整。

すると痛みの波はあるものの、腰は曲がったままではあるものの、

「寝起きの時の酷い痛みは大丈夫になりました。」

とのこと。


そして、4回目からはかなり腰が起こせるようになりました。

娘さんにも「普通に歩いてる!」と言われたほど。

ただ完璧に腰が起きている訳ではなく、寝起きに少し痛みは残っています。

今月一杯はみっちり施術をして、来月に仕上げていきましょうね。

一族郎党みなさんにご利用いただいています。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




初めてのSさん(会社員)20代男性

お母さん、お兄さん、弟さん、伯母さん、従妹達やその配偶者まで、

ありがたいことに、一族郎党みなさんに当店をご利用いただいております。


一昨日にSさんのお母さんから「息子が顎関節症でよ~!」

と相談のお話がありまして、ご予約いただいた次第。




来店時点では指2本ほど開いたか開かないかで、

左の顎に鋭い痛みを感じます。

そこで首回りを弛めたあと、顎関節の調整。

指2本から3本目まで開くときに、かならずガクッと音がするのが普通です。

大きい音か小さい音かの違いはありますが、音が大きければ、

それは顎関節の動きが渋いということ。

この顎関節は耳の穴のすぐ前にありますので、

指で触れて確認していただくと、ほとんどの方は分かると思います。


実際にSさんにも確認していただくと、

右の顎関節の動きの後に、左の顎関節が遅れて動きます。

左の顎関節が渋いという証拠です。


ここで志村けんの「あい~ん」と左右に顎を動かすようにしてもらうと、

これだけで指2.5本ほどまで口が開くようになりました。


まだ痛みはありますが、顎関節の可動域が広がったのでOKです。

次回はさらに動きを広げていきましょう!
Prev123...808182Next

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ