ホーム  ┗ 足首

┗ 足首の症例集

Prev12Next

足首を回す運動、間違ってませんか?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




44回目のMさん(主婦)60代女性

寝起きに左の足首、外くるぶしにしばらく痛みが出ます。

Mさん曰く、ヨガ教室に通うようになってからだ!との事。

現在通っているヨガ教室では足を重視しており、

足首をぐりぐり回したりと、随分と念入りなストレッチを行うそうです。


まぁ実際にどんなことをするのか見せてもらうと、

足首をぐりぐりと底屈方向にばかり一生懸命動かして、

背屈方向の動きが全くありません。

これは一つ原因になってるかもしれませんね。


また雑談の中でMさん、ふいに気づいたようですが、

ダイニング椅子に座りながら、他の椅子に両脚を乗せて、

足首を重ねている場面が多いようです。

気づくとやってる姿勢だとか。


この足首を重ねる動作によって、

足首が底屈・回外・内転を引き起こします。

これはいただけませんね。


気づき次第、足首を戻すようお願いしました。

これだけでも変化出ると思いますよ。

足首が変!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




33回目のOさん(公務員)30代女性

ぎっくり腰でいらしていましたが、

落ち着いた現在は、腰痛、肩こりのメンテナンスで月に一度いらっしゃいます。




さて今回は腰が痛い。痛いというより重苦しいといった感じか?

右腰、特に仙腸関節付近に感じている痛みのようです。

Oさん自身が「つま先までの長さが違う!」

と自覚できるほど骨盤の歪みとして表れています。


ということであれば仙腸関節の動きをつけてみましょう!

腰背部、仙腸関節の動きをつけた後、右股関節を屈曲して調整していると

右足首前面に違和感が出てきました。


???

何だろうと思って、いくつか検査をしてみたところ、

股関節の外旋によって違和感が増し、

股関節の内旋によって違和感が減ります。


鼠経部の大腿動脈もしくは大腿神経が圧迫を受けてるのか?

右上前腸骨棘が下がっているし、縫工筋か?

ということで調整。



施術後は最初感じていたような右腰の苦しさはありません。

しばらくデスクワークをしてみないと分からないそうですが、

この調子で1ケ月後のメンテとなればいいですね♪

理屈よりも、身体で理解する人!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




19回目のSさん(会社員)30代女性

三年前から、時々思い出したようにいらっしゃいます。

その頃から、どうしても左側にばかり症状が現れます。



さて今回は、足首反らす時(背屈時)の痛みでいらっしゃいました。

外くるぶし(外踝)の下側に痛みがあり、押しても痛みを感じるほど。




いくつか検査をしてみると、

足首を反らす時(背屈時)にまっすぐ反らしていたので、

「実は、少しだけつま先が外側を向くような形で反っていくのが、足首の本来の動きなんですよ~」

なんてお伝えすると、

「えぇ~!」とずいぶんビックリしてました。


・前脛骨筋
・長趾伸筋
・長母指伸筋

などの筋肉の走行を確認してもらうと分かりますが、足首の動きって、そうなんですよ。



ということで、何度か正しい動きになるように調整を試みました。

そして足首を反らす動作を何度か繰り返し行ってもらうと、

ようやく正しい足首の動きができるように!


この正しい足首の反らし方が分かった瞬間、

「あぁ~これかぁ~!分かった、やっと分かった!すげ~動くの分かります!」

と驚き、喜んでもらえました。


すると、立ち上がって確認してもらったところ、今度は大丈夫!



理屈をいくら説明しても、

Sさんのように、身体で理解する人もいるのだと、再確認させてもらいました。

いずれにしても良かった、よかった。

脛骨と腓骨が離れてるようです!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




18回目のSさん(会社員)30代女性

何かと左半身に諸症状が現れます。


今回は2週間ほど前から、足首、膝、鼠径部および臀部に痛みを感じています

足首前面、および膝関節内側には自発痛がある状態。

下肢を動かすと臀部にも痛みが走ります。


痛みが強くなったり、弱くなったりという法則性があまりなく、

ふいに痛みが強くなるため、なかなか原因が絞り込めません。

が、いつまでも検査ばかりしているわけにもいかず、

まずは見切り発車です。


下肢全体を弛めたあと、足底および足関節、膝関節のバランスを取るも

和らぎはしましたが、歩くと痛みはやはり残ります。


ここで両手で棒を持ってもらい、バンザイしながら立ってもらいます。

私がその棒を引き上げたまま歩いてもらうと

「おぉ!歩きやすい!今まで生きてきて一番歩きやすい!」

と痛みも気にならなくなりました。


この感覚を覚えてもらって、歩きましょう!

と伝えましたが、痛みは和らぐものの、足首にだけ残ります。



ん~と迷いましたが、

当たるも八卦当たらぬも八卦!

ということで、今度は足首をバンドで縛って歩いてもらうと

「ほほっ!何だこりゃ!やべぇ~おもしゃい!全然痛くない!」

と思いっきり変化が現れました!


脛骨と腓骨が離れてしまって痛みが出ていたのではないかと推測されます。

この足首に巻くバンド356円を購入していただき、

仕事中にも巻いてもらう事になりました。


今度は大丈夫じゃないかな~?

足首回るようになったんで大丈夫だと思います。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




4回目のOさん(高校生)男性

陸上部で三段跳びをしており、蹴りだす足、踏み切る足が左足。

実際に一番力が入るときに、足首に痛みが出ます。


前回も同様の痛みが出ていましたが、走るときの痛み。

足首の距骨、舟状骨、立方骨、踵骨の調整をすることで変化が出ました。

施術後に店外に出て、走って確認してもらった結果、OKでした。



今回は三段跳びをする時のみの痛みですので、

実際に練習をしてみないと痛みはわかりませんが、

前回までと同様の施術後は、「足首回るようになったんで大丈夫だと思います。」

とご本人には満足してもらいました。


あとは後日の練習時に確認お願いしますね。

階段をおりる時に足首が痛い

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




3回目のOさん(会社員)50代女性

歩行、階段を降りる時に足首に痛みが出ます。


過去2回の調整により、歩行時の痛みは落ち着いてきましたが、

階段を降りる時の痛みは全く変わりがありません。



今までと同様に骨盤調整後の下肢の筋肉をゆるめることはしておきましたが、

今回は一つ違うことを取り入れてみました。


それは距骨の捻じれ。

今までは距骨の前後の転移については調整を試みていましたが、

これで歩行時の痛みは落ち着きましたが、それだけでは足りません。


距骨を若干外旋させるように押さえつけながら

階段を下りる動作を繰り返してもらうと、

この時ばかりは痛みがほぼ問題なし。



方向性が決まりましたので、

あとはゴールに向けてしっかり調整していきますね♪

脛(すね)の前面の筋肉を調整したら!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




42回目のOさん(会社員)50代女性

2月に転倒し、頚骨および腓骨を骨折。

4月にギブスが外れましたが、足をつくだけで激痛が走ります。

それまで松葉杖を使い、足をつかずにいたので、あまりの痛さに驚いていました。

整形外科では「痛くても頑張って歩きなさい!」との指導。

しかしあまりの痛さに、リハビリできる病院に紹介状を書いてもらい、

そちらにも通われています。



さてだいぶ時間もたってきたので、歩幅を大きくしなければ歩けるようになっています。

が時折激痛が走るときもあり、数時間するとおさまったりと、不安は消えません。



ご自分でも足首を柔らかくするストレッチは行っているようですが、

「先生(私のこと)もそうだけど、
 リハビリの先生もそんなに強くしないけど、終わった後はらくになんだよね~」

と自分でのストレッチはあまり実感が伴わないようです。




さて今回は

前頚骨筋、長趾伸筋、長母趾伸筋、長腓骨筋、短腓骨筋など

下腿前面の筋肉に絞って調整を試みました。


すると

「先生、今までで一番かるいわぁ~!」

喜んでいただきました。



毎回すこしずつ違った調整を試み、ベストな状態を探していましたが、

今のところ、この調整が一番よかったようですね。

脚の神様をお参りにいって、捻挫して帰ってきました。。。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】代表の菅井広孝です。(^-^)




139回目のTさん(パート)60代女性

肩こり・腰痛で2~3週間のメンテナンスで通われています。


さて1週間ほど前に

高畠町だったかな?置賜の足の神社の参拝に20名ほどで出かけた時の事。

「バスに乗り遅れちゃいけない!」

と先に行った皆さんに追いつこうと焦っていたら、

平らな所を歩いているつもりが、段差に気づかずに転倒してしまいました。

この際に捻挫をしてしまったようです。

捻挫で足首に水.jpg

その時は何ともないと思っていましたが、

帰宅後に足首が腫れてきて、

翌日整形外科を受診すると、足首に水が溜まっているとのこと。

(確かにはっきりわかるほど腫れあがっていました。)

ただ「水を抜いても同じことになるから!」と特に処置はナシ。


歩くにも足を引きずるような状態で来店されました。




「だいぶいろんな所回った後だったから、
 お賽銭いいかなぁ~って思っちゃったのよね。
 神様に怒られたんだわ、きっと。(笑)」

とケラケラ笑ってはいますが(苦笑)

様子を見ていると相当つらそうに見えます。



状態の確認をすると、

立方骨付近に圧痛があり、腫れているために足首の屈曲動作で圧迫感があります。

また階段を降りる時に、痛みのある右脚を着いた瞬間も痛みがあり、

1段ずつ、そろりそろりと降りなければなりません。

当然、歩行はピョコピョコ歩きます。



施術の組み立てとしては、

骨盤のバランスを取ったのち、下肢全体を緩め、

股関節、膝関節、足関節の調整を試みました。

ただ、足関節の屈曲動作は圧迫感があるだけで可能ですが、

伸展動作で痛みが出てしまいます。


足関節の隙間を広げながら、少しずつ動きを広げようと試みました。



そして立ち上がっていただくと、

大股だと少し痛そうな表情になりますが、

気持ち歩幅を小さめに歩く分には大丈夫そうです。

階段を下りる動作は痛みがありましたね。



「だいぶ軽くなったから、また来週も来たらいいかしらね。」

と翌週のご予約も入れていかれました。


水が少しでも引いてくるといいんですが、来週どうなってるかな?

アキレス腱がかるくなりました!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




37回目のOさん(会社員)50代女性

2月に転倒し、脛骨および腓骨を骨折。

4月にはギブスが外れましたが、

足を着いただけで足首に激痛が走り、松葉杖を外せなくて困り、

当院のことを思い出していらっしゃいました。


その後、整形外科の紹介でリハビリの病院を紹介され、

そちらでも理学療法士に調整してもらっています。




最近、来店されると

「自分でやっても何にも変わらないけど、
 先生(私)とかリハビリの先生(理学療法士)にやってもらうと何で軽くなんのかねぇ~
 優しくやられてるだけなのに、何が違うのかねぇ~」

としきりに不思議だとおっしゃいます。


「一応、プロですからね!(ニヤリ)」

と心の中では思いつつ、

口から出る言葉は謙虚に

「自分でやると思ったようにいかないもんですよねぇ~私自身も同じですもん!」

なんて伝えています。




さて前回の施術では足首の屈曲だけでなく、

伸展動作も調整してみました。


それがよかったのか、

「帰ってから気づいたんだけど、アキレス腱かるかったのよぉ~」

と仰るので、同じ調整を試みました。



すると施術後はかなり和らいだようで、

案外スタスタと歩きます。


焦らずに!が基本ですが、もう少しって感じですね。

ようやく松葉杖が外れました!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




31回目のOさん(会社員)50代女性

2月に転倒、右の脛骨および腓骨を骨折し、

4月にギブスを外して、それでも痛みがあって松葉杖を外せず、

当店に通われています。



最初は本当に松葉杖を手放せない状態で、

ほんの一瞬も足をつくことができませんでした。

ただ徐々に足関節の調整をすすめていくと、

GW前には松葉杖を1本だけで何とか歩けるようになり、

今回は一般的な老人の使う杖一つで歩いてきました。


今までは松葉杖をわきの下に抱えて歩いていましたが、

ふつうの杖であれば、かなり右足に体重をかけることができています。



来週には仕事に復帰したいとのことですので、

あともう少しですね。
Prev12Next

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ