ホーム  ┗ 頸椎ヘルニア

┗ 頸椎ヘルニアの症例集

Prev1Next

腕に痛みが走る!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




9回目のSさん(農業)40代男性


1年前、左腕に痛みが走るといらっしゃいました。

椎間板ヘルニアと診断されています。

その時は5回ほど頸椎・胸椎の調整で痛みが和らぎました。

また昨年末にも、少しぶり返したと1回だけ調整をしたところです。


さて今年に入ってから、

「今度は逆の方が痛くなっちゃって…」

と逆の調整を行っていました。



そして3回ほどで徐々に和らいできて、

今回「右はだいぶいいんですけど、また左ちょっと痛くなって。。。」

と交互に痛みが出るようですね。^^;


また今回も首回りの調整を行いましたが、

今度はどうかな?

1年前からずっと頭・首が痛い

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)


頚椎椎間板ヘルニア.jpg

初めていらした尾花沢市のSさん(事務職)40代女性

事務職ということもあり、以前から肩こりがあり、

時々首や頭も痛くなっていました。

しかし1年前から痛みがひどくなり整形外科に行くも異常なし。

接骨院やマッサージに通い、ひどい肩こりはましになりましたが、

首、頭の痛みは同じ状態が続いています。

最近また別の整形外科でレントゲンを撮ってもらった結果、

頚椎椎間板ヘルニアと言われました。

「前の整形から1年の間にヘルニアになったって事なんですかね?」

と不思議がっています。




さて詳しくお話をお聞きすると、

慢性的に首・後頭部に鈍痛がありますが、

上を向いたとき(45度)
左右にふりむくとき(右45度、左80度)

で痛みが酷くなります。


実際に頭を動かしてもらい確認しましたが、私は違和感を覚えました。

試しに両手で首を包み込むように支えてもらい、

ゆっくり肘からあげるように、腕全体で頭を反らしてもらうと、

80度近くまで上を向くことができます。最後は痛みが出ましたけどね。


この事からわかるのは、

あごを引いたまま首を反らそうとして痛みが出ているということです。

あごを引きつつ上を向こうとした時、
あごを突き出しながら上を向こうとした時、

実際にそれぞれ試してみると違いがわかるかと思います。


頚椎椎間板ヘルニアの特徴として、確かに上を向くと痛い!

というのはありますが、首の動かし方を変えれば、上を向ける状況です。


もともと事務職ということもあり、

下ばかり向いて作業をしていたために、あごを引く癖がついたのか、

もしくは痛みが続いて、痛みをこらえるために、あごを引く癖がついたのか分かりませんが、

いずれにしても普段から顎を過剰に引いた状態ですごしている事が原因だと考えます。




施術では肩甲骨周り、首周り(特に後頭下筋群)を念入りに緩め、

左右を振り向くときの胸椎の動きもつけておきました。


すると
上を向いたとき(80度)
左右にふりむくとき(右80度、左90度)

まで動きが広がり、痛みも相当和らぎました。


1年続いた痛みなので、

ぶり返し(あごを引く癖はそう簡単になくならないので)があるでしょうから

何度か調整していけば、無理しなければ問題ないところまで行くと思いますよ♪

動きが広がれば、痺れも出にくくなります。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】
院長の菅井広孝です。(^-^)




本日3回目のSさん(農業)30代男性

15年ほど前に頸椎ヘルニアと診断されました。


一番最初にいらした時には

首の可動域が、左右45度

上を向くと30度ほどで左腕まで痺れが出るといった状態でした。

以前から時折同じような症状が出ていたそうです。

腕神経叢.JPG

施術では頸椎および上位胸椎の動きをつけていくと、

左腕の痺れは和らぎました。

可動域は多少広がった程度です。




そして2回目(1週間後)

初回と違って、今度は右腕に痺れが出ています。

そして初回よりもひどい状態です。

また、頸椎および上位胸椎の調整を行いました。

「すると施術前よりはいいかな?」

といった程度の変化です。




さて本日の3回目

痺れの具合はだいぶましになってきました。

しかし首の左右への可動域は相変わらず。

今日はこの左右の動作をつけるよう意識してみました。

特に上位胸椎の左右の回旋の動きを広げるため、

胸椎のみならず、肋骨も含めた調整を行いました。


すると左右には80度超まで動くようになりました。

ここまで動けばほぼ問題ありません。


上を向く時の痺れ…

これは60度超まで動かせるようになり、

ここまで上を向くとさすがに痺れが出ます。

が、可動域がかなり広がったのでOKです。



1週間程度でご都合つく時にご連絡いただいていますが、

またご予約の際には、さらに可動域を広げるよう調整していきましょう。
Prev1Next

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ