┗ 頸椎ヘルニアの症例集

動きが広がれば、痺れも出にくくなります。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】
院長の菅井広孝です。(^-^)




本日3回目のSさん(農業)30代男性

15年ほど前に頸椎ヘルニアと診断されました。


一番最初にいらした時には

首の可動域が、左右45度

上を向くと30度ほどで左腕まで痺れが出るといった状態でした。

以前から時折同じような症状が出ていたそうです。

腕神経叢.JPG

施術では頸椎および上位胸椎の動きをつけていくと、

左腕の痺れは和らぎました。

可動域は多少広がった程度です。




そして2回目(1週間後)

初回と違って、今度は右腕に痺れが出ています。

そして初回よりもひどい状態です。

また、頸椎および上位胸椎の調整を行いました。

「すると施術前よりはいいかな?」

といった程度の変化です。




さて本日の3回目

痺れの具合はだいぶましになってきました。

しかし首の左右への可動域は相変わらず。

今日はこの左右の動作をつけるよう意識してみました。

特に上位胸椎の左右の回旋の動きを広げるため、

胸椎のみならず、肋骨も含めた調整を行いました。


すると左右には80度超まで動くようになりました。

ここまで動けばほぼ問題ありません。


上を向く時の痺れ…

これは60度超まで動かせるようになり、

ここまで上を向くとさすがに痺れが出ます。

が、可動域がかなり広がったのでOKです。



1週間程度でご都合つく時にご連絡いただいていますが、

またご予約の際には、さらに可動域を広げるよう調整していきましょう。

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ