┗ 首痛(むち打ち・寝違い)の症例集

首が痛くてうがいができない。顎を引いたままだとそうなります。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




3回目のSさん(女性)40代女性

昨年、腰痛で2回来院され一旦終了。


そして今回、首の寝違えでご予約いただきました。

お話をうかがうと、、、

2ヶ月前から時々、首筋が攣ったようになることがありましたが、

5日前の朝に、旦那さんに起こしてもらわないといけないほどの激痛が首に出ました。

接骨院で電気を掛けて、5日かけて徐々に痛みは和らいできたようですが、

最後の最後がどうもしっくりこない。

という事でご予約のお電話をいただいた次第。




現在の痛みを確認すると、

左を向くと右僧帽筋に鈍痛が走ります。

また上(45度弱)も下も向けないので、うがいが辛い。

gargle.jpg

施術では肩甲骨を肋骨から剥がそうとしましたが、

とにかく固い。ここは念入りに緩めておきました。


また上位胸椎の左回旋が渋かったので、

頸椎とともに動きを広げていくと、左を向く動作は右と同じになりました。



次に上を向く動き。

これは、最近多いパターンですが、首の動かし方を忘れているんですね。

痛みで顎を引いたまま上を向こうとして

動かない、痛い!とおっしゃいます。


顎を引かないように補助しながら、ゆっくり上を向いてもらう事数回、

ほぼほぼ最後までスムースに動かせるようになりました。


これには、かなりSさん驚いてくれました。^^

ついでに下を向く動きも問題なくなっていました。


あとは痛みが残る場合、すぐに調整しちゃいましょうね♪

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ