ホーム  ┗ 肩甲上腕関節

┗ 肩甲上腕関節の症例集

Prev1234Next

痛みのない腕と同じように動かすだけです。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




2回目のAさん(主婦)50代女性

車で2時間ほどのところにある実家のお父さんの体調がすぐれず、

仕事を辞めて、週に何度か様子を見に、実家に通っています。

そんなストレスからか、左腕が上がらなくなりました。



前90度
横90度
後ベルトラインに指が触れない程度

と動かせる範囲がかなり狭い。


前回は肩甲胸郭関節の動きをつけるようにしてみると

前135度
横90度
後ベルトラインに指が触れたかな?って程度

までの変化しかありませんでした。



そして2回目の今回

肩甲胸郭関節の動きに加え、

前から、横から腕を上げるときの、正しい動きをトレースするような形で

上げ方を誘導していきました。

要は痛みのない右側の動きと同じになるよう、少しずつ誘導してあげたのです。


すると・・・

前160度
横150度
後ベルトラインよりだいぶ上まで届きました

とかなりの大きな変化が見られました。

これならシャンプーできますね♪


この調子なら、あと数回で卒業できそうです。

ガンバっていきましょう!

ズボンを上げるときに肩が痛む

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




8年ぶりのAさん(主婦)50代女性

親御さんの体調不良を期に、仕事を辞めたら左肩が上がらなくなりました。

ストレスか?と本人は思っているようです。



一番困っているのは、

ズボンを上げるとき、車の運転席から後部座席の荷物を取るとき、

など、ふいな動きで鋭い痛みが走ります。

ただ普段の生活ではさほど困っていません。


検査をすると

前から 90度
横から 90度
後から 親指がベルトラインより5cm下まで

しか動かせません。


どうも痛みの出る箇所は上腕二頭筋長頭、みたいですね。

まずは肩甲骨周りの動きをつけ、

肩周辺を大まかに緩めてみると、

前から 135度
横から 90度
後から 親指がベルトラインを少し超すあたりまで

と変化が見られました。


ここで横から腕を上げる際に、かなり上半身を左回旋させてしまう癖があるようで、

妙な体の使い方をしています。

この辺も調整していきたいですね~

転ばないような調整、歩き方のアドバイスが必要だなぁ~

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




72回目のSさん(主婦)70代女性

私の恩師で5年ほど通っていただいています。現在は月に一度のメンテナンス。

その5年の間に何度か転倒をして身体を痛めています。


今回も、、、お孫さんを抱いて田んぼにいたら、ふらついて転んでしまいました。

そこで右肩に痛みを抱えてやってきました。


どうも痛みのある部位を確認すると、

右の棘下筋のようです。

少し時間をかけながら棘下筋を弛めていくと、

「おぉ~いいね、いいね♪」

としっかり弛んだようですね。


その時、その時で調整も必要ですが、

転ばないような調整、歩き方のアドバイスが必要だなぁ~

次回に生かします。

胸鎖関節が最近のマイブームです!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)





61回目のSさん(主婦)70代女性

身体のメンテナンスで2~3週に一度、ご夫婦でいらっしゃっています。

普段は固くなってきた股関節回りの調整をメインに行っていますが、

今回は肩!

90度程度まで腕を上げると、そこから三角筋付近に痛みが走ります。



施術ではセオリー通り、骨盤調整後に腰椎、胸椎の調整、

そして肩甲胸郭関節を調整。

さらに腋下、上腕の筋肉をゆるめてみました。


しかし痛みは残ります。

そこで最近のマイブーム、胸鎖関節!

この胸鎖関節を外側に引っ張りながら腕を上げてもらうと・・・

すい~っと、かなり動きが広がりました!


また来週のご予約をいただきましたので、

さらに動きをつけていきましょうね!

上着を羽織るときに肩が痛い

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)





5回目のSさん(農業)60代男性

肩に痛みを抱えてしばらく我慢していましたが、

奥様から引きずられて来店されました。(笑)



施術のたびに

前135度→150度超→170度
横90度→135度→160度

と腕を上げられる角度が広がってきました。

ここまで可動域が広がると、腕の挙上に関してはさほど問題ありません。


ただ一番困っているのは、畑仕事用のツナギを着るとき!

ツナギに袖を通すときに痛みが酷く感じます。



今回は肘を後ろに引く動き、外転および外旋の動きをつけていきました。

まず痛みで身構えるような格好、巻き肩になっていたため肩甲骨の調整。

そして肩甲上腕関節の動きをつけていきました。


動きはまだ渋さがありますが、最初よりは可動域が広がりましたので、

起き上がって、上着に袖を通してもらうと

「おぉ、いっだぐないみでな!」

と2度ほど同じように服を脱ぎ着して確認。


ん~あとはこの状態を維持できるようにしていきましょう!

肩鎖関節が痛くても、胸鎖関節を狙ってみました。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^) 




9回目のMさん(会社員)40代女性

当初はギックリ腰でいらしていましたが、

現在は低気圧の影響を受ける臀部痛、

そして前回から感じている、肩の痛みを調整しています。



さて前回は棘上筋と大円筋あたりに痛みを訴えていましたが、

その時にあったズキン!という鋭い痛みはありませんが、

今回は「ここ痛いんですよねぇ~」と菱形筋および肩鎖関節あたりに重苦しさがあるようです。



さて臀部痛は、仙腸関節の調整および、深層外旋六筋をゆるめることで対処できます。

ただ肩の重苦しさ、菱形筋は肩甲胸郭関節の調整で和らぎましたが、

肩鎖関節付近の痛みは、腕を上げるとジワ~と出てきます。

肩鎖関節をいろいろ調整してみても変化なし。。。

困りました。


何となくですが、ふっと次にやるべき事が頭の中に浮かんでくるときがあります。

胸鎖関節を少しだけ動かしてみました。

ビンゴ!です。

一気に腕が上がるようになりました。


Mさんも「あれ?あれ?大丈夫みたい!」

と不思議がっています。

師匠に以前言われたことを思い出しました。

「案外、肩鎖関節だと思い込みがちだけど、胸鎖関節が悪さしてること多いよ!」

今回はまさにそのパターンでしたね。


もし痛みがぶり返しても対処できるよう、

胸鎖関節のセルフケアもお伝えしておきました。


また来月お待ちしてますね♪

腕が上がらない!ツナギを着るときに痛い。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




3回目のSさん(農業)60代男性

前回は紹介で来店され、ぎっくり腰が2回で和らぎ喜んでいただきました。



そして2年ぶりの来店です。

前回も同じだったように記憶していますが、

Sさんが痛がっている姿を見て、奥さんが連絡をくださいました。



さて今回は肩の痛み。

昨年6月ごろから左肩が痛み出し、

前135度
横90度
後ベルトラインまで指が届かない

と肩甲上腕関節の可動制限があります。

そして上部僧帽筋あたりに痛みが出ると訴えます。


「普段困っていることは?」という質問に対して

「別にほで痛っだい!って訳でないげど、ツナギ着るとき大変だなぁ~」

と農家ならではの困りごとでしょうかね?


いずれにしても奥さんが連絡してきたということは、

Sさん本人は「大したことない!」と言い張って、

痛みを我慢してたことは容易に想像できます。(笑)




さて施術としては簡単に仙腸関節の調整を行い、

腰椎、胸椎の調整を。

次に肋椎関節の動きを広げつつ、肩甲胸郭関節の動きも広げておきました。

そして挙上の確認をしていると、

当初おっしゃっていた上部僧帽筋ではなく、肩甲鎖関節に痛みがあるようです。

この部分の動きをつけようとしてみましたが、まぁここは非常に痛い場所です。

調整を試みると相当痛がっています。

脇で奥さんが「ほれ、我慢すろ!!!」と声掛け!(笑)

旦那さんの心配をして電話をしてくれたり、一緒に来てくれたり、

頑張れと言ってくれたり、素晴らしい奥さんですね♪


その甲斐あってか、施術後は

前135度→150度超
横90度→135度
後ベルトラインまで指が届かない→親指の長さ分ほどベルトラインより上まで届きます

と変化が見られました。


「ずいぶん違うよ!来ていがったね~
 もっと早く来っどいっけな!」

と奥さんの方がホイホイ言ってるのが笑えます。


次回はさらに変化がみられるよう、私も頑張りますね♪

棘上筋、棘下筋をゆるめたら肩痛和らぎました!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




32回目のYさん(嘱託)60代男性

右肩の痛みで来店されています。

農作業や力仕事をすると時折痛みが出て来店されていましたが、

今回はずっと痛みが続いています。


ただ回数を重ねるごとに自発痛は落ち着いてきましたが、

特定の動きでは痛みが治まっていません。




施術の後は「うん、いいみたいです!」と帰られますが、

2週間もすると痛みがぶり返してきます。


何度かこの繰り返しだったので、私もなんとかしたいと、

いろいろ調べたり、次の施術のプランを組んでいます。



今回はいつもの肩甲骨周りの筋肉をゆるめたあと、

上腕などの筋肉をゆるめつつ、

棘上筋、棘下筋を集中して狙ってみました!


するとこれが当たったのか、

「なんか今日はすこぶるいいな!」

と変化を感じていただけました。


また2週間後の施術となりますが、それまで保てていることを祈っています。

肩鎖関節の固さが原因でした。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^) 





8回目のSさん(公務員)30代女性

もともと肩こりが慢性化していましたが、

先日から肩こりではなく、肩に痛みが出るようになりました。

そもそも挙上時の痛みがあり、腕を上げることができません。

荷物を持ち上げるような作業もありますが、それも辛い。




まずは検査。

「ちょっと痛いけど我慢してくださいね。検査なんで・・・」

と肩鎖関節の動きを無理やりつけながら挙上してもらうこと5回。

そのあと、もう一度腕を上げてもらうと、

「あれ???上げられる・・・」

と、この時点で腕の挙上が可能になりました。



念のため、肩甲骨および鎖骨などもしっかり調整しておきました。

ほとんどデスクワークで肩甲骨を動かす機会がないようで、

生活の中でも腕を上げることは全くないとの事。

「周りに四十肩だ!って言われて心配しちゃいました…」とのことでしたが、よかったですね。


時折、腕を上まで上げるように動かしてくださいね。

振り向いたときの首の痛み(第一、第二肋骨の調整)

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^) 




4回目のEさん(会社員)30代男性


学生時代からアメフトを続けており、社会人リーグで現役で活躍しています。

この試合の為に関東に出向くほどの熱の入れよう。

もともと首が悪かったんですが、先日の試合の後から痛みが酷くなってきました。




さて今回は、背中の痛みは問題なくなっています。

上を向いても大丈夫!


ただ左を向くと、左の僧帽筋付近に痛みが走ります。

また左肩の挙上で痛みが走ります。(前回は右肩だったんだけど…)




さて今回は今までと少し違う調整が必要なようです。

まず、左を向くときの、左の僧帽筋の痛み。

第一、第二肋骨の調整によって痛みに変化が出ました。


また左肩の関節の隙間を広げるようにしたところ、

挙上時の痛みもOK!




「どうせ、また試合したら痛めるんで、そん時お邪魔させて下さい!」

との事でしたので、一旦終了となります。


また痛めたら、無理せずに連絡下さいね。
Prev1234Next

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ