ホーム  ┗ 肩甲上腕関節

┗ 肩甲上腕関節の症例集

Prev1234Next

肩鎖関節の固さが原因でした。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^) 





8回目のSさん(公務員)30代女性

もともと肩こりが慢性化していましたが、

先日から肩こりではなく、肩に痛みが出るようになりました。

そもそも挙上時の痛みがあり、腕を上げることができません。

荷物を持ち上げるような作業もありますが、それも辛い。




まずは検査。

「ちょっと痛いけど我慢してくださいね。検査なんで・・・」

と肩鎖関節の動きを無理やりつけながら挙上してもらうこと5回。

そのあと、もう一度腕を上げてもらうと、

「あれ???上げられる・・・」

と、この時点で腕の挙上が可能になりました。



念のため、肩甲骨および鎖骨などもしっかり調整しておきました。

ほとんどデスクワークで肩甲骨を動かす機会がないようで、

生活の中でも腕を上げることは全くないとの事。

「周りに四十肩だ!って言われて心配しちゃいました…」とのことでしたが、よかったですね。


時折、腕を上まで上げるように動かしてくださいね。

振り向いたときの首の痛み(第一、第二肋骨の調整)

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^) 




4回目のEさん(会社員)30代男性


学生時代からアメフトを続けており、社会人リーグで現役で活躍しています。

この試合の為に関東に出向くほどの熱の入れよう。

もともと首が悪かったんですが、先日の試合の後から痛みが酷くなってきました。




さて今回は、背中の痛みは問題なくなっています。

上を向いても大丈夫!


ただ左を向くと、左の僧帽筋付近に痛みが走ります。

また左肩の挙上で痛みが走ります。(前回は右肩だったんだけど…)




さて今回は今までと少し違う調整が必要なようです。

まず、左を向くときの、左の僧帽筋の痛み。

第一、第二肋骨の調整によって痛みに変化が出ました。


また左肩の関節の隙間を広げるようにしたところ、

挙上時の痛みもOK!




「どうせ、また試合したら痛めるんで、そん時お邪魔させて下さい!」

との事でしたので、一旦終了となります。


また痛めたら、無理せずに連絡下さいね。

脇の下から指をつっこむ調整、めちゃくちゃ痛いです。けど、いいです。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




21回目のYさん(嘱託)60代男性

腕を伸ばした時に肩関節の前面に痛みが出ます。

他にも服にそでを通すとき、腕の挙上時、手を背中に回すときなどに痛みが出ていました。


肩周辺をゆるめて、肩甲上腕関節を広げていくと痛みが落ち着いていきます。

ただ自宅で農作業(特に重労働のとき)を行うと痛みがぶり返してしまいます。



そして今回は、肘を体に寄せるとき(ノブシコブシの吉村さんが肘でバチバチしてたような感じ)

痛みが出ます。

なんか毎回痛みの出方も変わってくるような・・・




さて施術としては、肩甲上腕関節のつまりがやはり考えられますので、

今までの調整のほかに、腋下から指をつっこんで、

直接、肩甲上腕関節の関節包を広げる調整を入れました。

これは私も練習のとき経験してますが、めちゃくちゃ痛い!(涙

でも後からすっきりするんですよね、ほんとに。


Yさんは施術後、もうひと調整が必要なんですが、

今回はこの調整だけで大丈夫でした。

「ん、なんか大丈夫みたいだな。」

と腕をぐりぐり動かしてました。



今度は2週間、今の状態を維持できるようにしていきましょうね。

ある角度で肩に激痛が走って、動けなくなります。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)



初めてのYさん(主婦)50代女性

お盆すぎから左肩に痛みが出てきて、

腕を上げられないわけじゃないけど、ある角度で鋭い痛みが出て、しばらく動けなくなります。

また医者にもいかずに、我慢していたら痛みが広がって、

背中、腰、首、腕全体が常に痛みが続いています。




まずは腕(肩)の動きのチェック。

前 120度
横 45度
後 ベルトライン


とにかく黙っていても痛いということなので、

肩甲骨を含め、腕と頸部もゆるめることにしました。


横向きで肩甲骨を緩める分には、腕の辛さは感じません。

急がず、丹念に緩めていくと、仰向けになっても腕の辛さはありません。


次に腕全体、指先までを緩め、頸部を調整。

すると当初あった自発痛は、腰と後頭下筋群のみ。



腕の挙上角度は

前 120度→170度
横 45度→160度
後 ベルトライン→少しいいかな?位

これらの角度はすべて鏡で見て、ご本人の口から出た角度です。



これだけ変化が見られたことに、かなり驚いてくれました。

また引き続きゆるめていきますね♪

さくらんぼの収穫を優先したら痛みが酷くなった…

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




5回目のSさん(農業)60代男性

2年ぶりの来店です。



3月ごろから右肩に違和感・若干の痛みが出る時がありましたが、

温泉に行ったり、湿布を貼ると落ち着いていました。


しかしサクランボの作業が始まってから痛みが取れなくなり、

収穫期も休めずに無理をしたところ、相当悪化。

肩がほとんど上がらなくなりました。


ようやく仕事がひと段落したので来店された次第。




さて最初の検査では、

前から腕を上げると90度(内旋時は120度)

横から腕を上げると30度で痛みが出ます。

まあ、ほとんど上がらない感覚でしょうね。


また身構えて腕を動かしているため、

肩甲骨周りがガチガチ。

まずはこの周辺の筋肉を緩めていきました。


次に肩関節周辺の筋肉を緩め、関節の調整を試みましたが、

肩鎖関節前方を軽く触れただけで、ものすごく痛がります。

鳥口肩峰靭帯、または三角筋(前・中部)の痛みのようです。

そのため私がやりたい調整は満足にできませんでしたが、

この日出来る限りの調整を試みました。




結果、

前から腕を上げると120度(内旋時は150度)

横から腕を上げると90度で痛みが出ます。

だいぶ痛みなく動かせる範囲が広がってきましたね。


この調子で、少しずつ可動域を広げていくよう頑張ります!

リウマチと整体

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




16回目のKさん(会社員)40代女性

リウマチで通われています。


リウマチといっても整体でよくなるものではありません。

当店の考え方として、

リウマチの進行は、「抗リウマチ薬」または「生物学的製剤」に頼ってください。

しかし体の痛み自体は、周辺の筋肉や固まった関節を少しでも動きをつけてあげるだけでも、かなり痛みは和らぎます。




Kさんもリウマチによる関節周辺の痛みが日替わりのように変わりつつ、

あちこち痛みを訴えます。


当初は足関節と足底の痛みを訴えていましたが、

各関節ごとに緩めていくと和らぎます。




ここ最近は右肩に痛みが出やすくなっています。

風呂場で左肩を洗おうとしたときなどに痛みが走ります。


これは肩甲上腕関節をゆるめると可動域が広がります。

また挙上時も痛みがありましたが、

関節のポジションを正していくと大丈夫。



要はリウマチでも関節周辺を緩めたり、

無理のない程度に関節の調整を行えば痛みは和らぐということです。



もしリウマチの痛みでお悩みの方がいらっしゃればご連絡ください。

痛みはぶり返しますが、徐々に少なくなってきています。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】代表の菅井広孝です。(^-^)




50回目のKさん(自営業)50代女性


鼠径部痛および肩こりで、思い出したように来店される方。

施術後はしばらくもつので、辛くなると当日予約でいらっしゃいます。



しかし、先月に股関節の痛みに再び襲われ、メンテナンスの重要性を感じ始めたようです。


整形外科でも変形性股関節症と診断されており、

身体を大切に使っていこうという風に心境の変化があったようです。


次の予約は入れて行かれませんが、

おおよそ7~10日に一度、時間を見つけて来店されています。


肩が痛い.jpg

さて、そんな風に股関節の調整は毎回おこなっていますが、

最近、右上腕外側に痛みを感じるようになりました。

上腕の外旋・外転で痛みが走ります。


その対策としては、

肩甲骨の内転動作をつけつつ、肩甲上腕関節の調整をおこなっています。



ぶり返しがありますが、徐々に痛みは収束に向かっています。

波はあるものの、現在は外旋はOKです。


外転は、ほんとうに最後まで動かした時の痛みが残るのみ。

かなり可動域は広がっています。




肩はあともう少しですね♪

しっかり最後まで調整しちゃいましょうね。

痛い肩を下にして寝たら痛みが再発!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】代表の菅井広孝です。(^-^)




2回目のKさん(会社員)30代女性

PTAの行事でソフトバレーをして右肩を痛めました。

腕の屈曲135度、外転90度、伸展で痛みが出ます。




初回は肩甲胸郭関節、肩甲上腕関節、肩鎖関節の調整を行うと、

伸展時の痛みは残るものの、屈曲・外展ともにスムーズに動くようになりました。

「おぉぉ~!」

と良いリアクションで喜んで帰られました。




そして2回目の今回。

痛みはほとんど気にならずに生活できていましたが、

家事がひと段落して、ちょっと横になったんですが、

何も考えず、ふっと痛みがあった方を下にして寝っ転がった瞬間!

激痛が走り、夜眠っていても何度も目が覚めるほどの痛みが再発してしまいました。


2回目の来店時点では、痛みは多少引いていましたが、

初回よりひどい様子。

わざとではないものの、あらら・・・な感じです。




さて施術では前回同様、

肩甲胸郭関節、肩甲上腕関節、肩鎖関節の調整を行いました。

ただ、肩甲上腕関節の調子を一番念入りに行うと、

起き上がってからは、まずほとんどの動きで問題なし。


正直、前回より痛そうだし、1回でどこまでやれるかなぁ~

って思っていたので、思いのほか和らいでほっとしました。



順調なら次は10日~14日ほど施術間隔を空けてみようと思っていましたが、

また1週間後のご予約をいただきました。



良い状態が維持できてることを祈っています。

ぶり返した肩の痛み

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)


肩の痛み.jpg

13回目のYさん(嘱託)60代男性

右の肩に痛みがあり、

腕を上に上げたり、前の物を取ったり、服に袖を通す時に痛みが出ます。

肩甲骨の調整、肩甲上腕関節の調整を行うことで、

いったん落ち着いたんですが、

1ヶ月空いた今回

「まだ痛っだぐなってきたんず、がっかりすっずにゃぁ。」

と痛みが再発して、来院されました。




さて施術としては、前回までと同様に

肩甲上腕関節の調整を行いました。

上腕骨の骨頭部分が、前方転移していたので、

後方に調整しながら、腕の挙上を何度かしてもらうと、

各動作での痛みは和らいで、さほど気になりません。



けれど痛みがぶり返してきたことを考えると、

最後までしっかり調整していった方がよろしいかと思います。

また来週お待ちしております。

荷物を担いで、腕が上がらなくなった!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




東根市のKさん(足場屋さん)30代男性

昨年に職を変えて、現在の足場屋さんに勤め始めました。

ちょうどその頃から肩に痛みが出はじめました。

肩が痛い.jpg

お話を伺うと、

単純に腕を上げようとすると両腕とも120度のあたりで痛みが出ます。

また反対の肩を洗うようなときにも痛みが出ます。

ちょうど痛みがでるのは肩鎖関節付近。




まずは肩甲骨周りの筋肉をゆるめてみました。

この際、非常に痛そう。。。

筋肉がパンパンで動きが鈍い状態です。


肩甲骨の動きが広がりましたが、痛みは変わりません。

次に、肩鎖関節を無理やり動かしながら腕の挙上をしていくと、

めちゃくちゃ痛そうにはしていましたが、

何度か調整した後には、すっと最後まで上がるようになりました。


やはり足場資材を持ち上げたり

担いだりする時に、肩鎖関節に負担が掛かっていたんでしょうね。



また来週に調整することになりましたが、

どうなってるかな?

Prev1234Next

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ