┗ 肩甲上腕関節の症例集

投球の最後のモーションで出る痛み!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)





初めてのTさん(公務員)20代男性

とんでもないガタイをしています。筋肉ダルマという表現がぴったり!

玄関から見えた瞬間、「この体格を今から調整するの?マジで?無理じゃね?」

って一瞬思った位の筋肉の持ち主。(苦笑)




さて主訴は、野球をした時の肩の痛みです。

投げ終えるモーションの最後で、腋下と上腕三頭筋に痛みが出るようで、

普段は少々重苦しい程度。

そして上部僧帽筋、肩甲挙筋あたりに張り感が常にあります。



調整としては、肩こりの調整のように、

肩甲骨周辺の筋肉をまずは弛めてみます。

菱形筋、前鋸筋、広背筋、大円筋、小円筋、肩甲挙筋、僧帽筋など。


特に腋下を伸ばしている時に辛そうにしていたんですが、

ん~どうも上腕三頭筋の起始部あたりを訴えてるのかな?

という気がして弛めてみると、多分ビンゴ!

挙上時にすっと上がるようになりました。


で、上腕骨の骨頭が少し前方転移している様子だったので、

戻すような形を取って、なおかつ理由を説明すると、

野球の投球フォームの癖とリンクしたようで、

「あっ多分それですわ!俺ずっとその投げ方の癖指摘されてたんですよね~」

との事。


まずは、投球時は後日確認してもらう事としても、

その他はだいぶ和らいだようで、喜んでいただけました。


また次回の調整時には気合入れていきますよ!

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ