┗ 肩甲上腕関節の症例集

手術をする?しない? 私の考えは?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




17回目のMさん、85歳女性

約半年もの間、ずっと肩の痛みで悩まれてきました。

筋肉注射やリハビリを続けていましたが、

今は本人の意思で両方とも一旦中止し、整体を受けに来られています。



先日、次の予約をされずに帰られました。

必ず次の予約をされていたので、いつもと違う雰囲気を感じてはいました。





そして数日後。。。

娘さんがやってきて、回復のペースが遅い気がして別の病院に連れてってみたんですが

「軟骨が減ってるから手術しか方法はない!」

と言われたものの、高齢なので手術も思い悩んで、

私の考えを聞きたくていらっしゃいました。

ちなみに手術をするとなると来年の2月まで待たなけばなりません。

肩の手術.jpg

私なりの考えとしては、

・軟骨の減少という事実は間違いのないこと(レントゲン・MRの結果)

・当然軟骨が減って手術が必要な人は存在する

・しかし軟骨が減っている事実はあれど、以前より整体で痛みが和らいでいるという事実もある

・つまりは痛みの原因は、①軟骨の減少、②関節周辺の組織の問題(筋肉、腱、靭帯など)の2つが考えられる

・現在の痛みを100%と仮定すると、①軟骨の減少に起因する痛み〇〇%、②関節周辺の組織に起因する痛み〇〇%ということも考えられる

・実際施術で和らいだ分は②関節周辺の組織の問題がある程度あったはず

・①軟骨の減少による痛みが何割か残ることは考えられるが、②関節周辺の組織の問題が解消されれば、数割かは痛みが和らぐのではないか?

・世の中絶対はないけれど、私の経験上また今までの経緯を見ていると、さらに痛みが和らぎそう!という感覚は持っている

・手術を選択するのも一つの手だし、手術が嫌であれば整体で数か月様子を見るのも一つの選択肢

というような事をお話しました。

※あくまでも私は医師ではないので、どちらが良いとは言いません。




そして数日後、また予約のお電話がありました。

来年までは少なくとも施術で様子をみていきたいようです。

私も現状よりも少しでも和らぐよう、しっかり向き合って施術させていただきます。

肩鎖関節の渋さが原因?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日初めて、村山市のOさん(電気工事士)30代男性

私の同級生です。


10日ほど前、右肩がプツッ!

と音がして違和感が出始めました。

そこから徐々に痛みが強くなり、

昨日には仕事ができないほどの痛みに襲われ、

あまりの痛みで涙が出てくるほどだったそうです。

肩鎖関節.jpg


さて痛みの場所を確認すると、

どうも肩鎖関節のように思えてなりません。

腕の挙上では、

前120度
横90度

で激しい痛みが出ます。




施術の際、肩をすくめるような動作、肩甲骨の挙上の動作で激痛が走り、

肩甲骨の下制で痛みが引きます。

ますます肩鎖関節が怪しい。


ということで肩甲骨の動きをじわりじわりと広げていきました。

その中で肩鎖関節の動きも広がってくるのを目指します。



すると施術後には、前・横ともに腕の挙上の動作では問題ありません。

ベルトの後ろを触ろうとすると痛みが残りますが、

ひとまず大丈夫そう。




さてさて、この直後に仕事で建物の床下にもぐって、

ほふく前進のような動きをしなければならないということで、

痛みがぶり返さないか心配ではありますが、

また来週、どうなっていることやら。^^;

わきの下をつまんで腕を上げるだけのストレッチ!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




25回目のTさん(無職)60代男性

退職後、ぼちぼち農業をやっています。



時折ぎっくり腰でやってきますが、

今回は腰痛が和らいだら、こっそり痛がっていた肩を本格的に調整をすることにしました。



うつ伏せになった時にすでに肩が痛く、

施術の際にもすこし苦労してた部分です。

腕の挙上、前にぐいっと伸ばす動作、腰に手を回す動作で痛みます。


肩甲胸郭関節および胸鎖関節、胸鎖関節の調整を行っていましたが、

少し動きがついてきたので、

前回、腋下の大円筋、小円筋を狙ってみたところ、

さらに動きが広がりました。

腋下をつまむ.jpg

ご自宅でのセルフケアとして腋下をつまんで、腕の挙上をお願いしたところ、

今回はほぼ問題なく腕を上げることができるようになっています。



まだ勢いよく前に伸ばすのは痛みますが、生活ではさほど困らない所まできています。


あとは後ろに回す動作ですが、

肩甲上腕関節の固さが考えられますので調整をかけ、

後ろに手を回して、少しずつ動きをつけるセルフケアを新たにお伝えしました。


これでさらに動きが広がってくれるといいなぁ~

お嫁さんに「動きがよくなった!」と褒められました♪

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




12回目のMさん(無職)85歳女性

半年前から両肩の痛みで整形外科に通い続けましたが、

どうにも変化が見られず、

筋肉注射を毎週打ち続けたら、逆に痛みが強くなってきました。

20161007-1475828954.jpg


痛みをめちゃくちゃ我慢してリハビリ!と称して肩を動かしていましたが、

それは少し控えてもらい、

施術を続けていくうちに徐々に変化が見られてきました。



今日はとっても嬉しいご報告を頂きました。

〇お嫁さんから動きが早くなったと褒められた!
〇食事を終えて食卓から立ち上がるのが素早くなった。テーブルに手をつくのも激痛でした。
〇ベッドで布団をかけなおすことができるようになった。

こんな風に日常生活の中でも出来ること、出来ないことがありますが、

少しずつですが変化を感じていただけているようで嬉しいです。



さらなる変化が見られるよう私も頑張ります!



どこも捕まらなくても、起き上がれるようになりました。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




11回目のMさん(無職)85歳女性

昨年まではガンガン農作業をしていましたが、

肩を壊して引退し、現在は悠々自適の毎日です。


ただ肩を痛めてから整形外科に通い続けていますが、

「もっと肩の運動(ストレッチ)頑張りなさい!」

と言われるので、痛みをこらえて無理をして動かしていました。


私の考えとしては、

痛み=無理しないで!体を休めて!

というサインだと考えていますので、そのようにお伝えし、

ガチガチの肩甲胸郭関節(肋骨と肩甲骨の隙間)の動きを広げ、

肩鎖・胸鎖関節の調整をおこなっています。

寝起き.jpeg


すると最近では、

ベッドから起き上がるのも相当時間をかけて痛みがましになるように動いていましたが、

ベッドの欄干(手すり)をつかまって起き上がれるようになり、

今日は「まだ痛っだいげど、何もつかなまくても起ぎるいぐなったなよっす。」

と嬉しい報告をしていただきました。


ほんの少しずつですが、

変化が見られるようになり私も嬉しいです。


さらに動きがスムーズになるよう、私も精いっぱいやらせていただきますね。

ベッドから起き上がれるようになりました。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




6回目のMさん(主婦)85歳女性

半年前から両肩、特に左肩に痛みがあり、

整形外科に通い続け、筋肉注射もしてもらっていますが、

全く変化がありません。むしろ痛みが酷くなっているようだとの本人談。

結節間溝.jpg

リハビリも勧められ、ものすごく痛いのを堪えて毎日続けていますが、

もっとやりなさい!と言われ続けています。


最近家を引っ越して、分からないまま入った美容室で、

他のお客さんと美容師さんの会話から、当店のことを耳にはさみました。

帰宅後、お嫁さんに美容室に電話してもらって当店の場所を聞きやってきました。




さて検査をしてみると

右 150°
左 90°

まで腕を上げると痛みが走ります。

どうも結節間溝あたりに痛みが出ている様子。


まずは肩甲骨を緩めつつ、肩甲上腕関節の調整を続けています。




さて4回目の時に、ぎっくり腰を起こしてしまい、

肩の調整時間を減らして、腰の調整も続けていますが、

今回の調整時にうれしい報告がありました。


ベッドから起き上がるときに両肩の痛みで、

どうやって起き上がったらいいのか分からず、

ずいぶん時間をかけて起き上がっていましたが、

最近は、ベッドの手すりを掴んで起き上がれるようになりました。

左肩はまだ痛みがありますが、

「大分いいやぁ~」と言っていただけました。


腰ももう少しなので、

しっかり調整していきますね♪

肩の痛み、小胸筋が原因か?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日3回目のTさん(主婦)50代女性

左の首筋から肩にかけて痛みを訴えています。

また左の手に力が入らず困っています。


前回の施術で、痛みが肩関節付近に集中してきました。

範囲が狭まってくるというのはいい傾向です。

肩痛小胸筋.jpg


さてこの肩関節の痛み、

反対の脇腹を触ろうとしたときに、ツキン!とした痛みが走ります。



施術では肩甲骨周りを緩めたほかに、

腋下もゆるめておきました。

が、「正直そんなに変わった気がしない。。。」

と残念な反応です。



そこで、ふと気づいて小胸筋にアプローチしてみました。

すると問題なく脇腹を触れます。

そのまま何度か小胸筋を動かしていくと、調整ができたようです。




自宅でも、ご自分で、または旦那さんにやってもらえるように

調整方法をお伝えしましたので、試してくださいね。

フライドチキンみたいに肩甲骨外してほしい。。。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日はじめてのSさん(教員)40代女性

同僚の方からのご紹介。



夏休み期間、先生方の研修がありました。

その時に冷房が効きすぎていたせいか、膝に痛みが出て

イスからの立ち座りで痛みます。


痛みは少し落ち着いてきましたが、

もうじきやってくる学校のイベントをこなせるか?

と不安でいらっしゃいました。



他にも以前から抱えている背中の痛み、

週一でマッサージに通っているという肩の凝りも訴えています。




さて、最初に検査を。

膝関節のズレを疑い、イスからの立ち上がりの際に、

膝関節の調整をしながら動いてもらうと、スムースに立つことができます。

また、骨盤を整えつつ立ち上がるのも、同様にスムーズに立つことができます。


この事から、骨盤のズレ→膝関節のズレが発生

という事を考えて施術スタート。




骨盤の調整を行ったあと、大腿部をしっかりゆるめます。

このとき太ももの筋肉を揺らすと「あぁ~これ気持ちいい~(^^♪」

と嬉しそうです。


肩甲骨を外す.jpg

また肩甲骨の動きを広げるようにしている時にも

「あぁ~気持ちいぃ~♪
 時々思うんだけど、ケンタッキーのチキンみたいに
 身体から肩甲骨だけ外してもらいたいって思っちゃう位くるしいんです。」

とのこと。

私もあんまりにも肩甲骨の動きがない方を扱っているとき

「肩甲骨と肋骨の隙間にナイフで切れ目入れてあげたいわぁ~!!!」

と思うときありますもんね。

お互い同じこと思ってるのかもしれませんね。^^;



施術後は、

膝はスムーズに、

肩はスッキリと帰っていただきました。




今週末も来ていただくことになりましたので、

良い状態を維持できてるといいですね♪

腕を回したときの肩の痛み!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日3回目のIさん(パート)50代女性

20代のころからの肩こり、

3年前に現在の仕事を始めたら酷くなりました。

また学生時代は部活であちこちケガをして、

その後遺症で身体のあちこちにガタが来ています。





さて過去2回、肩の調整を行ってきた結果、

酷い肩こり(コリを通り越して痛み)は、憑き物が落ちたようで、

今では肩が重い程度の感覚です。


また先日から左下肢裏に出ている、酷い張り感は

ハムストリングスを緩めると和らぎます。


腕を回すと痛い.jpg

今回は上記の肩こり、左下肢の張り、

そして左肩~上腕まで走る痛みを訴えています。

肩を回すと肘が後ろにいったときに痛みがズキン!と走ります。


肩甲骨を緩めてあげると、

痛みは大分遅れて出る(可動域が広がった)ようになりましたが、

痛み自体は変わりません。


次に鎖骨の動きを広げてあげると、

痛みの出る場所が変わりました。

上腕の前面から裏面に移りました。


さらに肩甲上腕関節を広げるように、

上腕骨の内側上顆&外側上顆を引きながら動いてもらうと

スムーズに肩を回すことができます。

これを繰り返すと、痛みがだいぶ和らぎました。



また続きは次回行います。

肩のケアも続けてくださいね♪

某所で痛めた肩

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^) 




7回目のSさん(会社員)40代女性
以前は肩こりや頭痛でいらしていましたが、かなり久しぶりの来院です。

さて今回は肩の痛みでいらっしゃいました。
仕事柄、肩がこることが多いものの、
夜遅くまで働くため、その時間に空いている整体院に、
思い出したように通っていました。

昨年末にとある整体院に肩こりで行った際に、
腕を引っ張られてから肩(肩甲上腕関節)に痛みが出て、
整形外科を受診すると「炎症だね!」と薬を処方されました。

しばらく薬を飲んでいましたが、
薬のおかげか、時間がたったからか、徐々に和らいできましたが、
ある時期から痛みに変化がなくなりました。
腕を上げると90度付近で鋭い痛みが走ります。
それ以上上げると何ともなくなります。
これだけがネックになっています。

まず検査。
肩甲骨の動きを補助するも→変化なし
鎖骨の動きを補助するも→変化なし
脇の下の筋肉の動きを補助するも→変化なし
最後に肩甲上腕関節を広げるように、上腕骨を引きながら腕を上げてもらうと
全く気になりません。
ということで施術では、まず肩甲骨周りを緩め、
念のため肩鎖関節も動きをつけておきました。
試しに一度立ち上がって痛みを確認してもらいましたが、変化なし。

次に肩甲上腕関節を広げる手法を使い、
かなり強めの手技ですが、じんわりと隙間を広げていきました。
すると、腕を上げる向きにもよりますが、
ほぼ問題なくなりました。

この調子なら、あと数回でかなり和らぐと思いますよ♪

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ