ホーム 胸部・背部

胸部・背部の症例集

Prev12Next

首から指先までの痛み・シビレ

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




8回目のMさん(会社員)40代男性

管理職でストレスも溜まるようで、

またデスクワークによる不良姿勢が原因と思われますが、

左首すじから指先までジンジンとした痛み・シビレに悩まされています。


今まで、何度か施術をして落ち着いて…

の繰り返しです。




でも今回は4ケ月ほど空きましたので、

「まぁ今まで良いっけんだべなぁ~」

とご本人談。


調整としては今まで同様、

肩甲骨周りの筋肉を弛め、肩甲胸郭部を広げます。

次に頚椎まわりを緩めた後、

胸椎をしっかり広げておきます。

私は、こういった症状の方は胸椎が一番の肝だと思っていますので、

丹念に行います。


するとこれだけで、すっきりするんですね~

また早めに次回調整しちゃえば、

しばらく持つと思いますよ♪


ほんとはしっかり調整して欲しいところですが、

かなり忙しい方なので仕方なしですね。

やることなす事ぜんぶダメでした…

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




45回目のWさん(臨時役員)60代男性

今年の株主総会で役員を退職して、臨時の役員としてアドバイスをする日々。

以前の役員時代は超ハードな仕事っぷりで、

あちこち体に負担を掛けていました。



そのうちの一つ、右肩の痛み。

これがなかなか厄介で、もう慢性的。


肩こりなのかと思って施術したり、

肋間筋かと思って調整を試みたりしましたが、

やることなす事まったくダメ・・・




しかし最近ようやく変化を出せるポイントを見つけました。

それが胸椎を広げること。

これをやると半分以下まで痛みが和らぎます。


ま、もともと姿勢が悪いのがいけないんですが、

その負担を軽減する方法が胸椎の調整なんですね~



さらに効果的な調整方法となるよう、

今後も考えていきます!

腕を伸ばすと痛みが落ち着きます。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




10回目のUさん(会社員)40代男性

うがいをすると腕に鋭い痛みが走る!

と来店されています。



前回は上を向く角度が広がりました。

今回までにぶり返し等の確認をすると、

この首の可動域を維持できているようです。

また痛みが出るものの、痛みの質が変わったと言います。

「ズキン」→「ズーン」

と擬音語で説明してくれました。



まず前回と同じような調整でいいと思いますので、

上半身を弛めて、胸椎・頚椎の調整をやっておきました。


今回は試しにやってもらった、左腕を徹底的に上に伸ばす!

ということをやると、痛みがすっと引いていくようです。

辛いときはぜひやってみて下さいね♪

デスクワークで腕が苦しくなってくる

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




初めて来店されたSさん(会社員)50代男性

7月中旬ごろから右の首筋から上腕、前腕まで痛み・シビレが出るようになりました。

右の親指、人差し指の先は常に軽いシビレ感が取れずにいます。

デスクワークをしていると、徐々に痛みが出てきて、

居ても立っても居られないような切ない痛みが出て、

仕事に集中できなくなります。

そんな時は腕を上げると、痛みが和らぎます。



腰痛もちなので、

行きつけの接骨院で電気をかけると腰痛はよくなっていましたが、

今回の痛みに関しては全く変化がなく、

物は試し、と当店に飛び込んできました。




さてお話を伺っていると、

・胸椎または頚椎での神経圧迫
・胸郭出口での神経の圧迫
・橈骨神経の圧迫

が考えられます。


今回全てを調整するのは時間的に厳しいので、

胸椎、頚椎の調整、または胸郭出口の調整を試みることにしました。

まずは肩甲骨周りの筋肉をゆるめていくと、

小胸筋をやたらと痛がっていましたので丁寧に弛めておきました。

また胸郭部を弛めつつ、胸椎を広げてみると

「何か楽になった気がします。」

とのこと。


この「気がする!」っていうのが一番素直な感想だと思っています。

「大丈夫です!」と言い切る言葉の方が

私は「ほんとかなぁ~」って思っちゃいますからね。

疑い深いんです、私。(笑)



まずこの調子でやっていけば、かなり和らぐだろうという自信はあります。

経験上の自信です。



仕事の関係で、空いたときに電話をいただくしかできないようですが、

なるべく早めに調整しちゃった方がいいので、

時間を作ってやっちゃいましょうね。

うがいをすると腕に痛みが走る

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




9回目のUさん(会社員)40代男性

左首筋から肘までの痛みで来店されました。

立ち仕事をしていると、じわじわと痛みが襲ってきます。

また上を向こうとすると、鋭い痛みが一気に襲ってきます。

体勢をいろいろ変えていると痛みが引いてきます。


実は以前も同様の症状で来店されていたんですが、

以前は右側。今回は逆の方に同じような症状が出てしましました。




ということで、やり方としては以前と同様の調整を試みました。

まずは肩甲胸郭関節の調整。

その後は、胸郭出口部を広げ、頸部を弛めます。

そして最後に頚椎、および上部胸椎をじわじわと広げていきます。

これは私の決め技!



そして痛みを確認していただくと、

上を向いて「痛て!!」と言いながらも、

ほとんど向けなかった上方向の可動域がかなり広がりました。


痛いは痛いでも、だいぶマシになった感じですね。

この調子で和らいでいくよう、しっかり調整していきましょう!

肋骨の動き一つでこんなにも違いが現れます!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日5回目のEさん(主婦)70代女性

1ケ月ほど前から左首~上腕までの苦しさが出てきました。

特に腋下、大円筋あたりの苦しさが酷く、寝返りも辛いほど。


前回、肋骨から肩甲骨を剥がすように、

肩甲胸郭関節の調整を行うと10→7まで苦しさが和らぎました。


そして今回、

前回の施術終了後の状態がキープできているようで、

「最初のくるし~!っていうのは今は大丈夫。
 ただずっと苦しいのは続いてるし、
 うがいした時だけは苦しさがギューって出てくるのよ。」

との事。上を向こうとすると45度ほどで苦しさが現れます。

そこで施術としては上部胸椎も狙ってみることにしました。



前回同様、肩甲胸郭関節の調整後、

肋椎関節の動きをつけつつ、胸椎をゆるめようとすると・・・

「あぁ~そこ、そこ触られると苦しさ出てくるねぇ~」

と胸椎を動かしただけで辛さを感じる様子から、悪いのはここだと分かります。


そして胸椎の調整後・・・

起き上がっていただくと、

うがいの動作は45度→60度ほどまで動きが広がりました!


そして、さらに!

肋骨を自分で持ち上げてもらいながら同じ動作を繰り返してもらうと、

さらに80度まで動きが広がります。


ここまできたら、あと少し!

もうちょっとだけ頑張って調整していきましょうね!

上腕の痛み、肩甲胸郭関節に原因がありそうです。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




9回目のSさん(農業)40代男性


首から腕にかけての痛みですが、4ヶ月ぶりにいらっしゃいました。

さくらんぼの準備や収穫で、今日まで一日も休みなしで働いていたそうで、

ラ・フランスとりんごの芽掻きがようやく終わってひと段落したので、

「やっと整体にこれた~」

と喜んでらっしゃいます。




さて前回は左首~上腕外側にかけての突き刺すような痛み。

これが時々出ていましたが、

現在は相当痛みの頻度が高くなっています。

「いつも痛いですよ!」

と仰るほど。



さて施術は前回同様、

肩甲胸郭関節を広げるようにしていきました。

この際、肋骨と肩甲骨の隙間に指を入れようとすると

かなり辛いのか、切ない顔をします。



一通り緩めた後に起き上がってもらうと、

「ん~今は大丈夫ですね。」

と首や腕をぐりぐり動かしながら確認しています。


それだけ動かして大丈夫なら、しばらくは問題なさそうです。



なるべく間を空けずに調整しちゃいましょうね。

鎖骨の下が苦しい…

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




初めてのKさん(営業)30代女性

慢性的な肩こりがありますが、

最近体重が増加傾向にあるので、骨盤調整をしたいなぁ~

といらっしゃいました。


最初に身体の歪みがわかるBeforeの写真を撮って確認してもらい、

骨盤調整を開始。

一通りバランスをとると

「うんいい感じ♪」

とAfterの写真は必要ないと言います。

鎖骨の下が苦しい.jpg

その後に、実は肩も凝っているとおっしゃいます。

肩周りをゆるめていくと、

今度は上を向いたときに鎖骨の下が苦しいとおっしゃいます。


起き上がってもらい、鎖骨を上げたり、肩甲骨を上げたりしながら

鎖骨の下の状態を確認しましたが、

鎖骨と肩甲骨を同時に上げて、上を向くも問題ないようです。

胸郭出口、または肩甲胸郭関節の問題もあったようですね。



まずは骨盤がそろったので、良しとしましょう!

肩甲骨をひっぺがすストレッチ

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




61回目のTさん(電気工事士)40代男性

頚椎と腰椎の椎間板ヘルニア持ち。

仕事で無理がかかるようで、慢性的な肩こりや腰痛は常にあり、

メンテナンスで月に一度、酷いときは週一ペースで通われています。



今回は右肩~腕にかけての痛みが出ています。

実は前回までの数回は、左肩~腕にかけての痛みでしばらく通われていました。

またその前は、やはり右側に症状がでていました。

交代交代で症状が出るみたい・・・



施術は、前回同様に肩甲胸郭関節の調整を行いました。

肋骨と肩甲骨が離れていくとスッと痛みも和らいでいきます。

肋骨と肩甲骨がくっつきすぎるのがいけないようで、

調整後は痛みも落ちつきます。

肩甲骨をひきはがす.jpg

いつも同じような症状でいらっしゃるので、

この肋骨と肩甲骨を自分で引き剥がすストレッチをお伝えしていたところでしたが、

私も同じなので人のことはとやかく言えませんが、

何ともないとストレッチってしなくなるもんですね。(苦笑)



今回を機に、毎日のストレッチを習慣づけていきましょうね

五十肩と診断されたけど…

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




24回目のIさん(会社員)50代男性

以前は腰痛でいらしていましたが、今回は肩の痛み!

1ヶ月前から右肩や大胸筋、肩甲骨付近に痛みがあり、

整形外科に行くと「五十肩だね、長くかかるよ。」と言われました。

年末に一度楽になったんですが、正月にはまた痛みが出て、

以前より痛みが酷い状態です。

肩が痛い.jpg


さてお話を伺うと、とにかくじっとしていても痛みがあり、

昨日は仕事を休んでしまいました。

そして痛みの出るパターンをお聞きすると、


首 伸展〇 屈曲×

首 左側屈〇 右側屈×

首 回旋 左〇 右×

肩甲骨 下制〇 挙上×

側臥位〇

これらとは関係なく常に

首筋、肩甲骨、三角筋付近に自発痛があります。


これらをお聞きしていると、

どうも五十肩というよりは、上位胸椎または頸椎に問題がありそうです。




施術では、まず肩甲骨周りを緩めていきました。

すると肩甲骨の挙上ができるようになりました。


次に首周りを緩めて立ち上がってもらうも、

起き上がる際に首を持ち上げようとする時に激痛が走ります。

上位胸椎の動きを広げ、頸椎をかなり強めに、しかしじっくりと伸ばしてみると、

自発痛はOK!他の痛みも10→5と和らいでいます。

「来た時より全然違う!」と連呼されていたので、

だいぶ緩和したようです。


また明日も施術することとなりましたので、

しっかり調整していきます。
Prev12Next

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ