下肢の症例集

椅子からの立ち上がり方

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




76回目のSさん(主婦)70代女性

身体が疲れやすく、また以前から続けている太極拳のストレッチ時に、

身体が固くなってきているのが気になって、

月に一度のメンテナンスで通われています。



今回は3ケ月ほど空いてしまい、下肢がどことなく重苦しいと訴えています。

正座や椅子から立つときに、ずいぶんと脚が苦しいんだそうな。


すぐに目が行ったのは、踵重心の立ち方。

踵重心のまま立ったり座ったりしているため、

下肢の筋力を過度に使っている様子。



正しい立ち方をレクチャーすることにしました。

まずは椅子に座った状態から、上体を前に倒します。

股関節をこれでもか!と曲げて、脛の真上に胸がくるように、

そして腰を反ったまま、スキーのジャンプ台を逆から登っていくかのように、

前方に向かって立ち上がります。

真上に立つつもりではなく、斜め45度方向に向かって立つ感じ。


すると、これだけ立つときの脚の緊張感が取れたようです。



正座から立ち上がるときも同じような感じなんですが、

Sさん、正座からはイマイチしっくりこないようでした。


でも椅子からの立ち方を覚えただけで、ずいぶん満足してもらえました。



ぜひ自宅でもやってくださいね。
  • 症例:下肢
  • 2018年10月23日

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ