下肢の症例集

「脊柱管狭窄症ってよくなりますか?」と聞かれました。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




初めてのYさん(主婦)60代女性

Yさんの実母の送迎で何度か当店にいらしたことがあり、

ご自分でも整体を試してみたくなっての来店です。


昨年の秋口から、寝起きに両下肢に痛みが出て

1時間ほど苦しい時間を過ごさなければなりません。

日中も完全に痛みが落ち着くわけでもなく、

痛いような、苦しいような辛さがずっと続いています。


整形外科でのレントゲン検査では、

「脊柱管狭窄症」との診断。

リリカを処方されていますが、あまり変化を感じられません。




「脊柱管狭窄症ってよくなりますか?」

と一発目で質問されました。


私の答えは…

本当の脊柱管狭窄症は整体じゃ改善は無理です。

だって脊柱管が事実狭窄していたら、

整体じゃどうやったって治りっこないですもん!

しかし、、、

レントゲンやMRで狭窄が認められても、程度が軽く、

実際に狭窄が原因ではなく、歪みや筋肉の問題で痛い方もいると思っています。

そういった方であれば、原因が歪みや筋肉ですので、

整体でも辛さを和らげることは可能だと思います。


そんなお話をすると、

何とも微妙な表情をされていましたが、

まずは何度か施術を受けてみるとのこと。




私は、歪みや筋肉が問題で痛みがある前提で施術を進めるしかありません。

仙腸関節の歪みを取り、腰背部を弛めておきます。

次に一番の原因と思われる臀部をしっかり調整!

特に梨状筋を狙っていきました。


すると、施術ベッドから起き上がる際には下肢の痛みは大丈夫。

ずっと動かずに寝ていた訳ではないし、

朝じゃないし…単純に比較はできませんけどね。



施術の結果はまた次回お聞きすることにしましょう。
  • 症例:下肢
  • 2019年01月08日
  • 更新日時 : 2019年02月01日

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ