ホーム 下肢 ページ.3

下肢の症例集

聞いてみるもんだなぁ~ 私の疑問は解消しました!(笑)

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




10回目のSさん(会社員)30代女性

ふと思い出したように来店されます。


今回は

階段の上り下りで、左膝蓋骨下の痛み

疲れによる左足甲および距骨付近の痛み

左大腿部外側に突発的な痛み

があり来店されました。

ただし来店時には痛みがありませんでした。

「ついさっきまで痛かったんだけど、、、」

とのことですが、今痛くないのなら仕方ありませんね。^^;




さて骨盤回りをチェックすると大分歪みがあります。

写真を撮ってSさんにも確認してもらうと

「え~ショック~!姿勢けっこうガンバってたのに・・・
 小指側の魚の目もなくなったから歪みなくなったと思ってたのに・・・」

と軽く落ち込んでいます。また、

「最近TVでも坐骨を立てるように座りなさい!って言うけど、
 骨盤がずれてたら、坐骨の位置が前後違うと思うけど、」
 それでどっちに合わせて坐骨を立てればいいんだろう?と分かんないんですよね。」

小指重心→親指重心

になった事はとっても素晴らしい!

それと骨盤の歪みは意味が違います。


骨のズレを見ているのは、その骨をズラしている筋肉はどこか?

その筋肉がどんな風に痛みを誘発しているのだろうか?

と考えるため、筋肉の左右差を探るための指標となるのが、

いわゆる骨のズレ、骨盤の歪み、背骨の歪みなんです。


だから骨盤なんか歪んでいても別にかまわないと思っています。

歪んでいてもいいけど、反対にも歪むことのできる柔軟性が備わっていれば問題ありません。


けど大概は、歪むような体の偏った使い方をしていて、

反対側に歪ませることのできるような体の使い方をしていません。

これが問題だと考えます。


ですから私は骨盤や関節を反対にも動くように柔軟性をつけていく作業をしていきます。

柔らかくなった骨盤であれば坐骨のズレも目立たなくなるので、

ここで初めて坐骨を立てて座ってもらうといいと思いますよ♪

というお話をしたら、

「聞いてみるもんだなぁ~
 私の疑問は解消しました!(笑)」

と納得していただけました。



もちろん、この後は骨盤の歪みもなくなり、

(もともと今日は痛みがない)施術を無事終了。


痛みが出るようであれば、すぐにご連絡下さいね。

ちょっと間隔空きすぎたかな?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




54回目のKさん(パート)50代女性

月に一度の定期メンテナンスで通われていますが、

最初に来店されたときの坐骨神経痛の痛みが時々顔をのぞかせたりします。

まぁ、そうは言っても臀部がほんのり重苦しい程度です。



今回は蕁麻疹がひどく、医者通いをしていたら2ケ月空いてしまいました。

そうしたら臀部~膝下、腓骨側まで痛みとして感じるようになっています。

「ちょっと間隔空きすぎちゃったからかな?」

なんて仰っています。



今まで同様の調整、

骨盤の歪みを取り、腰背部(念のため)、下肢を緩め、

臀部を徹底的に緩めていきました。

やっぱり、この臀部が一番のようで、梨状筋がガッチガチ!


しかし緩んでくると、今度は立ち上がっても大丈夫!

お話をお聞きする限り、ストレスもかなりため込んでいたようですが、

あまり間隔を空けすぎないよう、月一ペースでいきましょうね♪

最近、朝、足が重くて、重くて。。。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




14回目のAさん(会社員)40代女性

以前から肩こり&腰痛もちで、時々思い出したように来店されます。


今回は来店してすぐに

「最近、朝、足が重くて、重くて。。。」と仰います。


歩き方を見て、すぐにピン!ときました。

Aさんは、猫背でお尻が落ちて、気だるそうに、ノソノソと歩きます。



試しに歩いてもらいましたが、

「今日は休みだから、そんなんでもない。」と言います。


では・・・

と試しに、骨盤を押さえて、後傾させたまま(お尻が下がるような形)歩いてもらうと

「あぁ、そう、こんな感じで足が出なくなっちゃうの。
 年上の人たちと歩いてても置いてかれそうになっちゃうのよ。」 と。



では、次に!

骨盤を起こして前傾させたまま(お尻がキュッと上がった状態)歩いてもらうと

「おぉ~羽生えたみたい♪」

とドンドン足が出ます。



これは普段の座り方、立ち方に問題があります。

何度か伝えてるつもりでしたが、やはり癖とはおそろしいもので、

いつもの姿勢になっちゃって、正しい姿勢を忘れてしまうんですね。。。(涙)


また正しい姿勢をしっかりお伝えしたので、繰り返し思い出していただければと思います。

良くなるのは本人の力です。私はお手伝いしてるだけ。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




3回目のMさん(会社員)40代女性


坐骨神経痛と診断されるも痛み止め、座薬、ブロック注射でも変化せず。

自力で歩くのもやっとで旦那さんの背中につかまりながら来店。


1回目の施術が終わり和らいだものの、

翌日再び痛みが出て、思い切って動いたらボキッ!

と音が鳴り、それから痛みが激減!

2回目の施術の時には恐怖感は残っているものの、一人で歩いてきました。



そして3回目の本日。

痛みは激減したとは言うものの、

臀部~下腿にかけての重苦しさは残っています。


今日は腰背部をゆるめ、股関節(梨状筋)を中心に調整。

しかし重苦しさは若干減った程度。



最後に骨盤調整のストレッチをやってもらうと、

これが良かったようで、一気にす~っと和らいでしまいました。


このストレッチであれば、毎日できるはずですので、

ぜひ続けて下さいね。

腰がボキッと鳴ったら、びっくりするぐらい楽になりました!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




2回目のMさん(会社員)40代女性

もともと腰痛持ちで、時折ひどくなることはありました。

今回も7月末に腰痛が出るも、徐々に落ち着いてきましたが、

それと反比例するように右臀部~大腿部外側面に痛みが出てきました。


整形外科では「坐骨神経痛」と診断され

リリカや座薬を処方されましたが変化なし。

仙骨にブロック注射も打ちましたが、それも変化なし。


なかなか休めずに仕事(事務)に行きましたが、

余計痛くなり、あまりの辛さで早退してしまいました。




一回目(昨日)の来店の時には、

整体院前まで車を横付けして、旦那さんの肩を借りながら、

ゆっくりと入店され、座っているのも辛そうで、待合椅子に横になる程でした。


一番楽な(マシな)態勢は、四つん這いか左測臥位。

施術の際には、左測臥位で調整を試みましたが、

痛みがマシというだけで、痛いことは痛いらしい。


痛みが最も軽減する体勢を探すと、

仰向けで痛みのある右膝を立てて、その膝を体に対して下方に牽引した時。

右股関節が広がるようで、痛みをほぼ感じません。

この大勢のまま臀部や腰部をゆるめていきました。


すると施術後は気持ち和らいだ様子。




そして2回目の本日。

初回と違い、慎重にはありますが、一人で入店されました。

「昨日よりいい感じかな?」

と聞いてみると・・・


初回の施術後は痛みが少し和らいで、股関節の可動気も広がったようでした。

今朝も少し良さ気でしたので、シャワーを浴びながら、痛みのある右足底を洗っていたら、

激痛になり動けなくなりました。。。


腰の位置があまりにもズレているような気がして、

思い切って動いてみると「ボキッ!」という音とともに、

驚くほど痛みが無くなっちゃいました!

「ほんとビックリです!」

と、本日はわずかに残っている臀部の違和感を調整して終了。



念のため、あと1~2回バランスを取ってみる事になりました。


腰背部や臀部を緩めておいたのが良かったのだと思われますが、

「正直回数かかると思いますよ!」

と伝えていた私もビックリです!



あとはぶり返さないよう、しっかり調整させていただきますね♪

夜眠れるようになりました。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




3回目のTさん(会社員)40代男性

10日ほど前から下肢の痛みで仕事を休んでいます。

整形外科に行くと、坐骨神経痛だと言われてきました。

痛み止めを服用しても変化しているとは思えず、

当院のお客さまである、奥様からすすめられていらっしゃいました。




さてお話をうかがうと、

左の大腿部&下腿の外側に痛みがあり、痛みをかばって右に重心がずれています。

また体を伸ばすと痛みが強くなるので、前かがみで歩きます。

唯一楽な態勢が、右側臥位での態勢。


ここから動いてもらうと、

瞬間的な激痛が走るようで「うっ!!!」と動きが止まります。

そしてその余韻がしばらく続くのか、うなり続けるような状態。

こりゃ、相当痛そうです。



しかし数分間であれば仰向けでもいられるので、

その間に調整をして、また楽な態勢になっていただくような事を繰り返しました。

終了時点で「気持ち軽くなった気がします。」と微妙な表現をしつつ帰られました。




そして2回目

「前より体伸ばして歩けるから、前より少しいいと思いますよ。」

とのこと。




さて3回目の本日

「ここに来る前は眠れなかったけど、今は眠れてます。
 寝てる最中のビクッってなる痛みで目覚めてたけど、
 一日のうちで1~2回しか出なくなりました。」

とかなり和らいできているようです。


とはいえ、ビクッとした痛みは減ったものの、

常にある鈍痛はまだあるので、この調整をしっかりしていきましょうね。

葬式もみんなについていけた!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日6回目のOさん(無職)60代女性

地元の整形外科では脊柱管狭窄症と診断され、ロキソニンを処方されたのみ。

あまりに痛みが続くので、東京の病院も受診しましたが、やはり同じ診断。


リリカを処方されたものの、

同じように服用している友人から副作用のことを聞いて怖くなり、

現在は服用をやめているそうです。




右下肢に痛みが出てからは1分も歩いていられませんでしたが、

徐々に5分→15分と痛みが出るまでの時間が伸びてきました。

今回は「それ以上歩けるなぁ〜」

とほとんど気にならない程度まで和らいでいます。

葬儀.jpg

先日、分家の葬儀がありました。

一日中座っていたり、歩いたりと移動もかなりありましたが、

「みんなに付いていけたからねぇ〜♪」

と嬉しそうにされていました。




来月からは自宅の管理を親類に委託して、

冬の間、関東の娘さんのところに行きますので、

そちらの整体師を紹介することにしています。


それまでの間できる限りのこと調整をさせていただきますね。

春から続くお尻の痛み

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日3回目、舟形町のYさん(会社員)40代男性

腰痛で時折やってきます。

臀部痛.jpg

今回は春先から痛みが続いていて、

最近では右臀部に痛みが続いています。寝ていても苦しいほど。

そして運転をしていると右下肢にシビレが出てくる始末。

整形外科で痛み止めの注射を打った時はいいんだけど。。。とのこと。



しかし仕事が忙しく休みが取れません。

たまたま仙台に寄った帰り道、当店を思い出して予約のお電話をいただきました。




さて来店されると、まず靴を脱ぐところから

「んん゛!!!」

と痛みに耐えながらの一挙一動です。



施術の際、ベッドに寝てもらうも、どんな態勢をとったらいいか分からないようにしています。

最初は痛いところを上に、左を向くと少しは楽みたい。

このまま太もも&臀部を緩めていくと、

辛さは残りますが、何とか仰向けにはなれます。

仰向けでも調整を続けていくと、

寝ていての痛みは気にならなくなってきました。


そして立ち上がっていただくと、

臀部に違和感のような痛みのような感覚は残りますが、

いらしたときのような呻き声を上げなくとも動くことができます。



また近くに寄られた際には、遠慮なくいらしてくださいね。

痛む部分が少なくなってきました。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




3回目のOさん(主婦)60代女性

4、5年前から
長時間立ったり歩いていると両方の脛や臀部に出てきます。


一旦しゃがみ込むと、また動くことができるようになります。


また寝返り、寝起きも辛さが出てきます。

寝る姿は大の字で朝まで動きません。

脊柱管狭窄症と診断されています。




前回の施術では臀部、下肢の筋肉を徹底的にゆるめ

仙腸関節の動きをつけていきました。

脛が痛い.jpg

そして5日経った今回、

両脛の痛み→左脛の一部のみ

と痛みの出る範囲が狭くなっています。


また臀部の痛み10→8と若干和らいでいます。




今回も同様の施術を行い、

また左僧帽筋にコリがあるというので、肩甲骨周りを緩めました。

するとコリはほぼ改善され、

施術後の下肢・臀部のつらさは出ていません。


この調子で右肩上がりでの変化が出るよう、私も全力でやらせていただきます。

聖マリアンナ病院でも同じことを言われました。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日2回目のOさん(主婦)60代女性

近所のMさんから紹介を受けていらっしゃいました。

Mさんは、Oさんが見ている目の前で畑仕事中にぎっくり腰になり、

当店に5回ほど通われた方です。




さてOさんのお話を伺うと、

4、5年前から続いている痛みで、

長時間立ったり歩いていると両方の脛や臀部に出てきます。

一旦しゃがみ込むと、また動くことができるようになります。

また寝返り、寝起きも辛さが出てきます。寝る姿は大の字で朝まで動きません。


脊柱管狭窄症.jpg

地元の整形外科では、脊柱管狭窄症と診断されています。

冬になると、娘さんのいる神奈川に滞在するというOさん、

東京の聖マリアンナ病院でも診察してもらいましたが、

やはり同じ診断でした。



さて寝ている間はどこも苦しくありません。

施術では腰背部を緩めつつ、臀部、下肢と筋肉を緩めていきました。

そして下肢全体、特に脛腓関節、足関節の調整を行い、

立った時の脚の骨のバランスを取ってみました。


すると起き上がる際の寝起きの動作では問題なし。

立ち上がっても問題ありません。


ただすぐに痛みが出るわけではないので、

1分以上(本人の話では1分以上歩くと痛みが出る)店内をうろついてもらうと、

脛の痛みは気になりませんが、徐々に臀部に痛みが出てきました。



そこで骨盤をそろえながら歩いてもらうと

臀部の痛みが和らぎます。


そこで自宅でも骨盤のゆがみが出るたびに、自分で調整してもらえるように

自己ストレッチの仕方をお伝えしました。

ぜひ丹念に続けてくださいね。


また来週お待ちしております。

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ