ホーム 頭部

頭部の症例集

Prev1Next

緊張型頭痛と気力低下の関係は?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




15回目のNさん(団体職員)50代女性

肩こり、頭痛が慢性化しています。

これに伴って、気力がなくなって、不眠症です。

仕事のことなどを考える事、考え事がおっくうになっています。

それなのに、寝るときは余計なことばかり考えて寝付けません。




さて、このお話を聞くと、外見から得る情報も加えて、

まず姿勢だな!と思いました。

姿勢が悪い
 ↓
頭部が前にきている
 ↓
頭部を支えるために首が常に緊張している
 ↓
肩こり
 ↓
緊張型頭痛も出てくる
 

また

姿勢が悪い
 ↓
肋骨前面が全体的に下がっている
 ↓
胸骨が下がる
 ↓
胸鎖関節が下がる
 ↓
当然肩鎖関節も下がる
 ↓
肩甲骨が巻いてくる、巻き肩
 ↓
肋骨が広がるのを肩甲骨が邪魔をする
 ↓
呼吸が浅い
 ↓
腹腔・胸腔が狭くなる
 ↓
肺の収縮が少ない
 ↓
毛細血管の袋のような肺の血流が悪くなる
 ↓
結果、身体全体の血流が低下する
 ↓
脳への血流も低下する


ということで、頭の痛みに加えて脳への血流が悪い状態

頭がロクに働かないし、気力だって湧きませんわね。



と考えて、そんな事をお話しすると妙に納得していただいて、

肩こり、頭痛は和らぎ、

肋骨を動かす呼吸をすると、姿勢も正せるようになることもレクチャーし、

私もNさんも非常に気持ちよく施術を終えることができました!


少し時間がたつと、気づいたら姿勢がまた悪くなってきた・・・

ということもありますので、ほどよくしたらまた来てくださいね♪
Prev1Next

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ