┗ 肘関節の症例集

ボウリングで痛めた肘、そして反対も痛くなった。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)





2回目のOさん(会社員)40代女性

昨年秋にボウリングで右肘を痛めました。

この右肘をかばっていたら、今度は3、4日前から左肘に痛みが出てきました。

今は左肘の痛みが強くて、右肘は以前ほど気になりません。




さて本日の状態を確認すると、

左肘の痛みは、

回外(肘から手首にかけて外側にねじる動作)、

また回内(肘から手首にかけて内側にねじる動作)しつつ肘を屈曲した時に鋭い痛みがあります。

肘頭窩および橈尺関節あたりに痛みが出るようです。


肘の状態を確認してみると、

上腕骨に対して、前腕が外反しています。

肘頭のポジションを確認すると、肘頭窩と肘頭の位置がずれています。

この肘頭の位置をずれないよう押さえつけつつ、

先ほどの痛みの出る動作を試してもらいました。


すると

「あっ、こうやって抑えててもらうと痛み出ません!」

と変化が現れます。


この肘頭窩において肘頭がずれている=肘頭窩の一部と肘頭がぶつかっている

という可能性を考え、

肩甲骨から上腕、前腕と筋肉を緩め、

各関節の調整を試みました。



今まで来店された方々のパターンでは、すぐに反応の出るものではありません。

しかし、Oさん、1回の施術で

「なんか痛くないです。大丈夫です。」

と痛み無く帰っていかれました。

次回の予定も入れないままに。。。


ちょっと私はビックリ!

「ほんとに痛くないの???」




そして2日ほど経ってから次回の予約をいただきました。

そして今回の来店という流れです。


さて前回から1週間近く経っていますが、今回までの経過をお聞きすると…

施術の日と、翌日は非常に調子よく過ごせたようです。

が、翌々日の朝目覚めた時から痛みがぶり返しました。

「変な寝方しちゃったのかもしれません。」

と少しシュンとなっています。(笑)



正直、わたしは2回目の施術が一番緊張します。

少しずつ良くなっていく方ならば何も問題ありませんが、

1回目で楽になってぶり返した方は、2回目も同じように楽になるものだと思って来ます。

1回目が楽になったのに、2回目の施術で痛みが全然変わらないとガッカリされるんです。

1回目と2回目の来店時点では同じ症状ではない可能性もあるんですが、

お客さんはそんなの関係ありませんからね。(苦笑)


ということで、

めちゃくちゃ気合を入れて施術しました。

その甲斐あって、前回同様痛みが和らいだ状態で帰っていかれました。


また予約は入れていかれませんでした。

なるべく1週間以内には来てくださいね。

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ