ホーム  ┗ 膝

┗ 膝の症例集

Prev1234567Next

しゃがんだ後に立てなくなる膝の痛み

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)





本日初めてのHさん(農業)60代女性

旦那さんからの紹介でいらっしゃいました。

今年に入ってから、両膝(特に右膝内側)に痛みが出るようになりました。

詳しくお話を伺うと、

しゃがみ込んで草取りをした後に立ち上がる際、

また正座をして立ち上がる際に膝が痛く、力が入りません。

手で補助しながらでないと起き上がれなくなりました。


また歩行時にも脚が安定しないような歩き方をしています。





試しに下腿が外旋しているのでは?

と考えていくつか検査をしてみましたが、

検査の段階では、どうもそんな様子もありません。


まずは下肢を弛めながら、随時検査と共に調整方法を考えていくことにしました。


骨盤のバランスを整えながら、下肢の筋肉を弛めてみると、

まぁ筋肉が固くなっています。特に大腿四頭筋とハムストリングスがガチガチ!

足首、股関節もかなり固い。

これらの関節を調整してみると・・・



施術を終えて、立ったりしゃがんだりしてもらうと

「ん~まだ痛っだいなぁ~
 でもテーブルさ手つかねど立だんねっけな、
 こうやって立づいし、ツカッ!って痛みないがら
 前よりは良いなぁ。」

と違いが出てきました。


これなら可能性があります。

あまり間を空けずに、しっかり調整していきましょう!

しゃがむと膝が痛い-数年間正座をしたことがありません。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)





5回目のNさん(嘱託)60代

発電機を運ぼうとして腰を痛めました。

一番最初は運転もできず、息子さんに送って来てもらったほど。


しかし回数を重ねるごとに痛みが和らいできて、

今回は全く痛みはありません、大丈夫になりました!




前回から、以前から気になっていた膝の調整をしています。

腰が楽になったので、畑の草取りを1時間半ほどやって、

いざ立ち上がろうとしたら、やっぱり痛い・・・


ということで、再度いろいろとお話を伺っていると、

どうも数年間正座をしていないということが分かりました。


要は膝を曲げる機会というのがほとんどない状態。

そんな方がしゃがみ込んだら、膝にだけ注目すれば正座と同じ動きをしています。


今回は膝関節がしっかり曲がるよう調整をこころみました。

大腿四頭筋を徹底的に弛め、膝関節の隙間を少し広げるよう調整。


すると数年間したことのない正座、少々苦しいものの何とかできます。

この状態だと、仕事中のしゃがみ仕事、どうでしょうかね?


続報をお待ちしております。

下腿外旋症候群かな?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




初めてのKさん(自営業)60代男性

何年か前にも膝を痛めていますが、

今回は50cmほどの足場から降りようとしたときに、膝下を外旋させたようで、

鋭い痛みと共に、腫れるようになりました。



現在の痛みを確認すると、

しゃがんだ後に立ち上がろうとした時、

また床から立ち上がろうとした時、

布団から起き上がる時に、脛骨内側顆に痛みが走ります。




施術前の検査で、

試しに、大腿骨に対して、脛骨を内旋方向に誘導しながら

しゃがんだり、立ったりしてもらうと、痛みはかなり和らぎます。

他にもいくつかの検査をしましたが、

どうやら脛骨の外旋が原因の様子。(下腿外旋症候群かな?)



下腿を外旋させていた筋肉を弛めるようにし、

内旋させる筋肉に緊張をいれてみると、

Kさんの感覚としては10→2まで痛みが和らぎました。


またこの状態を維持してもらうために、

正座をして、お尻で踵を押して座ってもらいます。

1~5分ほどでしょうかね~

これで下腿(脛骨)の内旋癖をつけてみてくださいね♪

正座、もしかしたらできるようになるかもしれませんよ♪

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




18回目のKさん(主婦)80代女性

元々は足底の痛みでいらしていましたが、

足底はもう大丈夫!


その後は慢性的な腰痛と鼠径部痛、臀部痛の調整をしていましたが、

先日旅行に行って、ずいぶんと歩いたようですが、ほぼ問題なかったようです。

本日は、残る腰痛部分についてのバランスを取るようにしました。


施術後は「おぉ~軽い軽い♪」とおっしゃっていただきました。

最後の雑談中、4~5年前から正座ができないようなお話でしたので、

次回からは膝の調整も少し入れてみましょう!

4~5年であれば、まだ曲げられるようになる可能性は高いと思います。


私も頑張ります。

やっと正座ができた!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




19回目のHさん(パート)60代女性

正座をしようとすると膝に痛みが出る!と来店されています。

今回で19回目ですが、徐々に、徐々に膝の可動域が広がってきて、

本日ようやく正座ができるようになりました!!!

長かったけど、頑張りましたね!

あとは、時間を置いてもこの状態が維持できるか?を確認しましょう。



さて今回はこの膝の問題の他に、もう2つ訴えがあります。

訴え
①昨日畑のマルチを貼ったら肩が痛くなりました。痛み、苦しさです。
②正座ができるようになったはいいけど、姿勢を正そうとすると背中が伸びません。

調整結果
①肩甲胸郭関節をゆるめたら一発!
②次回調整しましょう!(時間がなかった)

ということになりましたので、次回は生理的湾曲を作るよう頑張ります!

しゃがみ込む時、階段を降りるときの膝痛

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)





本日2回目のMさん(会社員)50代男性

同僚からの紹介でやってきました。


2ケ月前からの右膝の鋭い痛みで悩んでいます。

しゃがみ込んだり、階段を降りるときに痛みが出るようです。

実際に動きを確認させていただくと・・・

右だけ、大腿部に対して下腿部がずいぶんと外旋しています。

しゃがみ込む時、つま先はガニ股(外側向いてる)ですが、

膝が内側に寄るような形で膝を曲げています。


この状態を確認した時に、

「つま先は少し内側に戻して、膝をまっすぐに曲げてみたらどうですか?」

と試してもらうと、1/3ほどに痛みが和らぎます。


どうもこの膝のねじれから痛みが出ている様子。

そこで骨盤~足先にかけてバランスを取りつつ、筋肉もゆるめてみました。


すると・・・

「まだ痛っだいげっとん、ずいぶんいいな!」

と帰っていかれました。




そして本日。

10→3 程度まで痛みは和らいでいます。

だいぶ意識して膝を使っているようですが、

階段を降りるときは、ほぼ気にならないとの事。


またこの状態で次回まで過ごしてくださいね♪

約半年かかりましたが膝が曲がるようになってきました!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




17回目のHさん(パート)60代女性

昨年9月から1~3週に一度の頻度で、膝関節の調整をしています。

最初は正座が全くできず、お尻と踵の隙間が20~30cmまで近づくと膝に痛みが出ていました。

それが徐々に可動域が広がってきて、

現在ではお尻に踵が食い込むまで曲げられるようになってきました。

完全に体重を乗せることはできませんが、ほぼ上半身が伸びる寸前です。


本当に雪解けのように!というか少しずつ、

一歩ずつ前進しながら、関節が曲がるようになってきました。


もっと頻度を上げれば、早く曲がるようになったかもしれませんが、

お仕事のこともあり、遠方という事もありまして、

その中でもなるべく頑張って来店していただいた結果です。


この調子なら、あと3~4回あれば大丈夫かと思いますよ♪

床から立ち上がるときの膝痛

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)





2回目のSさん(パート)50代女性


以前も一度、膝の痛みで来店されましたが、

その時の施術で和らいで、ずっと調子よく過ごせていましたが、

2ケ月前に転倒して脛骨粗面を打ち、それ以来痛みが出ています。

で、正座から立ち上がったり、横座りから立ち上がる際に痛みが出ます。




さていろいろお聞きしていると、、、

仕事で豆腐やこんにゃくの入った入れ物を上げ下ろししています。

この際、左膝が内側に入ります。

要はスクワットの時に片膝だけ曲がるので、正面から見ればK脚状態ですね。

大腿骨に対して、脛骨が外旋した状態で膝関節が動くことになります。

このズレは非常に怪しい!


骨盤の歪みが原因になることもありますが、

私はこの膝関節のズレに着目しました。


実際、全体のバランス調整後、膝関節の調整を行うと、

少なくとも施術直後では立ち上がりの動作で問題はありません。


あとは長時間座ったあとの痛みがでるかどうか?

明日、地区の総会があるそうで、

そこで正座をした後の立ち上がりで痛みが出るかどうか?確認してくださいね♪

少しずつ正座ができそうな雰囲気に近づいています。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




14回目のHさん(パート)60代女性

膝の痛みで来店されています。


Hさんお年の割に若々しく、はつらつとして正座ができないようには見えませんが、

早くに無くされた旦那さんの仏前で正座ができないのが悩みです。



さて施術も14回となりましたが、

徐々に、ほんとに徐々にですが、膝が曲がるようになってきました。


お尻と踵のすきまが指9本分ほど空くほど、膝が曲げられませんでしたが、

指9本→4.5→3→2→1.5→1本

と徐々に隙間が少なくなって、膝が曲がるようにはなってきました。


ここまできたら、ほんとあと少し!

もう一つ何かきっかけがあれば、一気にくっつきそうな気配なんですが、

その何かが見つけられなくて四苦八苦しています。


次回こそ、大きな変化となるよう頑張ります!

指8本→指3本→指2本 と膝が曲がるようになってきました!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




12回目のHさん(パート)60代女性

膝の痛みで来店されています。

年末まで順調に痛みは和らいでいたところですが、

年末年始に仕事が忙しくなり、間隔があいてしまいました。

すると正座ができなくなってしまいました。

正座をしようとすると膝裏に痛みが走ります。




前回は下肢全体をゆるめつつ膝関節を広げるようにすると

指8~9本 → 指3本ほど

とかなり膝が曲がるようになりました。



今回も同様の調整を試みると、

指4.5本 → 指2本ほど

と、さらに膝の可動域が広がってきました。


何より前回からいい状態を保ってきてくれたことに感謝です。

また自宅で膝裏に座布団をいれて膝の表側を伸ばすようにして下さいね。
Prev1234567Next

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ