┗ 膝の症例集

下腿外旋症候群かな?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




初めてのKさん(自営業)60代男性

何年か前にも膝を痛めていますが、

今回は50cmほどの足場から降りようとしたときに、膝下を外旋させたようで、

鋭い痛みと共に、腫れるようになりました。



現在の痛みを確認すると、

しゃがんだ後に立ち上がろうとした時、

また床から立ち上がろうとした時、

布団から起き上がる時に、脛骨内側顆に痛みが走ります。




施術前の検査で、

試しに、大腿骨に対して、脛骨を内旋方向に誘導しながら

しゃがんだり、立ったりしてもらうと、痛みはかなり和らぎます。

他にもいくつかの検査をしましたが、

どうやら脛骨の外旋が原因の様子。(下腿外旋症候群かな?)



下腿を外旋させていた筋肉を弛めるようにし、

内旋させる筋肉に緊張をいれてみると、

Kさんの感覚としては10→2まで痛みが和らぎました。


またこの状態を維持してもらうために、

正座をして、お尻で踵を押して座ってもらいます。

1~5分ほどでしょうかね~

これで下腿(脛骨)の内旋癖をつけてみてくださいね♪

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ