ホーム  ┗ 膝 ページ.4

┗ 膝の症例集

しゃがむと立てなくなっちゃう。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




29回目のOさん(主婦)30代女性

前職の介護が原因で慢性的な腰痛を抱えていますが、

仕事を辞めてから大分落ち着いてきています。



さて最近は鼠径部痛が酷くなるとやってきます。

ここ数日、その鼠径部をかばって(本人談)膝に痛みが出るようになってきました。

しゃがみ込んで子供の相手をした後、

立ち上がると右膝の内側に痛みが出て、しばらく続きます。

しゃがみ込んで子供の相手.jpg



さて施術では腰背部を緩めていると、腸腰靭帯付近を押圧すると痛がります。

この周辺を丁寧に緩めていくと、

いつもは腰が辛くて仰向けで寝ていられないはずが、今日はずっと仰向けで施術を受けることができました。



また臀部を押圧していると、

梨状筋~大腿方形筋までの深層外旋六筋の停止部である大転子付近一帯に痛みを訴えます。

この周辺を緩めて、

大腿四頭筋&ハムストリングスを緩めて、

股関節・膝関節の調整を行うと、

施術後にしゃがみ込んで確認してもらっても大丈夫です。


ただ逆に足首がきつくなったようですので、

フクラハギも含めて、今度調整しておきますね♪

いきなり長距離を走って、膝を痛めました。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)

初めてのHさん(会社員)30代男性




マラソン膝.jpg

昨年から長距離を走り始めました。

昨年は徐々に距離を伸ばしていきましたが、

今年は3ヶ月前いきなり10kmを走ったら膝(脛骨粗面)に痛みが出てしまいました。

歩行時、走行時に左膝に体重がかかると痛みが走ります。

接骨院では靭帯の炎症、整形外科ではO脚による膝の負担

と言われてきました。




さて検査では、

ちょっと違うかもしれないけど念のため…と上脛腓関節を疑って、

膝下をサポーターで縛ってみると、10→5と痛みが和らぎます。


次に、骨盤のズレを強制的に整えながら歩いてもらうと、

ほぼ0になります。



ということで、骨盤を整えていくことになりました。

仙腸関節の調整に伴い、大腿四頭筋を念入りに緩めてみると、

10→ほぼ1

と大幅に痛みは和らぎました。


3ヶ月ものの痛みなので、あとはこの状態が維持できるよう調整していきましょうね♪

しゃがむときの膝痛

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




5回目のKさん(会社員)40代男性

前回は肩こりで3回来店されましたが、一旦落ち着きました。


さて今回は2週間前から右膝に違和感を感じ始め、

1週間前から膝に痛みが出るようになりました。

痛みが出るのは仕事中。

立ち仕事で、ずっと立ち続けて、その後にしゃがもうと膝を曲げたときに痛みが出ます。

長時間立つ→座る(しゃがみ込んだ時、いわゆるうんこ座りでも少し痛みがあります)

この時に痛みが出ます。

自宅では座っていることが多いため、そういった痛みは出ません。

しゃがむときの膝痛.jpg


前回は太もも・ふくらはぎ全体を緩め、骨盤回りをゆるめました。

しかし痛みはあまり変化が見られません。


今回は太もも裏のハムストリングス、腓腹筋を徹底的にゆるめ、

足首の稼働を広げるようにしました。


すると施術前にしゃがみこんだ時と比較すると、

施術後はほとんど気にならないようです。


明日の仕事の際に、どれだけ変化があるか、

しっかり確認をお願いいたします。

オスグッド、お父さんにも手伝ってもらいましょう!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




3回目のKくん(中学生)男性

成長痛(オスグッド・シュラッター病)でいらしています。

オスグッド.jpg

中・長距離選手で将来有望な選手。

そのため練習もかなりの量をこなしているようです。


走ったり、ジャンプをした時に脛骨粗面に痛みが走ります。

また正座、立ち膝、圧痛によって痛みがでます。

オスグッドの典型的な痛みです。


私がオスグッドの子供に施術する際に着目するのは、

姿勢の良し悪し、太ももの前面(大腿四頭筋)のハリ、膝関節のズレです。





前回の2回目までは、

姿勢、大腿四頭筋のハリに着目しました。

しかし痛みはさほど変化が見られません。



ということで、本日は膝関節のズレに着目しました。

膝関節のズレといっても、

大腿四頭筋(骨の成長に追いついていない)の張りによって、

また姿勢や骨盤のズレによって、膝関節にも負荷がかかることが考えられます。


そこで、まずは同じような調整を行ったあと

膝関節のズレを正す方向に調整をかけてみました。



すると、その場でジャンプしてもらった時の痛みが

10→4と和らぎます。


この調整方法を自宅で両親にやってもらうことにしました。

また今週末いらした際に、変化が合わられていることを祈っています。

学校行事に膝が耐えられるかな?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




2回目のSさん(教員)40代女性

同僚の方からの紹介でいらっしゃいました。


明日に控えた、イベントに膝が耐えられるかと心配でいらした次第。

前回の施術後は、膝が軽い♪

と帰られましたが、翌々日にはまた苦しさがぶり返しました。

最初ほどではないですけどね。


また毎週末にマッサージに行っていた肩こり、

行くたびに、もっと強く、もっと強く!と揉んでほしくなり、

かつ揉んでほしくなる期間も段々と短くなっていたそうです。

週末まで待てないほどだったとか。

それが、前回の施術後は

「肩こりは出てきますけど、前ほど辛くて辛くて仕方ない…
 というほどではなかったです。」

と今までとの違いは出てきているようです。


knee pain.jpg

さてさて、

前回同様に肩甲骨周りの動きをつけたあと、

大腿部、膝関節のバランスを取っておきました。

明日のイベント中に膝の辛さが出てきても対処できるよう、

調整方法をお伝えしましたので、

試してみてどうだったか、また来週に教えてくださいね。 

足首を重ねて座ると…めちゃ膝がずれます!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




初めてのMさん(会社員)50代女性

お姉さんからの紹介でいらっしゃいました。


ここ数年、右脚のがに股が目立ってきて、

歩いている時に恥ずかしい…

といらっしゃいました。




検査をすると、

大腿骨に対して脛骨が外旋しています。

生活の中でそういった歪みが出るような体勢を

知らず知らずのうちにしているはずです。


仕事は事務職という事で、

お話の中から原因となっている体勢を探っていくと…

どうやらデスクワーク中に足首を重ねている体勢が怪しいです!

左の足首の上に、右の足首を重ねると、

右の脛骨だけ外旋(つま先が外向きになる)するようにゆがみます。

まずは気づいたらこの姿勢を止めるようにお願いしました。

Crossed ankle.jpg

また施術では股関節、膝関節の調整を行い、

足首の調整をしている間は相当痛がっていましたので、

足首、かかとのズレ、固さも目立ちました。

この辺の調整をしておきましたので、

また自宅では、お伝えした膝のストレッチを行ってみてください。


また来月おまちしております。

90歳。悪くならないよう、現状維持を望まれています。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日3回目のOさん(90歳)女性


以前、娘さんとお孫さんが整体を受けにいらしていて、

今回娘さんが付き添って連れてきてくれています。

日ごろ膝が痛い・ふくらはぎが痺れるという事を訴えています。


ただ痴呆が入ってきているので、

娘さんは「歩けなくなると困るから連れてきた!」

と仰います。

しきい値.jpg


施術では身体のバランスを取り、

下肢全体を緩め、膝関節の稼働を広げるようにしています。


終わった後は、良いんだか悪いんだか分からないような状態ですが、

今回、娘さんが

「整体してもらった後はいいみでなんだよなぁ~一人で歩くもん。」

と同居している娘さん目線で変化を感じていただいているのなら、

これは嬉しいことです。


年齢的なものや痴呆もあって、

回復を望んでいるわけではなく、

現状から悪くならないように!という気持ちのようです。


私も精一杯の事をさせていただきます。

仏さまの前に座れない。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^) 




3回目のMさん(主婦)60代女性

膝の痛みで、ご近所の方からの紹介でいらっしゃいました。
約半年前から正座ができず、朝の仏さまへのお供えを、立ち膝で行っています。
また椅子からの立ち座り、歩行でも辛さ・違和感を感じます。
さて検査をすると、
右 150度
左 70度
ぐらいまで曲げると痛みを訴えます。
元々は右が悪かったようですが、現在は左の方が痛みが強くなっています。

そして施術
体幹を整えて、大腿・下腿の筋肉をゆるめていきました。
特に大腿四頭筋は念入りに緩めておきました。
また膝関節を広げるよう調整。

すると施術後は、ふくらはぎの裏と踵の隙間が
右 指5本
左 指4本
まで動きが広がってきました。
左膝の方が動きが広がり、元々悪かった右膝は変化が小さいです。

2回目は
右 指4本
左 指3本
とわずかですが、前回より動きが広がりました。

そして3回目の本日
「何か左足だけ引きずって歩いてた(つま先が外向きになっていた)けど、
 前回(施術)してもらってから真っすぐなったのよ!」
と喜びの声をいただきました。

左膝が辛くて、かばうために足を引きずるような動きになっていたんでしょうね。
しかし歩くときに、左膝の痛みが和らいできたため、
また調整も内側を向くようにやりましたので、
つま先の向きが修正されてきたと考えられます。

今回は
右 指3本
左 指1本
と、さらに動きが広がってきました。
この調子で正座までもっていけるようにしましょう!

レギュラーのため、膝痛を隠して部活をがんばっています!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




レギュラーのため、膝痛を隠して部活をがんばっています!.jpg

初めてのE君(中学生)男子

小学校3年のころに膝をぶつけて、

それ以来、冬になると疼いていましたが、

今回は中学に上がって部活が始まったあたりから痛みが続いています。

レギュラーになりたくて、痛みを隠して練習していると聞き、

これは是が非でもお手伝いしなければ!

という思いで施術に臨みました。




さて膝の痛みは、膝関節から脛骨粗面まで。

短距離のような全力疾走のとき、

またはジャンプをした時に痛みます。


事実、その場でジャンプをしてもらうと痛みを感じます。

これはジャンプをして膝が伸びきった時、

また着地の瞬間に痛みます。




まずは体幹のバランスを取ったあと、

大腿部を徹底的にゆるめていきました。

すると着地の瞬間は気にならなくなりました。


ここでしばし考察。

膝関節のズレを疑い、椅子からの立ち座りの際に、

特に立ち上がる時に、膝関節を正しい方向に何度も調整。


そして再度ジャンプしてもらうと、

今度は調子が戻りました♪


私も、付き添いできていたお父さんも「ほんと大丈夫?」

と何度も聞いてしまいましたが、

ひとまずホッとしました。


部活をしての痛みの確認もおこなってくださいね♪

尾瀬のトレッキングに間に合うかな?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)





oze.jpg

19回目のOさん(主婦)60代女性

ぎっくり腰になると、時折やってきています。


さて今回は自宅のさくらんぼの作業で相当負担がかかったらしく、

右肩、右腰、右鼠径部、右膝に痛みを訴えてやってきました。


右肩、右腰は来院時点では痛みがありません。

右鼠径部・・・歩行、特に股関節の伸展時に痛む
右膝・・・しゃがみ込む時、また立ち上がろうとした時に痛む




施術では右鼠径部、右股関節を後方へ調整。

右膝は下腿が外旋しているようなので、内旋方向へ調整。


すると施術後は鼠径部、膝ともに痛みは和らぎました。

これなら来月初めの尾瀬のトレッキングも行けるかな?


引き続き、しっかり調整してしまいましょう。

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ