┗ 下腿の症例集

オーバーリアクションは嬉しくもあり、正直なところが分かりにくい。

本日30回目のYさん(農業)70代男性

昨日帰られる際には「うん、だいぶ軽くなった♪」

とおっしゃっていましたが、

Yさん、少しリアクションがオーバーというか、

良く言って下さる方なんです。

有難い反面、正確な痛みの度合いが分かりにくい…

20170511-1494510068.jpg


とういことで、

「今日の苦しさはどれぐらい?」

というのを、あえて数字で表現していただきました。


すると…

昨日の苦しさが10だとすると、現在は6ぐらいだとのこと。

やはり昨日の「軽くなった!」は素直に聞くと、

さも痛みがゼロになったかと勘違いしてしまいそうです。




しかし、正確なところが分かったところで施術をスタート。

昨日の施術が的外れであれば、苦しさに変化は現れません。

10→6ということであれば、

昨日の施術がよかったということ。


同じようにふくらはぎを緩め、足関節の調整を行いました。




また時間の余裕もあったので、

肩~肘までの痛みについても調整してみました。


肩甲骨と肋骨の隙間、肩甲胸郭関節をゆるめると

またもや「あぁ~軽くなった~♪」

と嬉しくもあり、オーバーリアクションな反応。



明日は定休日ですので、休み明けの木曜日、どうなっているでしょうか?

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ