┗ 骨格矯正の症例集

頑固な側弯の歪み

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】
院長の菅井広孝です。(^-^)




本日12回目のOさん(主婦)60代女性

元々かなりの側弯があり、骨盤もかなり開いています。

そして腰が曲がってきて、体をまっすぐ伸ばして歩くのが辛い。

年に1、2回ぎっくり腰にもなります。

sokuwan.jpg

背骨がかなり右側に湾曲していますが、

仰向けやうつ伏せで調整するとまっすぐになります。

しかし座ったり、立ったりすると歪んできます。




私は骨盤の開きもかなり影響していると考えました。

座っている時の

坐骨と座面の当たり方が左右で異なるためです。

これは寛骨の傾きが左右で異なることを示していると考えました。


そこで、まずは骨盤の開きをとにかく調整していき、

仙腸関節のずれを左右で極力小さくなるようしていきました。


次に股関節の調整。

外転している股間節を調整し、

さらにその下、膝関節、足関節と調整をかけました。



すると(肋骨の歪みは残りますが)

座った状態でも、背骨の湾曲はそうとう整ってきました。


あとはこの状態をなるべくキープできるよう、

癖づけすることを目指していきます。


なかなか頑固な歪みですが、

私ができる精一杯の事をさせていただきます。

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ