頸部の症例集

最初よりだいぶいいんですけど、うまく伝えられなくてすいません。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




3回目のEさん(会社員)30代男性

学生時代からアメフトを続けており、社会人リーグで現役で活躍しています。

この試合の為に関東に出向くほどの熱の入れよう。

もともと首が悪かったんですが、先日の試合の後から痛みが酷くなってきました。



問診および検査をすると、

まずほとんど上を向けません。左右もある程度は可能ですが、痛みが出て途中で動きが止まります。

右の肩甲骨内側から首にかけて鋭い痛みが走ります。




初回の施術の時に、頚椎の調整を試みるも変化がありません。

正直手詰まりを感じて、他の所に目を向けてみました。

それが肋骨。


肋骨を持ち上げて、上を向いてもらうと、一気に動きが広がりました。

もうビックリするほど首の可動域が広がります。

まずはこの事を見つけることができただけでも初回の成果としては上々!




そして2回目。

ぶり返していましたが、やはり肋骨を上げてあげると再び首の可動域が広がりました。




さて3回目の今回。

やはりぶり返しています。。。

が肋骨を上げると、首の動きが広がります。

そこで詳しく聞いてみると、、、


10→1または2程度

と痛みはでるものの、痛みの程度は和らいでいたようです。^^;

「最初よりだいぶいいんですけど、うまく伝えられなくてすいません。」

と申し訳なさそうにおっしゃいます。


いいえ、これは私の聞き方の問題です。

もう少し丁寧に聞き取りするよう、今後心がけます。


でもこの調子ならもう少しですね♪
  • 症例:頸部
  • 2017年11月06日

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ