┗ 肩甲上腕関節の症例集

腕が上がらない!ツナギを着るときに痛い。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




3回目のSさん(農業)60代男性

前回は紹介で来店され、ぎっくり腰が2回で和らぎ喜んでいただきました。



そして2年ぶりの来店です。

前回も同じだったように記憶していますが、

Sさんが痛がっている姿を見て、奥さんが連絡をくださいました。



さて今回は肩の痛み。

昨年6月ごろから左肩が痛み出し、

前135度
横90度
後ベルトラインまで指が届かない

と肩甲上腕関節の可動制限があります。

そして上部僧帽筋あたりに痛みが出ると訴えます。


「普段困っていることは?」という質問に対して

「別にほで痛っだい!って訳でないげど、ツナギ着るとき大変だなぁ~」

と農家ならではの困りごとでしょうかね?


いずれにしても奥さんが連絡してきたということは、

Sさん本人は「大したことない!」と言い張って、

痛みを我慢してたことは容易に想像できます。(笑)




さて施術としては簡単に仙腸関節の調整を行い、

腰椎、胸椎の調整を。

次に肋椎関節の動きを広げつつ、肩甲胸郭関節の動きも広げておきました。

そして挙上の確認をしていると、

当初おっしゃっていた上部僧帽筋ではなく、肩甲鎖関節に痛みがあるようです。

この部分の動きをつけようとしてみましたが、まぁここは非常に痛い場所です。

調整を試みると相当痛がっています。

脇で奥さんが「ほれ、我慢すろ!!!」と声掛け!(笑)

旦那さんの心配をして電話をしてくれたり、一緒に来てくれたり、

頑張れと言ってくれたり、素晴らしい奥さんですね♪


その甲斐あってか、施術後は

前135度→150度超
横90度→135度
後ベルトラインまで指が届かない→親指の長さ分ほどベルトラインより上まで届きます

と変化が見られました。


「ずいぶん違うよ!来ていがったね~
 もっと早く来っどいっけな!」

と奥さんの方がホイホイ言ってるのが笑えます。


次回はさらに変化がみられるよう、私も頑張りますね♪

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ