下肢の症例集

ほんのわずかずつですが変化が見られます。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




3回目のAさん(公務員)40代女性

半年前から右下肢に痛み?苦しさが出てきました。

整形外科では、腰椎の椎間板が狭くなっており、坐骨神経痛と言われています。

痛み止めのお薬を処方されていますが、気持ち和らいだ程度。


車の運転中、乗り降り、トイレの便座に座った時、座った時に痛みが出ます。

また寝起きは激痛です。




さてそんな状態のAさんではありますが、

施術ベッドに寝てもらう際にもかなり痛がっています。

梨状筋が怪しいかと考え、少し触れると「痛い痛い痛い…」と相当な痛がりよう。


下肢の筋肉を緩めつつ、臀部、仙腸関節を緩めるようにしていきました。

すると2回目の際には

「寝起き少し和らいでる気がする。」



そして3回目の本日

「車の運転中すこしいいかも?
 今までは車から降りると、お婆ちゃんみたいに丸まって、一瞬立ち止まって、
 気合入れないと動けなかったけど、今日はそんなんじゃなかったな。」

と少しだけ変化として感じ取っていただけているのかな?


ま、私目線ではありますが、

臀部、特に梨状筋に触れた際、全く痛がりません。

これは一つ大きな変化ですね。


この調子で一つずつ変化を積み重ねていきましょう!
  • 症例:下肢
  • 2018年02月13日
  • 更新日時 : 2018年02月13日

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ