┗ 肘関節の症例集

スマホ肘にはこんな考え方いかがですか?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




52回目のMさん(主婦)60代女性

腰痛や肩こりで来店されていましたが、症状が落ち着いてきたので、

現在は月一のメンテナンスで来店されています。


さて前々回から、肘の痛みを訴えています。

が、すごく痛いわけでもなく、調子が良い日もあれば、痛い日もある!といった具合。

それが今回はだいぶ痛そうにしています。



ご本人も気づいていますが、スマホをいじってばかりいるのが原因!

だと思われます。(スマホ肘なんて言葉もあるんです)

大きめのスマートフォンをずっと持ってる訳ですから肘には負担がかかります。


さてこのスマホを持つとき、肘は正しい曲がり方をしていません。

一時的にそういった動きをする分には問題ないでしょうけれど、

間違った肘の曲がり方がずっと続いているため、

腕尺関節にて、肘頭窩と肘頭の位置がずれているのではないか?

と仮説を立ててみました。

(先日そういった方がいたものでね。)


さて、そういう仮説の元、調整を行うと

「あぁ、今回はいいですねぇ~!」

とだいぶ和らいだようで、喜んでいただけました。



最後に、肘の曲がる方向も正しい方向がある事をお伝えし、

ご自分でできるストレッチもお伝えしました。

スマホをいじるのはほどほどにして、肘のストレッチも続けて下さいね。
  • 症例: ┗ 肘関節
  • 2018年03月09日
  • 更新日時 : 2018年03月09日

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ