ホーム  ┗ 肩こり

┗ 肩こりの症例集

Prev123456Next

長年仕えてきた方が亡くなった…それから肩に何か乗っかっている。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




何回目か分からないほど来てくれたSさん(会社員)60代女性

300回オーバーだと思われます。


先日、会社の会長さんが突然亡くなりました。

息子である、現社長さんが後を継ぐ前は、

ずっと会長さんに仕えて仕事をしてきました。


そのため出勤途中の突然の訃報を聞き、どうやって会社まで行ったのか分からないとの事。

その訃報を聞いたあたりから、葬儀を終えても

ずっと肩に何か乗っかっているかのような苦しさが続いています。


いろんな所が痛くなるSさんですが、肩だけは今まで何ともなく過ごしてきただけに、

今回の苦しさは非常に辛いようです。




結論から言うと、肩甲骨周り、首回りを緩めたところ、辛さはしっかり和らぎました。

私も経験がありますが、突然ショックな出来事があると、

やはり体には異変が起きます。


私の場合は、最低心拍数30代、最高心拍数207

を記録しました。(ちょうど計測中にショックな電話を取ったのでデータが出ました。)


おそらくSさんも訃報を聞き、肩回りにものすごい緊張が続いていたのでしょう。

いずれにしても軽くなってよかったですね♪

あぁ、そこ、そこが頭痛の根っこみたいな場所なんですよねぇ。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




半年ぶりにいらした19回目のSさん(会社員)40代女性

肩こりが酷くて、頭痛が数日つづき、たまらずに来店されました。


仕事でそうとうイライラしていたらしく、肩回りがガッチガチ。

肩甲骨を胴体から剝がすようにしていくと顔をしかめるので

「痛かったですか?」

と尋ねるも

「すっごい気持ちいい~血が流れてくの分かります。」

とのこと。



徐々に肩甲骨が緩んできて、ゆるゆるになってきたので、

次は首。

頸部を緩めていきましたが、後頭下筋群にさしかかった時に

「あぁ、そこ、そこが頭痛の根っこみたいな場所なんですよねぇ。」

確かに、ほとんどの頭痛の方は、ここが辛くなる!と訴えますね。


この頭部をしっかり緩めたあとは相当すっきりしたようで、

喜んで帰っていかれました。


また辛くなったらいつでもいらしてくださいね♪


8年ぶりのお客さん

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^) 




4回目のOさん(自営業)50代女性

8年ぶりの来店。私が開業して最初の頃にいらしたお客さん。


しばらく肩に痛みをかかえて、ふと当店のことを思い出していらっしゃいました。

「前(8年前)きたとき、20年ぶりの肩こり1回で楽になったのはビックリしたやぁ〜」

とおっしゃいます。

正直、「えっ?そうでしたっけ?」

と私は全く記憶がありませんでしたが、

そんな風に覚えていて来てくださったことは、ほんとにありがたいですねぇ。




さて、肩こりが1ヶ月ほど続いており、ふと昔の事を思い出して当院へいらっしゃったようです。

8年ほど経って、だいぶ状況も変わってきました。

会社勤めから独立し、同じ業種で自営業者として仕事を始めました。

そんなこともあってか、デスクワークのOさんは肩こりに悩んでいます。

待合椅子に座っている間の姿勢を見ていると、

かなり猫背気味。

肩周りをしっかりゆるめていくと肩こりは和らいだようで、よかったよかった。



さてさて、私が大切だと思っているのは、姿勢。

どういった姿勢をすれば良いのか?
どうすれば良い姿勢をキープできるのか?
どうすれば肩こりを緩和できるのか?

そんなことをお伝えすると、

「へぇ〜
正直わたし、いろんな整体行くけど、そんなこと教えてもらったことなかった。
他と違うこと聞いて、ちょっと得したなぁ〜」

と嬉しいことを言っていただきました。


また来週のご予約いただきました。

しっかり調整していきましょうね。

カタツムリの角をさわるぐらい神経使いました!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




初めてのIさん(会社員)50代男性


デスクワーク中心の職場に配置換えになり、それから慢性的な肩こりがあります。

先日から左肩から首筋にかけて痛みが出たためご予約いただきましたが、

今回の来店された時点では、痛みは半分ぐらいになっています。




ご本人曰く

「肩こりからきている痛みだと思うんですけど。。。」

との事ですが、私もそう思います。



実際に肩甲骨に触れると、

も~ガチガチ!

肋骨と肩甲骨の隙間がみじんもありません。


とは言え、何とかしなければなりませんので、

手を変え品を変え・・・でもダメです。。。



ここで、やり方を変えます。

どうも無自覚に緊張させているようでしたので、

筋肉の緊張を取る方法、イメージをいろんな言葉で伝えてみました。


すると少しずつ少しずつ肩甲骨が浮いてきました。

私の指の刺激で再び肩甲骨が張りつかないように、

そ~っと肩甲胸郭関節に指をすべりこませることに成功しました!


イメージとしては、

「カタツムリの角」や「亀の頭」を一瞬にして引っ込められないよう、

そ~っと、そ~っと触る感覚ですかね?

カタツムリ.jpg

ここまでくれば、こっちのものです!

そこからは緩むスピードがアップします!



ここまで時間がかかりましたが、

そっからは速攻でした。


Iさんご自身も

「今何ともないですね。最初と肩の感覚が全然違う!」

と変化を感じ取っていただけました。




また来週しっかり緩めて、

慢性的な肩こりからも解放されるようにしていきましょうね。

農作業で体中がガッチガチ!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




10回目のSさん(農業)50代女性

果樹をメインに育てており、

左腕いっぱいに選定した枝を拾い集めていたせいか、

上半身の重心がかなり左寄りになっています。


他にも重労働となる作業が多いようで、

肩こり、腰のハリ、太もものハリなど、体中が苦しいと訴えています。




さて施術では腰背部の調整を行い、

肩甲骨まわりをゆるめようと試みました。


しかし肩甲骨を覆う皮膚がガチガチ。

当然肩甲骨も動かない。

あ~久しぶりにここまで固い方を扱います。



普段は肩甲骨を動かすため、周辺の筋肉をイメージして施術を行いますが、

これぐらい固い方は、皮膚を伸ばしていくイメージで施術します。

じわじわと伸びてきたら、

ようやく次に筋肉を伸ばすイメージでの施術。

そうすると徐々に肩甲骨の可動域が広がってきます。



そうやって何とか肩甲骨の動きを広げて、立ち上がっていただくと

「あ~最初はこう(胸を張る動作)できなかったんだけど、今は簡単にできるから、
 あ~らく!」

と肩や首回りの張り感が和らいできたようです。



Sさん(車で50分かかることもあり)思い出したように来店されますが、

あまり溜め込まないようにして、早めのご連絡をお待ちしてますね。

「うぉぉ~ケツ上がってる!すげぇ!」

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




12回目のOさん(会社員)20代女性

慢性的な肩こりで来店されています。



毎回施術で肩こりは和らぐんですが、

今回・・・ずいぶんと腰椎に固さがあります。

あまり腰が反らない感じです。



お話を伺うと、

ゴールデンウィークにずいぶんと車でデートをされたようですし、

その後は東京に遊びにも行かれたようで、

かなり座っている時間が長かった様子。


そんな事もあってか、

ぐんにゃりと姿勢を崩して座る場面が多かったんですって。

それが原因か!?



ということで、

いつもの肩こりの手法の他に、

腰背部の筋肉をゆるめ、

腰椎の動きもつけておきました。




すると・・・

お会計の時(最後のお客さんだったので7時すぎ)

院内のガラス窓に映った自分の姿をみて、

「うぉぉ~ケツ上がってる!すげぇ!」

と男勝りの喜び方をしてくれました。(笑)


「頑張って姿勢作ってます?」と私が聞くと

「いえ、普通にしてます。」とOさん。



そうなんです、普通にしていて、その格好だとOKなんです。

その格好だと女性らしいヒップラインが現れてくるんです。

その格好だと肩こりしなくなるんです。


ぜひ、その姿勢で過ごす時間を増やしてくださいね。

長年の夢だが、肩がこる

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




2回目のTさん(会社員)30代女性

長年の夢であった職につくことができたものの、

慢性的な肩こりに悩まされています。
20170301-1488327289.jpg
この肩こり、職業病のような部分もあります。ずっと下を向いてばかりの仕事なんですね。

それでは肩が凝らないほうがおかしいというもの。


しかし肩こりが出るのが当たり前だ!と突き放す言い方をするつもりはありません。

仕事=肩こり そして 普段の生活=肩こり

と仕事以外でも、肩が凝るような姿勢をしないように指導しています。

仕事中は仕方ないかもしれません。(それでも少し気をつけるだけでも違います)



肩甲骨まわりを緩め、胸椎・頚椎の調整をすると

「はぁ~血ぃ通ったのわかります!」

と和らぐようです。

この状態が続くように、普段の姿勢も気にして下さいね。

なかなか取れない肩の苦しさ

31回目のMさん(会社員)40代男性

腰痛、肩こりで来店されていましたが、ほぼ気にならなくなったので、

月に一度のメンテナンスで来店されています。

肩が苦しい.jpg

ほぼ気にならなくなったとはいえ、

1月も経つと徐々に肩周りが凝ってきて、首にも無理が出てくるようです。


そこで肩周りの調整をいつもやっているんですが、

左を向いた時、左上部僧帽筋に出るツッパリ感は繰り返してしまいます。



ただ筋肉を緩めただけでは同じなので、

上部胸椎の調整を試みてみました。

この上部胸椎、左に回旋しているので、普段から右を向く癖があるようです。

事実この件に関しては前からお伝えしていますけどね。

この左回旋した胸椎の動きを広げるようにしていくと、

痛みが和らいできました。


どうしても首の張りは繰り返してしまうので、

この今まで行ってきた調整に加えて、胸椎を少し広げておきました。

こうすると次回までどう変化があるでしょうか?

寝ちゃうと肩こり感じないんだけどなぁ…

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




初めてのKさん(会社員)30代女性

産後から続く肩甲骨内側と、首筋の酷い凝り、

そして後頭部の重苦しさで悩まれています。

産後の肩こり.jpg
お話を伺うと、横になるとそういった苦しさからは開放されるとのこと。

ということは、起きているときの重力による影響、

要は姿勢が悪くて肩まわりに負担がかかっていると考えられます。


姿勢を正せばいいんですが、

その前に凝り固まってしまった筋肉を緩めるようにします。

肩甲骨が上下左右(挙上・下制・外転・内転)

そして回転(上方回旋・下方回旋)ができるように

周辺の筋肉をゆるめていきます。

また首の周辺の筋肉もゆるめていきます。特に胸鎖乳突筋、斜角筋、後頭下筋群を念入りに。

するとこれらの筋肉をゆるめただけでも、凝り感が和らぎました。



最後に正しい姿勢をアドバイス。

女性の多くは「胸を張る!」という意識で姿勢を正そうとします。

間違いだとは言いませんが、あまり効率的ではありません。


正しくは、お尻をキュッと、プリッと持ち上げたような格好で座ること。

または座ったまま両手を思いっきり上に伸ばしてみると分かります。

胸を張るというよりは上半身をぐっと上に持ち上げられるような意識で座ること。


立ったときの姿勢も同じです。

とにかく両手を上に挙げれば、肺に息を吸い込んでお腹や胸もスッと伸びます。


ずっとこの姿勢ですごして下さい!

とは言いません。

いわゆる不良姿勢で一日中体に負担をかけるのではなく、

正しい姿勢ですごす時間も確保して、体の負担を和らげるようにしましょう。




できるだけこの正しい姿勢を意識して、

次回、肩周りのコリ感が少なくなっていることを祈っています。

10→3→0♪

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




6回目、天童市のMさん(主婦)70代女性

昨年12月中旬から右肩甲骨内側に痛みがあり、

前回(5回目)3年ぶりにいらっしゃいました。

その際には、菱形筋を伸ばしていくと10→0

と変化が見られ喜んでお帰り頂きました。




しかし中一日空けた本日の状態を確認すると、、、

前回の施術の翌日、

逆の左肩甲骨内側に痛みが出て、

本日はまた右肩甲骨内側に痛みが移りました。

その痛み自体は、前回の来店時の痛みを10だとすると、

現在3程度。

軽減はしているけど、やっぱり少し気になる状態。


痛みが移った理由は分かりません。

分かりませんが、元々左側も何等かの症状があったと考えるのが妥当ですね。

そして本日も菱形筋を伸ばすと3→0と痛みは和らぎました。


この調子ならもう少しですよ♪
Prev123456Next

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ