┗ 肩こりの症例集

ストレートネックの弊害、肩こり

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】
院長の菅井広孝です。(^-^)




本日6回目のAさん(会社員)40代女性

仕事で部署が変わったあたりから首・肩こりが酷くなってきました。

それが痛みに変わったあたりに当院にいらっしゃいました。

首・肩の痛みは現在ありませんが、

どうしてコリ感が慢性化してしまっています。

慢性肩こり.jpg

「来たときは軽くなるんだけど、やっぱり仕事で戻っちゃうね~」

と仰います。


実際こういう方ってかなり多いですね。

しかし原因もなくて凝るわけではありません。

当然、凝ってしまう何らかの原因があるはずなんです。


それはズバリ姿勢!

姿勢といってもピン!とした姿勢をイメージするかもしれませんが、

全体的な「良い姿勢!」だけでなく、

腰や首の【生理的湾曲】といったものが大事になってきます。


コリが慢性化している方に多いのが、

頸椎のカーブがおかしくなってしまった【ストレートネック】

床に寝っ転がったときに、

床と首骨の隙間が狭くなっている方は要注意です。

特に頸椎1~3番のあたりに緊張が強い方が多い。



Aさんも正にそのタイプでした。

頸椎1~3番付近の、頭部頸部境界部をぐいっと前に押し出してあげると

顎が前に出て、ちょうどいい首のカーブが出来上がります。


Aさんは大分上を向いている感じがするとおっしゃっていましたが、

写真で確認していただくと、感じているほどおかしな恰好ではありません。


こんな状態で日ごろから過ごして頂くといいと思います。

が、なかなか難しい。


日ごろの座り姿勢、立ち姿勢をアドバイスさせていただきました。

また1ヶ月後の時まで気にしながら生活してみて下さいね。

ただの肩こりではなかった。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】
院長の菅井広孝です。(^-^)




19回目のAさん(会社員)50代女性

ぎっくり腰になるたびに来院され、

おおよそ3~5回ほどで一旦卒業となります。


今回はギックリ腰ではないものの、

腰が苦しくなってきたと来院されました。

2,3回で腰の痛みは和らいだものの、

次に肩周りの強いコリを訴えだしました。


この肩こりが前回しつこかった。

肩甲骨周り、首回りをガンガン緩めても残るコリ…

肋骨.jpg

なので今回は肋骨、肋椎関節の調整にチャレンジ!

はっきり言って、この肋骨の調整って痛いことが多い。

悪い人ほど痛みを感じます。

私もやってもらったら激痛でもだえるほどでした。


とうぜんAさんも痛みを我慢してる様子ですが、

眉間と足先に痛みをこらえてるのが分かります。



しかし痛みを伴った分、

施術後にはコリ感が和らぎ、ほぼ感じません。

相当凝ってましたね。

仕事の合間の肩のストレッチも行ってみて下さいね♪

ダブル受験による心労、そして肩こり

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】
院長の菅井広孝です。(^-^)




東根市、20回目のAさん(公務員)50代女性

年度末の事務の多さに加え、

お子さんたちの高校、大学のダブル受験があり、

心労もあり肩周りがガッチガチに凝ってしまいました。

心労による肩こり.jpg

ちなみに、無事お2人とも合格とお聞きしました。

おめでとうございます。




前回は肩甲胸郭関節の動きをつけるように緩めておきました。

が施術後は「最初よりいいけど、まだ残ってるかなぁ~」

といった感じでした。


そして今回、

肩甲挙筋、僧帽筋、菱形筋を中心に緩めるようにして、

肋骨の動きもつけていきました。

これがよかったのか、

今回はだいぶ肩こりが和らいだようです。


また無理が出てきたらお電話くださいね♪

根を詰めすぎて肩こり!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】
院長の菅井広孝です。(^-^)




東根市、本日初診のTさん(自営業)30代男性

半年前に始めた事業、

立ち上げたばかりなので、心配で休みも取らずに働きづめです。

そんなせいもあってか、ずっと肩こりを抱えています。

また1、2週間前から、ふとした瞬間に腰にピクッと痛みが出ます。

hardwork.jpg

さて施術開始。

元野球部とおっしゃっていましたが、

とにかくガタイが良い!筋肉質です。

さらに貫禄のある体つきになっているので、

非常に施術が大変な体つきの方でした。(苦笑


肩甲骨の動きが非常~に悪いので、

他の方以上に時間がかかってしまいましたが、

とことん緩めていきました。


相当疲れたものの、何とか肩甲骨の動きがついてきたので、

立ち上がって頂くと、

10→5程度まで肩こりは軽減。


さらに5以下になるよう肩甲骨を緩めていきましょうね♪

キラパタ体操

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】
院長の菅井広孝です。(^-^)



本日31回目、東根市のSさん(再雇用)60代男性

臀部~太ももまでの痛み・痺れで来院されています。

現在は範囲が狭まって、臀部のみの強い張りがあります。

さて、最近では肩こりも訴えています。

実は以前からありましたが、臀部の方が辛くて、

そちらが解決したら言おうと思ってたそうです。



この肩こりを徹底的にゆるめると、

かなり満足そうな表情で帰られます。


ただ再雇用でパソコン作業ばかりなので

肩がこるのは当たり前。


今回は肩こり予防のストレッチをお伝えしました。

仕事の合間に休憩を取りながら試してくださいね♪


バストアップに効果的な30秒ストレッチ!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】
院長の菅井広孝です。(^-^)



たまには、いつもの症例だけでなく、

こんな映像の方が女性は嬉しいんじゃないでしょうか?

実際、当院の考え方とリンクする部分ばかりですのでご紹介させていただきます。


肩甲骨が背中のほうに寄ってくれば胸を張ることができます。

しかし、ただ胸を張っただけではバストアップに効果的とは言えません。

胸を張る+胸が上がる ことが必要ですね。

この胸が上がる・・・肋骨が上がる と言い換えてもいいかもしれませんが、

肩甲骨の位置が正されれば良いわけです。

ぜひお試しください。


四十肩にはまだ早いしね~

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】
院長の菅井広孝です。(^-^)




本日初診の村山市Aさん(会社員)30代男性

昨年夏ごろから左肩に苦しさを感じていました。

徐々に苦しさから痛みに変わってきて、

昨年末に整形外科を受診しましたが、

「四十肩にはまだ早いしね~」と湿布を処方されました。

要は特に異常はなかったということです。


Aさん、朝は問題ありませんが、

仕事をしている昼~就寝時にかけて痛みます。

比較的丸まった姿勢(猫背)ですごしていると苦しさ程度ですが、

胸を張っり、腕を挙上すると肩に痛みが出るようです。




施術では横向きになってもらい、

肩甲骨周りを緩めていきました。

少し腕を動かすだけでも痛みを訴える場面もありましたが、

腕を肩甲骨ごと動かす分には痛みを感じません。

肩甲上腕関節に動きがあると痛みが出るようです。


次に胸鎖関節、肩鎖関節の動きをつける際にも結構痛がっていました。


そして第一、第二肋骨の調整後、

肩甲上腕関節の調整。

肩甲上腕関節が広がる動きは大丈夫ですが、

圧迫を受けるような動きは痛みます。


また上腕骨の内旋動作は大丈夫ですが、

外旋動作は痛みが出ます。

上腕二頭筋長頭腱炎.jpg

このことから上腕二頭筋長頭炎などが疑うことができます。

猫背のまま作業をすると、

結果的には肩甲骨が外転し、かつ上腕骨が外旋した状態で、

いろいろな作業をすることになります。

ちなみに上腕二頭筋長頭腱が、上腕骨の結節間溝という溝の中を走りますが、

その際、腱がこの溝の部分で腱が弱くなったり、

傷ついた上にストレスが加えられ続けることで、炎症が起こります。


現状ではそんな症状に似ているとお話をさせていただきましたが、

つまりは姿勢を正して作業をするよう心がけて下さい。

ということになります。



こんな風に調整をかけつつお話をさせていただきました。

当初よりはかなり重苦しさから解放されました。

まずは普段の姿勢から気をつけてみて下さいね♪

肩こりを一旦リセットしましょう!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】
院長の菅井広孝です。(^-^)




37回目、天童市のTさん(歯科技工士)30代女性

歯科技工士という職業柄、

どうしても細かい仕事で目を使い、

崩れた姿勢で仕事をするため慢性的な肩こりに悩まされています。

しかしある程度回数を重ねた結果、

痛みが出るほどの肩こりからは解放され、

仕事の内容によって、肩こりが軽かったり、酷かったりと波がある状態です。

正月休み.jpg

しかし今年の正月は、休みがちょうど良い方が多いのか、

正月休み明けに調子が良い方が多いんです。

Tさんもその中の一人。


そうは言っても肩の重苦しさがあったので、

肩甲胸郭関節の動きを広げ、

僧帽筋、肩甲挙筋などをゆるめておきました。


今回も肩こりから解放されました。

どうしても肩こりが出てきてしまう方は、

日々、肩のケアを行って、一日のコリを一旦リセットしてくださいね。

柔道体型は整体師泣かせ!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】
院長の菅井広孝です。(^-^)




69回目のMさん(農業)20代男性

柔道体型.jpg

非常に立派な体格をされているMさん。

いわゆる柔道体型ですね。

正月にゴロゴロと酷い姿勢で生活していたせいか、

肩こりが酷く、腰にも張りが出てきました。

またあまり歩かないからか、フクラハギがパンパンに張っています。


筋肉がガチガチに張りやすい体質なのか、生活習慣なのか、

筋肉の上にある脂肪がより固さを際立たせているのか、

まだ20代だから張りがあるのか・・・




とにかくパンパンになっていて整体師泣かせの体です。

とにかく私も必死になって筋肉を緩めなければいけません。

腰背部、ふくらはぎは徹底的に緩めていきました。


問題は肩甲骨周り。

ここが難関ポイントです。

肩甲骨と肋骨の間、肩甲胸郭関節のすきまを作りたいんですが、

とにかくペッタリ張り付いています。

微妙な角度でへばり付いているものを剥がすよう、

試行錯誤しながら緩めていきました。


なんとか緩んだと思ったら、次は首。

首もパンパンです。

ご本人は「金かけて育ててるから!」と

お腹をパンパン叩きますが、全体的にがっちりしてますから、

最後の難関、首回り。

ここも気合いを入れて緩めさせてもらいました。



最後には「軽くなったっす!」

とうれしい言葉を頂きました。

毎回ガチガチにしてきて下さってありがとうございます。(笑)

マッサージと整体って何違うの?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】
院長の菅井広孝です。(^-^)




本日初診のKさん(会社員)30代女性

マッサージは受けたことがありますが、整体は初めて受けます。

「マッサージと整体って違うんですか?」

と質問をいただきました。




一番の違いは、

マッサージは、正確には【あん摩マッサージ指圧師】という国家資格です。

あん摩、マッサージ、指圧の各手技(なでる・押す・揉む・叩くあらゆる行為)

を用いて人体の変調を改善する施術者です。

主に血液やリンパ液の循環を良くすることを目的にしています。

整体師だけでなく、無資格者がやったら違法です。

またこの資格がない方は、マッサージの名称を使えません。

ただ、○○マッサージ店(例えばタイ式マッサージ店)など、

別名をマッサージの前につければOK!というグレーゾーンにもなっています。



そして整体師は民間資格になります。

整体は、体全体の関節のゆがみやズレを、

主に手足を使った手技(補助道具を使う場合もあり)で改善することを目的にしています。

整体には様々な手法、流派があり、

実際には、整体院で、もむ、さするといった行為に類似した手技が施されています。

また、マッサージの手技定義が法的にきちんと規定されていないので、

整体とマッサージの違いは非常に分かりにくいです。

身体の不調改善を目的とした整体院がある一方、

リラクゼーションを目的とした整体院もあるため、

一般の方からすると、その違いも分かりにくくなっています。

実際に行ってみないとわからないのが実情でしょう。




以上がマッサージと整体の違いになります。

そんなお話をしつつ、

肩甲骨の位置を調整しながら筋肉にストレッチをかけていくと、

「おぉ~確かに!
 筋肉というより骨つかまれてる感じがします!
 気持ちいぃ~♪」

と事前の説明がきいたのか体の状態を実感してもらえているようです。

肩甲骨の動きをつける.jpg

肩甲骨周りがゆるんだあとは、首回り。

「うぉ~なんだこのユラユラは!?
 眠ってしまいそうだ!」

と一つ一つリアクションが大きく、私も気持ちよく施術させていただきました。


最後にはかなり軽やかなったようで、

喜んでいただけてよかった~♪

時折しっかりとした調整にいらして下さいね。

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ