ホーム  ┗ 股関節

┗ 股関節の症例集

今までよりも動いちゃって、股関節痛が再発!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




13回目のSさん(会社員)50代男性

股関節痛で来店されています。

歩行、階段の上り下り、寝返りで左股関節に痛みがあり、

最初の来店時点では、寝ていても目が覚めるほど痛みがひどい状態でした。

病院では、変形性股関節症と診断を受けています。



しかし毎回臀部(股関節周り)の筋肉を緩め、

股関節の前・上方転移を調整するようにしていくと、

徐々に痛みが和らいできました。

時には痛みがひどくなったり、ぶり返すときもありましたが、

徐々に収束してきたような形です。


現在は和式便所に座った時には、さすがに痛みが出るようですが、

それ以外は、稼動域が狭いだけで生活に支障はありません。




そのため徐々に施術間隔を広げていき、

今回は思い切って1ヶ月空けてみての様子をお聞きすると・・・

「ずっと調子いいっけんだげどよ、
 調子乗っていつもより動いだみでで、3,4日前からまたちょっと痛っだいなよ。
 今までかばいながら動いっだけのに、動ぎすぎだもなぁ。」

と以前ほどではないものの、痛みが再発してしまったようです。



痛みが出てしまったものは仕方ありません。

が、施術の流れはわかっています。


体幹のバランスを整えた後、臀部の筋肉をゆるめ、

股関節の位置調整を行うと、

「おぉ~すっきりした~♪」

と満足する結果になりました。



今回までの様子をお聞きすると、

1ヶ月ほぼ問題なかったようなので、また1ヶ月後の予約となります。

痛みがなければ、稼動域を少しでも広げるよう調整させていただきますね。

 こでぇなて(こんなに痛くなってから)がらばり来て悪れぇにゃぁ。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】代表の菅井広孝です。(^-^)




11回目のIさん(会社役員)60代女性

以前からある股関節の痛み(主には鼠径部)で来店されました。


毎回調整後は「軽くなった~♪」と帰られますが、

義母、実母、叔母それぞれの介護をされており、

また旦那さんの仕事の事務もされており、

なかなか自分の時間を取ることができません。

<br />
<br />
<br />
今回も3ヶ月ぶりにやってきました。<br />
<br />
数日前、隣の家の葬式の手伝いをしたら、股関節痛が激痛となり

しばらく我慢していたものの、ようやく時間を作って来店された次第。


「もっと早ぐ来ればいいの分がてんなげどよぉ、
 俺も年寄りいっし、なんやかんやって忙しくてよ。
 こでぇなて(こんなに痛くなってから)がらばり来て悪れぇにゃぁ。」

と自覚はあるものの、ほんとうにお忙しいんでしょうね。




さて施術を開始するも、今までにないほど股関節周りが固まってしまっています。

かなりガッチガチで、寝返りも痛そうにしています。

しかし、腰背部、臀部、大腿部をゆるめていくと、

まっすぐ伸ばせなかった股関節が徐々に伸びてきて、しっかり仰向けになれました。



立ち上がって確認してもらうと、足を引きずる癖がついてしまっていますが、

「あぁ~だいぶいいやぁ~助かったぁ~
 生ぎ返ったや、ほんて!」

と喜んでいただけました。



手術の悪い話ばかり聞いているようで、

「絶対手術は嫌だ!」と仰るので、

なるべく時間を作っていらしてくださいね。

階段で足を踏みはずしてお尻が痛い!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】代表の菅井広孝です。(^-^)




49回目のIさん(主婦)60代女性

10日ほど前に階段を踏み外してしまい、左臀部を強打しました。

1日2日はかなり痛かったものの、徐々に痛みが和らいできたので、

医者に行かずに、回復を待っていました。

階段から落ちた.jpg

しかし椅子や正座の状態から立ち上がるとき、臀部の痛みが残り、

これがなかなか取れません。


Iさん、次の予約はまだまだ先でしたが、

予約を少し早めて来店されました。




さて、整形外科に行っていないとの事なので

「痛みがなかなか引かなかったらお医者さんに診てもらって下さいね。」

とお伝えしてから施術開始。


体幹のバランスを取りつつ、

臀部の筋肉、深層外旋六筋を狙ってゆるめていきました。


今回は調整しやすいように、側臥位にて調整。

すると施術後、ベッドから立ち上がる際は何ともありません。

むしろ腰が急に伸びない感覚があったようですが、

2回目も同じ動作を繰り返してもらうと、すぐに消えました。




「10日も我慢してたのがバカみたい!」

と喜んでもらえ、また2週間後の予約を入れていかれました。

ほんとは1週間未満で来てもらいたかったものの、

予定が立たず2週間後となりました。


さてさて、次はどんな感じになっているかな???

指先に力を入れて歩いたら、股関節ましになりました!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日3回目のSさん(公務員)30代女性

産後に、趣味のランニングを再開したところ、

左鼠径部に痛みが出始めました。

「いきなり走ったから痛めたのかなぁ…」

としばらくランニングをお休みされていました。


初回は鼠径部の調整を行うと、

その日は痛みが和らいで帰られました。




そして2回目、やはり走ってみると痛みが出てきます。

同様の調整をしておきましたが、

一つ、足の問題点を発見!


歩いている姿を見ると「浮き指&開張足」を発見。

そこで指先を地面につけるようにして歩くようにお伝えしました。




すると今回は

「前回教えてもらったことを頑張ってたら、あんまり痛くないんですよね~」

と10→4程度まで痛みが和らいでいます。


ただ、まだ本気で走ってはいないようなんですが、

ランニング程度なら走っても問題ありませんでした。



この調子なら、同じような調整をして、

気を付けて歩いてもらえれば大丈夫かと思います。


また次回、どうなってるでしょうかね?

整体にくる前に一度病院も受診してください!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




46回目のKさん(自営業)60代女性

肩こりと股関節痛で思い出したように来店されています。


ここ最近、眠れないほどの鼠径部痛で来店されてから、

痛みが落ち着いてきても、メンテナンスがてら、

1週間ごとに、仕事の合間に当日予約でいらしています。



眠れないほどの鼠径部痛が出た時に、

念のため、一度レントゲンを撮るようにお勧めしました。


先日、高血圧のお薬をもらいに行く総合病院で、

ついでに整形外科でレントゲン撮影をしてもらったところ、

臼蓋形成不全だとの診断。

臼蓋形成不全.jpg

60を超えて初めて知った股関節の状況に、

驚きつつも、

「原因が分かってほっとした~
 原因分かってるのと、理由も分からずに痛いのでは全然違うもの!」

とご自分の身体の状態を知って、ホッとされているようでした。


当店で股関節のメンテナンスは続けていくものの、

病院のリハビリの方にも2ヶ月に一度(といっても筋トレ方法を教わるんですが)

通う事をすすめられてきたようです。




レントゲンやMRI、CTを撮ったからといって、

何もならない時もあるかもしれませんが、

何も悪いところがなければ、それは安心料!

何かあったとしても、原因がわかっただけでも儲けもの!

と考えて、少なくとも一度は病院で診察してもらうことをお勧めします。

この間の痛みが、あまりに酷かったから、予防のために来た!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




44回目のKさん(自営業)50代女性

鼠径部痛および肩こりで、思い出したように来店される方。

施術後はしばらくもつので、辛くなると当日予約でいらっしゃいます。


が、今回は

先に予約されていた方がいて、当日の予約をお断りしましたが、

「痛くて痛くて…次の日でもいいから(予約)入れでけろ!」

とのこと。


お聞きすると、

ここ最近は就寝中も股関節の痛みで目が覚めるほど辛さがあるそうで、

「是が非でも整体をしてもらいたい!」

と予約された次第。


いつもの股関節痛ではなく、

「私はこのまま死ぬまで痛みを抱えて暮らすんだろうか…」

と本当に悲観するほど痛いようです。

痛みが続いてしまうと、かなり多くの方が同じ考えに至るようです。





とは言え、私のやることはいつも通り。

身体のバランスを取りつつ、

臀部、大腿、下腿などを緩めつつ、

各関節の調整をしていくだけです。


これで帰宅するときには「あぁ~軽いわぁ~♪」

と喜んでいただけました。

これが前回のお話。




Kさん、基本的に次の予約は入れません。

自営業ということもあり、仕事の合間にいらっしゃるからです。


ただ、今回は1週間もしないうちに

また次の予約を頂きました。


正直「あらぁ~また痛くなっちゃったかな?」

と心配していましたが、

蓋を開けてみたら全然違います。


「この間やってもらってから問題ないんだけど、
 あんまり痛かったから、また酷くなる前に一回やってもらおうと思って。」

と予防のためです。



私はほっと一安心。

ですが、その気持ちに応えられるよう、

前回同様の気持ちで調整しておきました。



ちょっとでもおかしいと感じたら、すぐにお電話くださいね。

いろんな整体にとりあえず2回通ってみたけど…

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




3回目のWさん(看護師)50代女性

股関節痛と膝痛で来店されています。



最初にお話を伺った時点から、やたら専門用語をバンバン使って説明して下さっていたので、

「医療関係者?」と思わずにはいられませんでしたが、

やっぱり看護師さんでした。(笑)


変形性股関節症と診断され痛み止めを飲んでいます。

ただ膝の痛みも抱えていて、こちらは痛み止めは効いていません。





お話を伺うと、右股関節の変形で、靴下を履くのも辛い。

またベッドから起きる時、階段を上る時は左股関節に痛みがあります。


膝に関しては股関節同様、寝起き、階段、また長時間の歩行で痛みが出ます。

要は仕事で動き回るので、仕事も辛いという事です。

膝の痛み.jpg


施術は骨盤調整後、

臀部、大腿部、下腿部の調整を試みました。



さて3回目の今回、

靴下を履くのが前よりスムーズ

朝、階段を上るのが以前より苦でなくなってきた

と変化を感じているようです。

ということで、同様の施術を試してみました。

施術後は大分股関節周りは和らいで動きがスムーズになってきたようです。




今まで何か所か整体に通ってみましたが、

1回の施術だけでは分からないので、2回目も通ってみるそうですが

「ここだ!」と思える場所がなく、

整体難民のようになっていたようです。


そんなお話をお聞きし、3回目来ていただいたということは、

当店の施術が多少なりとも期待できると判断してもらったという事なので、

ご期待に添えるよう、私も全力でやらせていただきます!

介護から抜け出せずに悪化した股関節痛

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)


股関節痛.jpg

昨日いらした9回目、大石田のIさん(主婦)60代女性

半年ぶりの来店です。


股関節痛で来店されていますが、お義母さんと実母の介護をされているので、

旦那さんが家にいて、余裕があるときにしか来ることができません。



以前から股関節痛の調整をするとかなりの変化があるんですが、

半年我慢したら、杖を使わないといけないほど痛みが酷くなっています。

かなり元気な方でしたので、その反動で鬱になりそう…と仰っています。




さて右股関節の痛みをかかえて、右に上半身をかたむけながら、

足を引きずりながら来店されました。


施術ではとにかく骨盤の歪みを整え、

臀部、大腿部を緩めていきました。

股関節自体の調整を試みるも、圧迫されただけで痛みを訴える始末。


しかし調整後は多少痛みは残るものの、

まっすぐとスタスタ歩くことができます。




股関節痛の方って、

何度か施術しながら徐々に痛みが和らいでいくパターンが多いんですが、

Iさん、当店が合うのか、やたらと反応が良いんですよね。


また都合がつかないと出てこれないというので、お電話いただくことにしましたが、

本日早速、次回予約の電話をいただきました。

相当つらかったんですね。



しっかり調整させていただきます。

あぐらで痛めた股関節

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




初めてのMさん(会社員)60代女性


股関節の痛みで来院されました。

元々股関節は固く、可動域は狭い方です。

しかし1ヶ月前に無理してあぐらをかいてしまい、その後から痛みが出るようになりました。




常に痛みがある訳ではありませんが、重苦しさはあります。

昨日20分ほど歩いたときに痛みが出てきて、

寝るまで痛みが続いていました。今日の午前中まで痛みはありましたが、

来店時点では痛みはなく、重苦しさを感じています。



施術では骨盤回りおよび股関節の調整を行いました。

またそれに伴い、臀部・大腿部を緩めていきましたが、

臀部がものすごく固い。ちょっと圧を加えると痛がります。

また内転筋もガッチガチ。


しかしこれらの調整後は重苦しさはありません。

あとは生活してみて痛みが出るかどうかのチェックをお願いします。

来週またお待ちしております。

急に股関節の動きが悪くなった!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日初めてのTさん(看護師)30代女性

昨年11月から急に股関節が固くなって、鼠径部に痛みが出るようになりました。

床からの立ち上がり、歩行時、あぐらをかく時に痛みが出ます。

鼠径部痛.jpg

とは言え、今回はいつにも増して調子がいい日。

あぐらの態勢で痛みがあるだけで、他の動作では問題ありません。


という事で、あぐらの態勢での痛みが変化するかどうか?

をビフォーアフターとしてチェックしてもらうことになりました。




まずは、あぐら。

患側の右股関節は開かず、ずいぶんと床と膝の間が空いています。

健側の左はほぼ床につくほど柔らかい。


施術では鼠径部や臀部まわりを緩めてみました。

が、変化なし。



ちょっと考えて、股関節に圧を加えるように大腿部を垂直に押しながら、

あぐらをかいてもらうと動きが広がります。

また、股関節を下後方向に調整しながらだと、さらに左右差が減りました。


股関節の調整をしつつ、動きを広げていきましょうね。

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ