ホーム  ┗ 股関節 ページ.12

┗ 股関節の症例集

Prev123...101112Next

私が知らないだけで、みんな結構ここの事知ってんだね。

みなさん、こんにちは

山形県東根市のマッサージ・整体なら 

【よくなる整体院東根】

代表の菅井広孝です。(^-^)  

 

 

 

 

 

 


右鼠径部および臀部の痛みで歩くのも辛く、やってきました。

前回、股関節を外側後方へ調整すると、

ほぼ問題なく歩行ができます。

ま、多少つっぱりを感じる程度です。



今回、
前回までの状態が継続しています。

なかなか良い状態で過ごせたようで、

職場でも上司(当院の患者さん)や同僚にも伝えたら、

「私が知らなかっただけで、
 みんな結構ここ(当店)の事知ってんだね。」

と嬉しいことをお伝え頂きました。



さらに前回同様の施術を行うと、

やはり施術直後は大腿直筋や縫工筋に痛みを訴えていましたが、

これは調整時に圧がかかった為だと思われます。

しかしその筋肉が張っているという事にもなりますけどね。

1分ほどすると、痛みが落ちついてきて、

すたすた歩けるようになってきました。



次回は大腿部全面の調整をしっかりやっていきましょうね。

TVを見る時、左に首を捻じっていません?

みなさん、こんにちは

山形県東根市のマッサージ・整体なら 

【よくなる整体院東根】

代表の菅井広孝です。(^-^)  

 

 

 

 

本日初回のKさん(男性)会社員


昔から腰が弱く、時々ぎっくり腰になります。

先日も腰を痛め、その腰痛は落ちつきましたが、

右臀部の寝起きの苦しさがどうしても残ります。

また、その頃から首の根元も苦しくなり、

苦しさで途中までしか右を向けません。




さて、施術をすすめていくと、

右は腰と言うより股関節の痛みではないかと思える部位。

股関節の調整を行うと、

施術後はすんなり立ち上がることができました。

ただ、朝の寝起きでよ~く確認してくださいね。



また首に関して。

少し棘突起が左に回旋しています。

「もしかしたら、TVを見る時、左に首を捻じっていません?」

とお聞きすると、モロです。(笑)


上部胸椎の調整を行うと、左右同じ程度まで動かせるようになりました。



次回はなるべく早めに調整しておきたいところですが、

年内はお休みがないようですので、

来年にでも時間が取れ次第、しっかり調整していきましょうね。

股関節が痛いのにヒールを履かなきゃいけない

みなさん、こんにちは

山形県東根市のマッサージ・整体なら 

【よくなる整体院東根】

代表の菅井広孝です。(^-^)  

 

 

 

本日初回のIさん(女性)パート


友人の紹介でいらっしゃいました。

義理の母と実母を介護する毎日、

そして一旦退職した職場からお願いされ、

業務の忙しい日だけですが、お仕事にも行っています。


1ヶ月前から、右鼠径部や臀部に痛みが出るようになりました。

まっすぐ立っていられず、少し膝を曲げてしまいます。


 
お仕事が葬儀場なので、

少しかかとの高い靴を履き、

痛そうに見られないよう、無理して働いています。

仕事が仕事なだけに、相当徹底しているようです。




さて、問診をすると、

立っていても、歩いても、

荷物を持ったりするのも痛みがあります。


施術ベッドに仰向けになってもらうも、

痛みがあるので、右膝だけ浮いてしまいます。


股関節周りを軽く押圧すると、これも痛がります。




まずは仙腸関節の動きをつけ、

股関節周りをゆるめていきました。

そして、股関節を外側後方へ調整してみました。

すると調整中は痛がりましたが、

その後はす~っと脚が伸びました。


立ち上がって歩いてもらうも、

「ちょっと張るかんじするけど、大丈夫。
 走って歩ぐだいみでだちゃ!(笑)
 不思議だにゃぁ~」

とかなり痛みが和らいだようです。


この調子なら、何度か調整していけば大丈夫ですよ♪

木造住宅は人に優しいって本当ですね。

みなさん、こんにちは

山形県東根市のマッサージ・整体なら 

【よくなる整体院東根】

代表の菅井広孝です。(^-^)  

 

 

 

 

本日40回目のSさん(男性)元教員


股関節が固くなり痛みがあって来院されています。

最近はいろんな動きができるようになってきて、

生活にはあまり支障がない状態まで回復してきています。


さて、今日は骨盤周りが今までに比べると

かなり歪んでいます。

そんな事をお伝えすると・・・




先日、地元の小学校に行ってきたそうです。

学校を開放して絵を展示してあるので見に行ってきました。

そこで一通り見終え、帰ろうとすると、

ちょうど給食の時間に当たってしまいました。

児童達を避けるため、
 
仕方なしに一度2階に上がり、また玄関近くで階段を下りましたが、

異常に脚が重く、苦しさを感じてしまいました。


お酒が好きなSさん、

普段、少し離れた飲食街までリハビリがてら歩いて行きます。
そこまでの間には、坂道や階段もあります。

その距離に比べたら、小学校の中を歩くなんて大したことないはずなのに、

なぜ、そんなに疲れてしまったのか?



それは、クッションのないスリッパを履いて、
スリッパが脱げないように足首を動かさずに、

コンクリート作りの小学校内を歩いたからです。


普段はご自分のクッション性の高い靴で歩いたり、

また素足で木造のご自宅内を歩きます。


その差が、股関節に負担をかけてしまったと思われます。



木造住宅は人に優しいって本当ですね。


骨盤の歪みは大きかったものの、

今まで調整してきているので、すぐに歪みは取れました。

日ごろの調整の賜物ですな。(笑)
Prev123...101112Next

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ