ホーム 頸部

頸部の症例集

Prev123Next

痛くても運動したほうがいいんですか?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日3回目(自営業)50代女性

以前2回いらっしゃって、3年ぶりの来店です。


1週間前に、左の首~肩関節にかけて、また股関節に違和感を感じてはいましたが、

フィットネスに行き、どうしたものか?とインストラクターに伝えたものの、

「筋肉固いからもっと伸ばさないと!」

と運動を勧められました。



実際、運動をやったら痛みに変わってきましたが、

それでも運動を勧められています。。。


来店されてすぐに

「痛くても運動したほういいの?」

という質問から始まりましたが、私の答えとしては、

「運動はとってもお勧め!
 でも、痛みが落ち着いてからですよ。」



事実、痛みってほとんどは【身体のSOSのサイン】

痛いから身体を休ませてね。
痛いから無理しないでね。

それを無視して動くのはお勧めできません。

ただ、日常生活は別ですよ!!!

寝込んでくださいという意味ではないので悪しからず。

過度の運動は控えてくださいという意味です。




ま、そんなお話をしながら肩周りをゆるめていきました。

基本的には肩こりの手法をかけていくと、かなり痛みも、張り感も緩和した様子。

ただ首を右に傾けると、左側に痛みが出ます。

左腕を上げながら同じ動作をしてもらうと問題ありません。

「僧帽筋かな?」

とも思いましたが、上位胸椎の回旋もみられたので、この調整をすると、

首を傾けたときの痛みも大丈夫♪



今回は肩中心の調整でしたので、

次回は股関節もしっかりやっていきます。

上を向くと、腕に張りが現れる。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




2回目のHさん(介護士)50代女性

このたび1週間ほど前に首に痛みが出て、

ほぼ上を向くことができない状態になり、うがいが全くできません。

うがい.jpg

来店時点では落ち着いていましたが、食べ物を飲み込むだけでも首の痛みが酷いんです。


また首から上腕にかけて常に痛みが続いており、
ふとした動きで痛みが強く出てしまいます。



しかし、2回目の今回。

前日の痛みに耐えた渋い表情とは打って変わり、

ニコニコしながら来店されました。

「昨日やってもらってから大分軽いんですよ♪
 うがいも全然平気です♪」

と上腕のハリが残っているだけとなりました。


施術では昨日同様、肩甲胸郭関節および頚部の調整をおこないました。

すると施術後は「今は大丈夫かも♪」と喜んでいただけました。



ただ…上を向くと若干左上腕に張りが現れます。

ちょっと考えて、上位胸椎を確認すると、

じゃっかん左に回旋しています。

この部分を調整してみると、上を向いても張りは問題なくできるようになりました。

原因として、左を向いてTVを見ている事が考えられます。

首だけねじってTVを見ないで、身体をそちらの方に向けてみるようにして下さい。


次は1週間以上空けて様子を見てみたいと思います。

それまで何ともないことを祈ります。

飲み込むだけで首が痛いなんて初めてでビックリ!

2回目のHさん(介護士)50代女性

以前から首・肩は悪く、頸椎ヘルニアと診断されたこともあります。

ときどき痛みが顔を覗かせるときがあるようです。


このたび1週間ほど前に首に痛みが出て、ほぼ上を向くことができない状態になりました。

まずは、うがいが全くできません。

来店時点では落ち着いていましたが、食べ物を飲み込むだけでも首の痛みが酷いんです。

また首から上腕にかけて常に痛みが続いており、

ふとした動きで痛みが強く出てしまいます。

ugai pain.jpg


まずは検査で上を向くようチャレンジしていただくと、

本当に動かせません。

おでことアゴのライン、面が10度も動いたかと思えばいい方です。


ただ私の経験上、これは首の痛みをかばって、

間違った首の動かし方をしているだけ!

という方が多いんです。


私が頭部と首を補助して、上を向く動作を誘導していくと、

45度近くまで動きが広がってきました。




次に肩甲骨周りをゆるめていきました。

筋膜もそうとう張っているのか、

肩甲胸郭関節を動かそうとすると「痛たたた…」を連呼します。

たいして力を入れていないのにですよ。

かなり痛がられましたが、少しずつ肩甲骨の動きが広がってきました。

ただ、腋下はガチガチで腕が上がりにくいのは変化が乏しかったです。


また頸椎。

ストレートネック気味で、周辺の筋肉もガッチガチ。

食べ物を飲み込むだけでも、首に痛みを感じるほどなので、

それはそれは固かったです。

ただ、少しずつ少しずつ緩めていくと、かなり柔らかくなってきました。


施術後、再度正しい首の動かし方を癖づけすると、

60~70度まで首の動きは広がりました。

無理さえしなければ、うがいはできる程度です。

上腕はハリが残りますが、痛みほどではありません。


また翌日のご予約をいただいていますので、

さらに動きが広がるよう調整してみますね。

他の整体院で痛めたかたが来店されました。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




19回目のSさん(会社員)30代男性

以前、腰痛や肩こりでいらしていましたが、3年ぶりの来店です。



当店に来るより前からお世話になっている整体院で、

肩回りの調整をしてもらった後から酷い痛みが出て、

整形外科を受診するも「生まれつき一部の椎間板が無いね!」

と言われただけで、今回の痛みに関してはレントゲンの結果は異常なし。

その際に、ボキボキ系の整体についてのご指摘があったようです。

それで、整形外科から出た瞬間、ボキボキしない当店の整体を思い出し、

すぐに電話をいただき、空きがあったのですぐに来店されました。




来店されてすぐに

「ずっと信頼して通っていたところだったけど、
 今回のような痛みが出てしまって、怖くて行けなくなりました…」

と残念そうにおっしゃいます。


症状としては、首筋から肩にかけての張り感、痛みが常にあります。

2,3日続いているので、後頭部の頭痛も出てきました。



施術では、肩甲骨につながっている筋肉を緩め、

肩甲骨の動きを広げていきました。

また後頭部の頭痛があるとのことなので、

後頭下筋群を中心に頚部の筋肉も緩めていきました。


すると「あぁ~すっごいスッキリしたっす!」

と大分和らいだ様子。およそ10→3程度までになりました。


また1週間後の予約を入れていかれました。

ボキボキ系の調整はどんな程度のことをしたのかは分かりませんが、

少なくとも今回は筋肉の緊張を取るだけで良かったようです。


また残った分をしっかり調整していきましょうね。

姿勢が悪く、首が痛い

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日31回目のKさん(無職)大正生まれの男性

今年で90歳ですが、まだまだ週一回ゴルフに行くほどお元気です。

時折つらい部分が出てくるといっしゃいます。


先日、朝起きた時から首に痛みがあり、

しばらくしたら痛みが落ち着くかと思いましたが、

1週間たっても変わらないため、来店されました。

neck pain.jpg

さて検査をすると、ほとんど左右に首を動かすことができません。

上下とも同様。

そして施術ベッドに寝ていただく際にも激痛で顔を歪めています。

痛みで頭重を支えることができないようです。

郵便局長なども務めた方で、シャキシャキして実年齢よりもはるかに若々しい方でしたが、

こうやって痛みでゆったりした動きを見ていると、

お年を感じてしまって、ちょっと私は切なくなってしまいました。




施術では肩甲骨周りを緩めようとしましたが、

痛みで身構えてしまって、ほとんど動きません。

それでも少しずつ少しずつ緩めていくと、

ある程度、筋肉がほぐれてきました。


次に首の回旋動作の調整に入ります。

正直、ほぼ右も左も動かすことができません。

「車を運転するときに、左右確認もできない…」

とおっしゃいます。この状態では辛いでしょうね。

周辺の筋肉を緩めつつ動きをつけてみると、

ほんの僅かですが「少し動くくなったな。」と実感していただきました。



そして首の痛みが出て2回目には左43度、右30度まで動きがついてきました。



3回目、左60度、右45度まで可動域が広がりました。



そして4回目(計31回目)の今回。

左右の動きはもう問題ありません。

しっかり動かすことができます。

ふとした時に左の首筋にピンと痛みが走る時がある程度。

ほぼほぼ全快したと言っても良い状態です。


また痛くなったら来ていただくことにしました。

よかったですね♪







43回目のSさん(無職)73才男性

首と腰の痛みでいらしています。

腰の方は落ちついてきて、時折辛くなる程度。


姿勢が悪く、肩が凝りやすく、パソコン作業が大好きなSさん。

自覚はしていますが、どうしても姿勢は崩れてしまいます。

そして肩や首に負担がかかっているようです。




さてさて、肩甲骨を緩めていきますが、

どうしても肩甲骨上角に固さがあり取り切れません。

そこで、腰のベルトに触ってもらうような格好をすると、

肩甲骨がボコッと浮き上がってきて、

肩甲骨上角が剥がれてきました。


次に頸椎の調整。

Sさんは頭部頸部境界部に非常にコリを感じやすいタイプ。

ここに私の指が行くと

「痛ててて、何でそこ痛いのかねぇ~」

と辛そう。

風呂場の縁をここにグリグリ当てて入浴しているそうです。

そんなお話を聞きながら、緩めていきました。


ほぼ緩んだようで、SさんからはOKをいただきました。

ありがとうございます。

慢性的な肩こりと頸椎の関係

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】
院長の菅井広孝です。(^-^)




本日8回目のSさん(会社員)30代男性

仕事でケガをした2年ほど前から、

慢性的な腰痛、そして首・肩こりで悩まされています。

首・肩こりは一時酷く、痛みに変わっていましたが、

現在は痛みが和らぎ、慢性的なコリに変わっています。

また時々あごが疲れたり、頭が痛くなったりします。

慢性的な肩こり.jpg

さて昨日紹介した方も同じでしたが、

このSさんも頸椎がまっすぐになっている【ストレートネック】の状態。

「ずっとこのコリって取れないんですかねぇ???」

と不安なんでしょうね、

そんな聞き方をされました。


施術後にコリが和らぐんであれば、

その後の仕事や生活の中にコリの原因があるという事になります。

どうも首回りを触らせてもらうと、

首の形に原因がありそう。


顎を引いている意識はないでしょうけれど、

喉から顎先までが短く感じます。

上位頸椎を押して、頭の位置を正してあげると、

顎のラインがくっきりしてきます。

こうなると肩が凝りにくくなります。

鏡でも確認していただきながら施術を進めていきました。


あとついでに…

顎が疲れるかたは、舌を見てみるといいですよ。

舌に歯形がついているかたは噛みしめが強い方。

顎の力を抜くために、志村けんのアイ~ン!

を何度かすると顎周りの脱力ができますよ♪

ぜひお試しください。

ストレートネックの弊害、肩こり

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】
院長の菅井広孝です。(^-^)




本日6回目のAさん(会社員)40代女性

仕事で部署が変わったあたりから首・肩こりが酷くなってきました。

それが痛みに変わったあたりに当院にいらっしゃいました。

首・肩の痛みは現在ありませんが、

どうしてコリ感が慢性化してしまっています。

慢性肩こり.jpg

「来たときは軽くなるんだけど、やっぱり仕事で戻っちゃうね~」

と仰います。


実際こういう方ってかなり多いですね。

しかし原因もなくて凝るわけではありません。

当然、凝ってしまう何らかの原因があるはずなんです。


それはズバリ姿勢!

姿勢といってもピン!とした姿勢をイメージするかもしれませんが、

全体的な「良い姿勢!」だけでなく、

腰や首の【生理的湾曲】といったものが大事になってきます。


コリが慢性化している方に多いのが、

頸椎のカーブがおかしくなってしまった【ストレートネック】

床に寝っ転がったときに、

床と首骨の隙間が狭くなっている方は要注意です。

特に頸椎1~3番のあたりに緊張が強い方が多い。



Aさんも正にそのタイプでした。

頸椎1~3番付近の、頭部頸部境界部をぐいっと前に押し出してあげると

顎が前に出て、ちょうどいい首のカーブが出来上がります。


Aさんは大分上を向いている感じがするとおっしゃっていましたが、

写真で確認していただくと、感じているほどおかしな恰好ではありません。


こんな状態で日ごろから過ごして頂くといいと思います。

が、なかなか難しい。


日ごろの座り姿勢、立ち姿勢をアドバイスさせていただきました。

また1ヶ月後の時まで気にしながら生活してみて下さいね。

後頭下筋群の調整がきもちいい~

みなさん、こんにちは

山形県東根市のマッサージ・整体なら 

【よくなる整体院東根】

院長の菅井広孝です。(^-^) 

 

 

 

 

18回目のKさん(主婦)60代女性


元々は肩・首こり、腰痛、股関節痛で来院されていました。

途中、回数券をご購入いただき、

残っている肩こりを時々調整していました。


しかし家業の方がバタバタと忙しくなり、

半年近くぶりのご来院です。




まあ、肩・首こりはいつものごとく、

事務作業が続くと出てきます。

元々猫背っ気もあるので、それが原因です。


また腰痛・股関節は落ち着いていたんですが、

久々という事もありますが、

長時間、台所に立っていると、少し痛み出します。



本日の施術では仙腸関節、そして股関節の微調整をしておきました。

また肩・首コリに関しては、

後頭下筋群の調整を行うのが、

Kさんにとって一番気持ちよくて、一番和らぐ方法のようです。


今回もしっかり緩めておきましたよ♪

右ばかり向いて何かしている

みなさん、こんにちは

山形県東根市のマッサージ・整体なら 

【よくなる整体院東根】

院長の菅井広孝です。(^-^) 

 
 
 
 

19回目のMさん(主婦)60代女性


最初は腰痛でいらしていましたが、

現在は肩・首のコリのメンテナンスで月に一度通われています。



さて本日は、首・肩コリというよりは

何かの拍子に振り向く際、首にビキッ!

と筋が伸びるような痛みが走る時があります。

頸椎か胸椎、また頸部の筋肉が怪しいような気がします。



実際に施術の際に指を触れていると、

胸椎や頸椎がものすご~く右回旋を起こしています。

「何か右を向いている事ってないですか?」

と尋ねると、

「あります、あります!
 寝ながら右向いて本読んだり、TV見たり。
 何かと右向いてますね。
 逆に左向きにくいんですよね。
 しかし、そういうの分かるんですね~!」

と驚かれていました。でも分かりやすい歪みですよ。(笑)



この右回旋を調整すると、

左右の首の動き方は同じぐらいになりましたので、

後は生活してみて、どんな風になるかチェックしてみて下さいね。


また来月お待ちしてます。

「これなら大丈夫でしょ!」 という確信

みなさん、こんにちは

山形県東根市のマッサージ・整体なら 

【よくなる整体院東根】

院長の菅井広孝です。(^-^) 

 
 

本日2回目のYさん(会社員)30代女性


4日前の朝に首をグキッと痛め

すぐにいらっしゃいました。

初回は上下左右ともほとんど動かせませんでした。

ちょっと動かしただけで、右の上部僧帽筋付近に鋭い痛みが走ります。


 
初回の施術としては、

肩甲骨周りを念のため緩め、

斜角筋を中心に、頸部を緩めていきました。

そして上位胸椎、頸椎の動きをつけていくと、

左右の動きは60度超までOKになりました。


そして上を向く動き。

これは、今までの経験上ほとんどの方が首の動かし方を忘れているだけです。

正しい動き方を補助してあげると、ほぼ問題なく動かせるようになりました。



そして本日。

施術翌日は痛みが戻ったかのようでしたが、

翌々日にはかなり和らいだようです。

で、本日の施術では、前回の内容に加え、

胸椎、肋骨の調整を丹念に行いました。

じんわりと骨が動いていく感覚を感じ取って、

「これならいけるでしょ!」

という確信が出て、Yさんに確認すると、

多少のつっぱりは残るものの、和らいでほとんど問題なくなりました。


あとは大丈夫だと思いますよ♪
Prev123Next

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ