頸部の症例集

首痛と肋骨の関係

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




9回目のOさん(会社員)50代女性

最初はギックリ腰でいらっしゃいましたが、これはすでに問題なし。

超がつくほどの猫背、普段の姿勢が大きくかかわっているようです。



そして昨年末、、、

体調を崩して咳ばかりしていたら背中が苦しくて、

買い物のついでに某マッサージチェーン店で揉んでもらったところ、

「ボキッ!」

とものすごい音がして「大丈夫ですか?」と施術者にビックリされたものの

その時は大丈夫のような気がして帰ってきましたが、

徐々に徐々に痛みが強くなり、

整形外科に行くと、やっぱり肋骨が折れてました。。。


呼吸をするにも痛くて、腕を動かしても痛くて、曲がっても痛くて、

上半身は身構えてしまい、以前よりも姿勢を丸めて過ごしていました。


その後3ケ月経ち、お医者さんにも「そろそろ動いた方がいいよ!」

と言われ、恐る恐るいろんな動きをしてみると、

右腕が固まって動きが非常に狭くなっています。

お風呂で、反対側の肩を洗おうとすると肩が痛くてダメです。



施術では肩甲骨の動きを広げていくと、2回ほどでかなり肩の可動域が広がりました。

また首にも痛みがありましたが、

肋骨を持ち上げて首を動かすと痛みがありません。

肋骨が下がって、斜角筋が下に引き下げられていたのではないかと推察します。


また姿勢を気にして生活してみて下さいね♪
  • 症例:頸部
  • 2018年04月19日

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ