ページ.3

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください


肋骨の動き一つでこんなにも違いが現れます!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日5回目のEさん(主婦)70代女性

1ケ月ほど前から左首~上腕までの苦しさが出てきました。

特に腋下、大円筋あたりの苦しさが酷く、寝返りも辛いほど。


前回、肋骨から肩甲骨を剥がすように、

肩甲胸郭関節の調整を行うと10→7まで苦しさが和らぎました。


そして今回、

前回の施術終了後の状態がキープできているようで、

「最初のくるし~!っていうのは今は大丈夫。
 ただずっと苦しいのは続いてるし、
 うがいした時だけは苦しさがギューって出てくるのよ。」

との事。上を向こうとすると45度ほどで苦しさが現れます。

そこで施術としては上部胸椎も狙ってみることにしました。



前回同様、肩甲胸郭関節の調整後、

肋椎関節の動きをつけつつ、胸椎をゆるめようとすると・・・

「あぁ~そこ、そこ触られると苦しさ出てくるねぇ~」

と胸椎を動かしただけで辛さを感じる様子から、悪いのはここだと分かります。


そして胸椎の調整後・・・

起き上がっていただくと、

うがいの動作は45度→60度ほどまで動きが広がりました!


そして、さらに!

肋骨を自分で持ち上げてもらいながら同じ動作を繰り返してもらうと、

さらに80度まで動きが広がります。


ここまできたら、あと少し!

もうちょっとだけ頑張って調整していきましょうね!

産後のギックリ背中

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日はじめてのOさん(主婦)30代女性

産後わずかですが、買い物カゴを持った時に背中に激痛が走り、

赤ちゃんを抱っこするとき、寝起き、体をひねるときなど、

体位が変わるたびに電気が走るような痛みが出ます。

そんな折、当店の看板をみつけて来店されました。


俗称ではありますが「ぎっくり背中」というやつでしょうね。

痛みとしては肩甲骨の下角と同じ位置、胸椎の7番が痛いようです。

実際に胸椎を動かそうとすると、かなり痛がります。


まずは肩甲骨周りの動きをつけていくことにしました。

肩甲骨を動かそうとすると、これまた痛がります。

しかし徐々にゆるめていくと、肩甲骨を動かした限りでは顔をしかめることもなくなりました。


その後、起立筋をゆるめていきましたが、

施術が終わって、

「おっ!?いいんじゃない!?」

と起き上がりましたが、最後の最後に身体を起こし切るときに

「痛った!」

とやはり痛がります。


最後に姿勢によっては背中の筋肉に負担がかかる旨をお伝えして終了。


また明後日いらっしゃるので、どうなっているかな?

肩から上腕にかけての苦しさ

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日4回目のEさん(主婦)70代女性

1ケ月ほど前から左首~上腕までの苦しさが出てきました。

特に腋下、大円筋あたりの苦しさが酷く、寝返りも辛いほど。

「そろそろ白菜の漬物も作らないと!」

と旦那さんに促されるものの、苦しさで寝てばかりいてやる気が起きません。



さて前回までの3回では腰痛でいらしていましたが、これは落ち着いています。

その際に整形外科のお薬で調子が悪くなった経験があり、

今回も整形外科を受診しましたが、薬は飲んでいません。


接骨院にも10回通いましたが、

「電気かけてローラーコロコロだけで身体を触ってくれない…」

と不満が募り、行くのを止めたそうです。



そして今朝、娘さんに

「身体ゆがんでるんじゃない!?」

と言われて

「じゃあ整体かな?」

と当院を思い出していらっしゃった次第。




さて私の経験上、こういった症状を訴える方は、

肩甲胸郭関節を広げると和らぐことが多い。


早速、骨盤のバランスを整えてから

肋骨から肩甲骨を引っぺがしていきます!

すると、この時点で

「あぁ~気持ちいい~これだけで軽くなる気がする~」

と満足気です。


実際にしっかりと肩甲胸郭関節をゆるめてあげると、

10→7まで苦しさが和らぎました。


次回はさらに数字が少なくなるよう、しっかり調整してきましょう!

ローソファーはあまりお勧めできません。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)





本日2回目のGさん(主婦)60代女性

昨年12月から右下肢に痛みが出てきました。


お話を聞けば、

立っていると、右臀部に苦しさが、

ローソファーから立ち上がるとき、右大腿部外側に痛みが、

大股で歩く時、または靴下を履く時などの片足立ちで、右大腿部前面に痛みが、

右内転筋にも痛みがあります。




施術前の検査では、骨盤のズレ、歪みが目立ち、

開張足&浮指の応対です。


施術では仙腸関節の調整、

深層外旋六筋および大腿部、下腿部の調整を行いました。

帰宅の際には「少し軽い気するなぁ~」とのこと。




すると本日までの状態をお聞きすると

10→5まで辛さが和らいでいます。

特に右下肢後面はほぼ気にならなくなっています。



ローソファーもやめて、ずいぶん姿勢を気にしてもらってるようです。



残るは、前面の痛みのみ。

歩行時、靴下を履くときの痛みですね。

前回同様の調整をしましたが、次回どうなってるでしょうか?

肋骨の痛み、前鋸筋を狙ってみました!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




11回目のAさん(会社員)40代女性

鼠径部痛で時々やってきます。

最近は痛みが落ち着いており、仕事で困ることもほとんどありません。


が、今回は肋骨の際、腹直筋の起始部に痛みがあります。

前日までは自発痛があり、仕事も休んでしまいまい、

整形外科でレントゲンを撮りましたが異常はなく、整体かな?といらいした次第。


本日は自発痛はありませんが、圧痛があります。

また腕を挙上すると腋下(乳房の側面)に痛みが走ります。


私なりに肋骨をいろいろいじってみると、

肋骨の7番を少し持ち上げ、前面に押し出すようにすると痛みは和らぎます。

肋骨がずれているか、ずらされるような形で筋肉に引っ張られてるのではないか?

と前鋸筋を疑って緩めてみました。


するとこれが当たったのか、腕の挙上での痛みはOKです!

ただ圧痛は残ります。

これは下手に押したりしなければ大丈夫かと思います。



聞けば仕事でずいぶんと力仕事があったようで、

その時に腹部や肋骨周りに力が入って、今回の症状に繋がったのかな?

と後付けですが、考えてみました。


なかなか小柄な女性が30kgもの荷物を持ち運びするというのは厳しかった~?(苦笑

スマホ肘にはこんな考え方いかがですか?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




52回目のMさん(主婦)60代女性

腰痛や肩こりで来店されていましたが、症状が落ち着いてきたので、

現在は月一のメンテナンスで来店されています。


さて前々回から、肘の痛みを訴えています。

が、すごく痛いわけでもなく、調子が良い日もあれば、痛い日もある!といった具合。

それが今回はだいぶ痛そうにしています。



ご本人も気づいていますが、スマホをいじってばかりいるのが原因!

だと思われます。(スマホ肘なんて言葉もあるんです)

大きめのスマートフォンをずっと持ってる訳ですから肘には負担がかかります。


さてこのスマホを持つとき、肘は正しい曲がり方をしていません。

一時的にそういった動きをする分には問題ないでしょうけれど、

間違った肘の曲がり方がずっと続いているため、

腕尺関節にて、肘頭窩と肘頭の位置がずれているのではないか?

と仮説を立ててみました。

(先日そういった方がいたものでね。)


さて、そういう仮説の元、調整を行うと

「あぁ、今回はいいですねぇ~!」

とだいぶ和らいだようで、喜んでいただけました。



最後に、肘の曲がる方向も正しい方向がある事をお伝えし、

ご自分でできるストレッチもお伝えしました。

スマホをいじるのはほどほどにして、肘のストレッチも続けて下さいね。

交通事故による首の痛み

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




5回目のMさん(会社員)60代男性

会社の役職がつくまでになっていましたが、定年を迎え、再雇用で働いています。


1ケ月前に職場から帰宅途中に、車の左側面に一時不停止の車から追突されました。

その日は何ともありませんでしたが、

翌日から首・肩・腰回りに痛みが出て、

同僚から「すぐ医者行け!」と早退させられて病院にかかると

【頚椎捻挫により1週間の加療を要する】

と診断書をもらう始末。



その日から足しげく整形外科でけん引とウォーターベッド、電気を掛けていましたが、

ほんのわずかずつ和らいできましたが、

どうも治療で和らいだというよりは、自然と落ち着きつつあるのではないか?

という不安がぬぐえません。

何より「痛くなくなってもしばらく来てください!」という言葉に不信感を持ったとのこと。


そこで当院を思い出して

「自費でやりますから…」と保険会社にも宣言。

で、今回来店された次第。




さて現在の状況をお聞きすると、

腰回りはもうOK!

当初あった首、肩回りの自発痛もOK!


ただし、首を左右にねじった時の痛みあって困っています。

検査をすると左右ともに45度ほどねじると痛みが出てくるようです。

私の経験上、これならば変化出そうです。

多分、上部胸椎の固さが問題だと思われます。


実際に肩甲胸郭関節と頸部をゆるめ、

上部胸椎の動きを広げていくと・・・


まだ最後の最後で痛みは残りますが、かなり動きが広がりました!

この調子ならあと1~2回で済みそうですね♪

お腹が痛くて歩けない...

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




86回目のOさん(主婦)70代女性

左腰が横にポコッと飛び出たような、と言えばいいのか、

上半身が右にずれていると言えばいいのか、そういった歪みがあって、

「酷くならないように!」

と来店されています。


しかし徐々に腰も曲がってきており、

整形外科を受診するも「これは直らない!」と言われています。




さて、そうは言われても放っておくわけにはいかないので、

2週にいっぺん調整していますが、

ここ数日前から左のお腹に痛みが出てきて、

ことさら身体起こすことができなくなりました。

これが前回のお話。


検査をすると、ずいぶんと歪みが酷くなっています。

左の肋骨が骨盤のど真ん中にあるような状態。

左の肋骨がお腹に食い込んでしまったような感じです。

なるべく歪みを戻そうと努力しましたが、あまり変化せず。


そして1週間も空けずに、今回再度調整!

徹底的に歪みを調整してみました。

背骨、骨盤、肋骨と一つ一つのバランスを戻す方向に努力していくと、

今回はかなり真っすぐな方に調整ができ、

立ち上がってもらうも

「あ、いっだぐないです。」

と言っていただき、私もほっとしました。


またこの状態をキープしたいので、また1週間あけずに調整することになりました。

同じような調整でいけると思いますので、しっかりやっていきましょう!

寝起きの目眩

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




9回目のKさん(主婦)80代女性

足底筋膜炎と診断されて2ケ月



骨盤調整と下肢の筋肉、関節の動きをつけ続けてはや9回目

10→2まで痛みは和らいで、さほど気にしなくなりました。

気にならなくなってきたので、30分ほど歩いてみたら痛みがぶり返しましたが、

翌日には再び落ち着きました。回復できる体の状態になってきたようですね♪



さてこんな風に主訴が落ち着きつつあるので、

現時点では次に気になっていた腰回りの調整を行っています。


そしてもう一つ、実は気になっている箇所があります。

それが施術後に起き上がる際に、ほんのわずか起こる目まい。

すぐに起き上がることができず、15秒ほど座って落ち着いてから立ち上がります。


まず肩回りがガチガチ。

これを今回は緩めてみることにしました。

肩甲骨周りを緩めようとチャレンジするも、肩甲骨と肋骨の隙間が広がらない。

前々指が入りません。

仕方がないので、ほどほどにして首回りを徹底的に緩めておきました。

するとスヤスヤと眠ってしまいました。


この後はいつもよりもすんなりと起き上がることができたので、

慢性的に肩・首回りの緊張が強かったんでしょうね。

また次回もしっかり緩めておきますね♪

ボウリングで痛めた肘、そして反対も痛くなった。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)





2回目のOさん(会社員)40代女性

昨年秋にボウリングで右肘を痛めました。

この右肘をかばっていたら、今度は3、4日前から左肘に痛みが出てきました。

今は左肘の痛みが強くて、右肘は以前ほど気になりません。




さて本日の状態を確認すると、

左肘の痛みは、

回外(肘から手首にかけて外側にねじる動作)、

また回内(肘から手首にかけて内側にねじる動作)しつつ肘を屈曲した時に鋭い痛みがあります。

肘頭窩および橈尺関節あたりに痛みが出るようです。


肘の状態を確認してみると、

上腕骨に対して、前腕が外反しています。

肘頭のポジションを確認すると、肘頭窩と肘頭の位置がずれています。

この肘頭の位置をずれないよう押さえつけつつ、

先ほどの痛みの出る動作を試してもらいました。


すると

「あっ、こうやって抑えててもらうと痛み出ません!」

と変化が現れます。


この肘頭窩において肘頭がずれている=肘頭窩の一部と肘頭がぶつかっている

という可能性を考え、

肩甲骨から上腕、前腕と筋肉を緩め、

各関節の調整を試みました。



今まで来店された方々のパターンでは、すぐに反応の出るものではありません。

しかし、Oさん、1回の施術で

「なんか痛くないです。大丈夫です。」

と痛み無く帰っていかれました。

次回の予定も入れないままに。。。


ちょっと私はビックリ!

「ほんとに痛くないの???」




そして2日ほど経ってから次回の予約をいただきました。

そして今回の来店という流れです。


さて前回から1週間近く経っていますが、今回までの経過をお聞きすると…

施術の日と、翌日は非常に調子よく過ごせたようです。

が、翌々日の朝目覚めた時から痛みがぶり返しました。

「変な寝方しちゃったのかもしれません。」

と少しシュンとなっています。(笑)



正直、わたしは2回目の施術が一番緊張します。

少しずつ良くなっていく方ならば何も問題ありませんが、

1回目で楽になってぶり返した方は、2回目も同じように楽になるものだと思って来ます。

1回目が楽になったのに、2回目の施術で痛みが全然変わらないとガッカリされるんです。

1回目と2回目の来店時点では同じ症状ではない可能性もあるんですが、

お客さんはそんなの関係ありませんからね。(苦笑)


ということで、

めちゃくちゃ気合を入れて施術しました。

その甲斐あって、前回同様痛みが和らいだ状態で帰っていかれました。


また予約は入れていかれませんでした。

なるべく1週間以内には来てくださいね。

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ