ホーム  ┗ 腰部

┗ 腰部の症例集

Prev123...161718Next

さくらんぼの収穫で腰の力が抜けた。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^) 




4回目のTさん(農業)40代男性

さくらんぼの主力である佐藤錦を収穫し終え、

次に人気のある紅秀峰の収穫も終わるか?というときに、

さくらんぼの籠を置こうと思った瞬間に、腰が砕けるかのように、

力が抜けたような痛みに襲われました。


あぁ〜と「ヘナヘナ」と崩れ落ちました。

そんな折、娘さんが通われていたため、

奥さんから勧められて来店されました。



さてお話をお聞きすると、

寝起き、寝返り、椅子からの立ち座り、前かがみで痛みが出ます。

このような症状の方は、「骨盤の歪み」が原因になっている方が多い。



施術では仰向けで骨盤の調整を行い、腰背部をゆるめておきました。

しかし、これだけでは起き上がるときに痛みが残る方がほとんど。

案の定、Tさんも寝返りをうつ段階で、すでに痛みで唸りました。



そこで寝返りの動作中に骨盤をズレないように押さえたまま動いてもらうと、

これだと問題なく動かせます。

次にうつ伏せから四つん這い、これも痛い。

しかし同様に骨盤がズレないよう押さえたままだと動かせます。


四つん這いから正座、そこから立ち上がるまで問題ありません。

前屈もOK!



ただ上半身を左右にひねるときに痛みが残ります。

これも骨盤をズレないように押さえつけながらだと大丈夫!

これらの体の歪みは、さくらんぼを収穫する籠を左腰にブラ下げていたのが原因となっているようです。

だって、そういった歪みがもろに現れてましたからね。

さくらんぼの収穫はあともうちょっと。

私はプロとして体を休めてほしいところですが、



Tさんも一年の食い扶持を稼ぐラストスパート。

なるべく無理せずに明日も時間を取ってご予約いただきました。

しっかり最後まで調整させてもらいますね。

手術ばかりの旦那さんに代わって仕事を頑張った結果…

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)


スイカ農家の腰痛.jpg

4回目のAさん(農業)60女性

スイカ農家のAさんは常に腰を曲げたまま作業しています。


息子さん夫婦も一緒に農業をされていますが、

10歳以上も離れたお孫さんが生まれたので、

お嫁さんはあてにはできません。


極めつけは、旦那さんが昨年3回も手術をしたので、

旦那さんに無理をさせられない!と頑張ってしまうようです。

今年も手術の予定があるとかで、なおのこと。。。


ただ、あまりに痛がりながら頑張っている姿を見て、

旦那さんから「整体でも行ってこい!」

と言われてやってきました。




さて今回は久しぶりにいらっしゃいましたが、

曲がり仕事のためでしょうが、腰痛での来店です。


前屈動作、そこから起き上がるとき、椅子からの立ち座りで痛みが酷い。

触れば、筋肉がガチガチで柔らかい筋肉が想像もつかないほど。



とは言え、動かせる範囲で骨格調整を行い、

できる範囲で筋肉をゆるめていきました。


するとこれだけでも10→4程度まで痛みが和らいできました。

ずいぶん固いので一気にゼロ!とはいきませんでしたが、

時間を見つけてなるべく調整にいらしてくださいね♪




帰りぎわには「旦那に取らっだがら、枕もう一つもらってっかな?」

とご購入いただきました。


枕を使って寝ると、それだけでも腰骨がけん引されますので、

ぜひ使い続けてくださいね。

理屈の分かる説明してくれるから良かった!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら
【よくなる整体院東根】代表の菅井広孝です。(^-^)





15回目のOさん(会社役員)50代男性

肩こりと腰痛で来店されています。



先日、Oさんの紹介で部下の方がいらっしゃいました。

Oさん同様に動きすぎると、その後に腰が痛くなるタイプの方でした。

ぎっくり腰一歩手前で、動いているとふいに痛みが襲ってくるとのこと。

しかし施術後はかなり和らいで帰られました。




その部下の方の「その後の様子はいかがでしょう?」

とOさんにお聞きすると、問題なさそうだとのお返事。


「理屈の分かる説明してくれるから良かったって、先生のこと褒めてたよ。」

と嬉しいことを言ってくれました。


そういう説明を心がけてはいますが、

こうやってお聞きすると、ご理解いただけたんだとホッと報われた気がします。

分かりやすい説明を心がけています.JPG

こういった一言が私のモチベーションにつながっています。

教えて頂いてありがとうございます。

股関節は柔らかいと思ってたんですけど…

初めてのBさん(中学生)女性

今度大会があるので、調整してほしいと来店。

以前、お父さんが当店に通っていたので、思い出していらっしゃいました。




時々右鼠径部に痛みが出るときがあります。

また、ソフトボールのピッチャーをしているので、

2,3試合投げると、肩や肘に痛みを訴えることがあるそうですが、

2日ほどで落ち着きます。

正直、来店時点では痛みは全くありません。

ですが、そちらも調整できるならしてほしいとのこと。




まずはお父さんから体の歪みをチェックしてもらいました。

「おぉ~お前歪みあるなぁ!」

とお父さんが思っていた以上に歪みが見て取れるようです。



さて身体のバランスを取った後、

肩と肘の関節の調整を試みました。

すると、超やわらかい!

関節の可動域がどうこうという意味でなく、

例えば肩甲骨と上腕骨の隙間がしっかりあって、ぐにゃぐにゃ動きます。


それでも何とか左右差を探して、

あえて言うなれば!という関節のズレを無理やり見つけて調整を試みました。


しかし、痛い時に来てもらった方がいいんじゃないかな?

という位、ほんと問題ない関節です。




次に股関節。

ここは固かった。


「まず屈曲が固い!」そう伝えると

地べたに座って足裏を合わせて前屈動作をするときに、両膝が地面につくので、

Bさんとしては、「股関節は柔らかいと思ってた!」と言います。


股関節は6軸方向の動きがあると言われています。

内旋・外旋・内転・外転・屈曲・伸展

ある方向は柔らかくても、逆の方向は固い!

ということは良くあることです。


そんな説明をしつつ屈曲動作を広げていきました。




最後に、

立ったまま前屈をしてもらうと、脛の下から1/3ぐらいまでしか指先が届きません。

これは私の予想通り。

普段座ったときの姿勢が悪い子はこんなもんです。


次に股関節を曲げることを意識して、再度前屈してもらうと、

足首まで届くようになりました!


こうやって普段から股関節を曲げる意識で生活してもらうと良いでしょう。




椅子に座る時、

だらんと姿勢を悪く座った時と、

お尻をプリッと上げて座った時、

両方比較してもらうと、太もも裏のズボンの生地がピッと伸びるのが分かると思います。


それだけ普段から姿勢を正して座ることで、

太もも裏の筋肉、ハムストリングスにストレッチをかけつつ生活することが可能になります。

ハムストリングスが伸びれば、前屈だって足首なんて言わず、

地面まで届くようになりますよ!



ぜひやってみて下さいね♪

腰が痛くて、朝起きるのに30分かかりました!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)


抱っこして腰痛.jpg

昨日初めていらしたAさん(保育士)20代女性

先週末に小さい子供さんを抱っこして暴れられたそうで、

その時に腰を痛めました。


最初はさほどでなかったんですが、

歩いているうちに「カクン!」と力が抜けたようになり、

翌日には激痛になり、起き上がるのに30分もかかりました。


整形外科でレントゲンを撮ると

「椎間板が狭くなったことによる腰痛ですね。」

と言われてきました。



当店に来店された時点では、

最初の痛みを10とすると、6程度まで痛みは和らぎつつありました。

じっとしてる分には重苦しい程度ですが、

動作の節々で一瞬「ビクッ!」となり身構えるほどの痛み。




さて、うつ伏せでの施術後、あお向けになってもらおうとするも、

「あっ…どうしよう?どうやって動けばいいんだろ?」

と、あまりの痛みで動けなくなるほど。


でも何とか時間をかけながら仰向けになっていただき、

腰背部を緩め、骨格のバランスを取っていきます。




一番大事なのは、動かずにいるときの調整ではなく、

一番痛い動作時の痛み。この調整です。

うつ伏せやあお向けでの調整は行い、その際には痛みなく施術を受けていただきましたが、

ここから動くときに痛みがあるのか?

また痛みがあれば、その動作の最中に調整をかけていく必要があります。



実際にあお向けから寝返りをしてもらうと、早速痛みが出ます。

左側は大丈夫ですが、右側の寝返りでビクッと痛みが走ります。

ただ、この際に骨盤がずれないように調整しながら動いてもらうと、

今度は大丈夫。

「えっ?えっ?
 整体師ってすごい!」

と、この時点でかなりビックリされた様子。(ちょっと私も嬉しい)

しかし最後まで痛みが出るかどうかまだ分かりません。



寝返り動作はOKになりましたが、

うつ伏せから起き上がれるかどうか?

この動きもやはり痛みが出るので、同じように骨盤調整。

また四つん這い→正座まで同様の調整を試みていきました。



そして立ち上がるのもかなり痛みが和らいだようで、

最初の左側によった上半身もかなり中心よりに戻ってきました。




さて、翌日は遠足があり休めないとのことでしたが、

どうなることやら。。。

ぶり返しがないことを祈っています。

ひざに手をつかないで立つ練習!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^) 




23回目のTさん(農業)60代女性

ず~っと腰が痛いんです。

その上、旦那さんが亡くなってから

広大な農地を一人で管理して(お手伝いの人はいますが)

相当無理ばかりしてきたそうで、腰は本当にボロボロ。




さて、ここ数日はさくらんぼのハウス掛けで疲労困憊。

60を過ぎた女性がハウスに上って作業をするなんて、

私だって大変なのに…と大変さはとっても共感できます。


現在まっすぐに歩けなくなっています。

腰が引けて、

歩いているとき、曲がるとき、寝た時、ベッドから起き上がるときに痛みが酷くなってきました。




さて施術ではとにかく腰背部をゆるめ、

かなり歪んだ骨盤を調整していきました。


そして

「そこはかなり痛いわ~!!!」

と言うので、大腰筋を徹底的にゆるめておきました。




さて施術後は両ひざに手をついて、中腰からいっきに伸び上がる感じです。

でも腰の痛みは、最初と違い和らいでいます。

何度か試してもらうも、立ち方は辛そうに見えますが、

痛みは大丈夫。



これは、痛みを抱えた立ち方が癖になっている様子。

そこで・・・

棒を使って、重心を前(足先または脛の上)に持ってきて立つ方法を練習。

すると、手を膝に当てなくとも立てるようになりました。



そして歩いていただくと、

「東京から帰ってきた娘に腰曲がった!って指摘されるけど、
 今伸びてる気がするんだけど、どう!?」

と非常に良い姿勢になりましたよ♪

ぜひ娘さんにチェックしてもらってくださいね。


また週末のご予約をいただきましたので、

それまでいい状態で過ごせるといいですね♪

曲がるときの腰痛、股関節を使ってみてください。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)





初めてのNさん(会社員)30代女性

4年前に座り仕事(検品)になってから腰痛が出始めました。

時折酷くなってきます。




お話を伺うと、

〇長時間座っている時の痛み
〇くつ下を履くときの痛み
〇前屈時の痛み
〇仰向けでの痛み

があります。


ん~多分、骨盤の歪みが原因じゃなかろうか?

ということで施術開始!





最初は施術ベッドに仰向けになるだけで痛みを訴えていました。

骨盤(上前腸骨棘)は左上がり。

右膝を立てると痛みが落ち着きます。ということは歪みが原因でしょう。

ということで緩めつつ、バランスを取っていきます。


途中、右股関節が前方転移しているようで、

屈曲すると鼠径部に圧迫感を感じる様子。

調整すると120度まで屈曲角度が広がりました。




さて、ある程度調整が終わり、起き上がってもらおうとした時、

仰向け→うつ伏せ→四つん這い→正座

と移行していってもらいましたが、

正座の寸前で痛みが走ります。


ここで再度骨盤の動きを調整しながら何度か「四つん這い→正座」

を繰り返してもらうと、

今度は大丈夫!(これは驚いてくれました。)




そして前屈してもらうと90度以上曲がっても大丈夫です!

この時、股関節を使う曲がり方をアドバイスしたこともあって、

最後まで曲がることができました♪


腰が悪い方って、かなり前屈動作が苦手な方が多いですが、

股関節を使わず、腰椎&胸椎を丸めて前屈しようとしがちです。


しっかり股関節を使うだけで曲がれる角度が深くなるんだけどなぁ~


とっても簡単なので、

分からない方はお教えしますよ♪

あぐらで痛めた腰

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




2回目のHさん(農業)40代男性

農作業をしてあぐらを掻いて休んでいました。

そこから少し前に状態を倒した瞬間、腰に激痛が走り、

奥さまに運転してもらって来店されました。
農作業.jpg


Hさん、整体もマッサージも未体験。

しかし、昨年奥さまが股関節を痛めたとき(ぎっくり股関節とでも言いましょうか)

Hさんが付き添いで来ていましたので、

今回は真逆ですね。(苦笑)




さてお話を伺うと

椅子からの立ち上がるときに痛みが酷く、身体を伸ばすまでに時間がかかります。

自宅ではソファなので尚更です。

また前かがみ、寝起き、寝返りでも痛みがあります。




このパターンは仙腸関節付近の強張り、歪みが原因です。

腰背部をゆるめていき、仙腸関節の動きを広げていくと、

寝返り、寝起き、前かがみ、ベッドからの立ち上がり、

全てで痛みが和らぎました。

「おぉ、大丈夫みたい!」

と奥さまと目を合わせています。





そして2回目の本日

初回の施術後のように、痛みは特に問題ありませんが、

長く座ったあと、いざ立ち上がろうとすると痛みがあります。

この時だけ、痛みが残っています。


この痛みであれば、腰椎の固さが原因と考えらえます。

昨日同様の調整後、

座位で仙骨を固定したまま、何度か前かがみになってもらい、

椎間板を広げておきました。



あとは、さほど問題なさそうですが、

念のために次回の予約を入れていただきました。

たぶん大丈夫だとは思いますけどね、念のため。

若いと変化が出やすいようです。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)





2回目のOさん(会社員)20代男性

力仕事のOさん、慢性的な腰痛で悩んでいます。



前回、骨盤調整を行いつつ、

普段の姿勢についてアドバイスをしたところ、

今回までかなり頑張ってくれたようで、

普段の腰痛は感じなくなってきました。




現在は前屈時(45度)で痛む程度。

今回はこの調整を試みました。


骨盤調整を行ったあと、

椅子に座って、何度か前かがみになってもらいました。

この動作も最後まで曲がると痛みがでましたので、

この動きの中で骨盤調整を何度か行ってみました。


すると前屈70度までは問題なく曲がることができます。


あともう少しみたいですが、

若いだけあって変化が出やすいですね~♪

孫守りで、ぎっくり腰!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




7回目のWさん(主婦)60代女性

2歳のお孫さんの子守をたのまれて、抱っこをしていたら

そこから腰に痛みが出て、徐々に痛みが増してきました。


以前はWさんも来店されていましたが、

ずっと来ている旦那さんから

「おらいの母ちゃんギックリ腰になったがら、みでもらわんねが?」

と予約の電話が入りました。




さて問診をすると、

〇椅子から立ち上がるとき
〇寝返り
〇寝起き

で右腰に痛みが走ります。

ぎっくり腰.jpg

ん~これは骨盤の歪みが原因じゃないでしょうか?

たいていこのパターンは骨格調整で痛みが和らぐんです。



という事で調整を行うと、

〇寝返り
〇寝起き

が問題なくなりました。



〇椅子からの立ち上がり

は痛みが少し残りましたが、その後2回の施術でほぼ消失しました。


無理はせず、ちょっと腰がおかしいと感じたら、

すぐにお電話下さいね。


Prev123...161718Next

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ