┗ 腰部の症例集

まさにギックリ腰!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)



8回目のIさん(団体職員)40代男性

腰を痛めた時に、職場の上司から、

「俺行ってだ整体予約してけだがら、行ってこい!」

とかなり強引に勧められて来店されたのが最初でした。(苦笑)

しかし、その後も腰を痛めるたびに、1~2回ほど通っていただいています。




さて今回は宿題をしない娘さんに対して、

「こら~!」とふざけて両足を持ち上げて笑わせようとしたら、

その瞬間に、ぐきっ!と腰をやらかしました。。。


翌日の本日ですが、仕事に行ってみたものの、

「もう無理!」と午後からお休みをいただいて来店された次第。



さて状況を確認するに、とくかく腰が伸ばせません。

イスから立ち上がろうとするも、途中で痛みが来て、最後伸びきることができず、

また歩くときも少し前かがみで歩かざるを得ない状況です。

寝起き、寝返りも辛い。


施術では腰回りの歪みを取りながら、

腰背部を弛めていきました。


そして起き上がっていただくと、

「あぁ~だいぶいいなぁ~」と言いながらも、節々はまだピクッと痛みが来るようです。



ここで骨盤をしっかり立てた状態を癖付けしてって欲しいと思い、

施術ベッドに座ったまま、太ももに手をついて、腕を突っ張り、

上半身を上に伸ばしつつ、ゆっくり息を吸ってもらいました。

肋骨を持つ上げるイメージです。


その後は、この伸びあがった上半身のまま、

前に45度ぐらいまで上半身を倒してもらいます。

腰を曲げるのではなく、股関節をしっかり曲げる訓練です。


ここまでできるようになったら、

次は棒を支えにして、45度の角度から立ち上がっていただきます。

この骨盤が起きた状態、股関節をしっかり曲げたまま立ち上がれば、

腰にはほとんど負担がかかりません。

正しいスクワット状態ですね。


実際、これを覚えてもらってからは、ぴくっとした痛みは気になりません!

あとはこの状態で動かせるようになれば、バッチリですよ!

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ