┗ 腰部の症例集

退院後の不調

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)





7回目のTさん(農業)60代男性

脊柱管狭窄症と診断されて5月に来ていましたが、

田植え、スイカの繁忙期に突入してしまい、しばらくお休み。

そんな折、スイカの収穫を始めて2日目。

畑で人生最大の腰痛に見舞われ、畑で動けなくなりました。


奥さんに迎えに来てもらい、病院に向かいましたが、

途中の車の振動すら耐えられなくなり、

救急車で運ばれると、MRの結果ヘルニア。



全く動けず、2ケ月の入院。

その間、スイカの収穫は親類に何とか助けてもらえたようです。

しかし入院生活は辛かったようで、手術はせずに済みましたが、

現在も比較的無理せずに稲刈り作業に従事しています。



退院後、下肢の突っ張り感で再び当店にいらっしゃいました。

これはハムストリングスを徹底的に弛めることで、

3回ほどで消えました。


さらに最近では田んぼを歩くと、夕方には腰痛と臀部痛が現れます。

これは狭窄症の症状なのか?

身体がなまっているところに動いたからの痛みなのか?

判断がつきにくいようですが、

周辺の筋肉を弛めることで緩和します。



現在の稲刈り作業は息子さんに手伝ってもらえているようですので、

無理せず頼りましょう。

その間、少しでも体の苦しさ調整しちゃいましょうね♪

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ