足の痛み、首の痛み

こんばんは

よくなる整体院東根 菅井です。



今日は薄暗く、小雨の降るジメッとしたお天気でしたが、
私も患者さんも元気いっぱいです!(^-^




さて、本日2回目のYさん(無職)男性

ボランティア活動の一環で、

私の地元、村山市のバラの宣伝で

仙台市の物産市に3日間立ち続けた後、

元々あった左膝痛に加え、左足全体が痛くなり、

また首も寝違えたように回りません。



当院の患者さんとしては、めずらしく

整形外科にも、針灸にも、接骨院にも行かずに

いきなり整体にいらっしゃいました。(^ 0 ^



まず問診を詳しくすると、

長時間立ち続けた事、下ばかり向いていた事によって痛みが出たと考え、

施術をしました。



すると、


Yさん 「んん。
     んん。
     ん、痛くない! 何で?」

と非常に不思議がっています。

昨日に引き続き、今日の施術後も不思議そうな顔をして、

その後、笑顔が出てきました。(^-^




さてこのYさん。

地元高校生と一緒になってボランティアを熱心にされている方でもあります。


地元高校の先生曰く

「今の高校生は、
 生徒 対 教師
 生徒 対 生徒
 生徒 対 家族
 の接点しか持っていません。
 Yさんの様に外の風を入れて下さるのは大歓迎です!」

との事で、

Yさんは寂しいね~と語っていました。



そこで、Yさんは75歳にもかかわらず、

「一緒に勉強しよう!」

「いろいろ教えて下さい!」

と謙虚な姿勢で高校生に接するようにしているそうです。


通常、年を重ねるごとに自尊心が増し、

謙虚になる事ほど難しいはずなのに、

ましてや、自分の孫のような高校生に

そのような態度で接するなんて、自分にはできるだろうか?

なんて事も考えさせられました。



いくつになっても学ぶ姿勢、謙虚に相手を敬う姿勢は

Yさんに今日学ばせて頂きました。



またYさんはとっても アイデアマン のようで、

高校生と一緒に沢山の企画を考えて実行されています。



そもそも、5年前に奥様をなくされて、落ち込んでいた時、

知人の方が
「男独り身の所へ、誰か尋ねてくるかい?」

といろんな意味・気持ちを込めて、言葉を掛けてくれたそうです。


Yさんは、
「確かにそうだな。俺がこんな顔してたら誰も近寄ってこないな。
 でも、だったら、外に出てせめて、みんなに喜んでもらえる事をしよう!」

といろんな活動を始めたそうです。



人生の先輩であるYさんの言葉一つ一つから

Yさんの苦しみとそこから立ち直った時の気持ち、

今の志をたくさん知ることが出来ました。


お年を召しても輝いている方は

とっても魅力的です♪


わたしは今日、Yさんのファンになりました!

またYさんがいらっしゃるのが楽しみです!



人と人との縁、出会いってすばらしいですね~(^-^


コメント書込

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



captcha image, to tell computers and humans apart.
画像の中に見える文字をこちらに打ち込みます。