ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください


Prev123...100101102Next

立ち膝で鋭い痛みに襲われた!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)





6回目のAさん(農業)60代男性

10日ほど前までは肘の痛みで来店されていました。

肘を使った時の痛みを訴えていましたが、

腕尺関節に回旋動作、捻じれが発生していての痛みだったようで、

腕尺関節の調整を2回行った所、痛みは落ち着いたようです。


すると以前からあった膝の痛みが気になりだしていたところに、

立ち膝で農作業をしていたら左の脛骨粗面に鋭い痛みが出て、

慌ててお電話いただいた次第。


聞けば、膝の軟骨がすり減っているとのレントゲン結果があり、

整形外科から痛み止めを処方されているとのこと。




さてお話を伺うに、

おそらく肘も同じでしたが、

膝も同様、大腿骨と脛骨の捻じれがあるんじゃないのか?

と疑ってしまいました。

Aさん、スイカ農家ですので、何度もしゃがんだり、立ち上がったり、

膝の屈伸運動が多く、間違った膝の使い方をすることで、

膝の軟骨が減っていったのではないか?と想像します。



ここで検査をすると、

左の骨盤が高くなっています。

左の下前腸骨棘が上がっているため、大腿四頭筋が伸びていて、

その状態で立ち膝をして、脛骨粗面に負荷がかかったのでは?

とも考えられます。


そこで仙腸関節の調整、臀部の調整、

大腿部、下腿部の筋肉をゆるめて、膝関節のバランスを取りました。


すると屈伸動作は問題ありません。

あとは農作業をして確認してくださいね。



また膝を曲げるときに注意点、膝蓋骨とつま先の向きをそろえる!ことや、

骨盤を整えるストレッチをお伝えしました。


無理せず農作業に励んでくださいね。

ベッドに足をぶつけて腰痛!?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




初めてのSさん(公務員)50代男性

飛び込みでいらっしゃいました。

お客さんがいない時間帯だったので、OK!


さてお話をお聞きすると、

4日ほどまえにベッドから起き上がって、

ストーブを消そうとした瞬間、

ベッドの縁に足をぶつけて転倒しそうになりました。

なんとか踏ん張ったものの、

これ以降、左の仙腸関節付近に痛みが出るようになりました。

常に苦しさはあるものの、

立っていると痛みが酷くなってきます。

そして痛みがひどくなってくると、左大腿部外側にシビレも出てきます。




さてさて、どこが悪いのかな?

と検査をすると、ずいぶんと骨盤がずれています。

また左下肢が外転傾向があります。

仙腸関節のズレと、大腿部外側・臀部の張り感があるのではないか?

そのように予測し、調整をかけてみました。


「どご悪いが分がっかっす?」

と問われましたが、

「ハリのある所を弛めてみますね~」

と返事しておきました。


そして立ち上がっていただくと、

まだ違和感は残っているようですが、

残っていると言っても1割程度。


ずいぶんと和らいだようで、

予想以上だったようで驚かれていました。



ずいぶんとお忙しそうなので、

まずは時間があるとき、早めにもう一度ぐらい調整しちゃった方がいいと思いますよ♪

2時間かけて整体にやってきます!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




11回目のKさん(会社役員)70代男性

ご夫婦で隣県より2時間かけてやってきます。

正直「よく遠いところ来るもんだなぁ~」と驚いています。

その反面、せっかく来てくれてるんだから、

ちょっとでも楽になって帰ってもらおう!

と、気合も入っちゃうお客さんです。





さてKさん、糖尿病ということもあり、

全身が常に酷い疲労感、倦怠感を感じながら過ごしています。

その他、先日から左臀部~下腿にかけて痛みがあり歩行時に痛むため、

糖尿病でかかりつけの、東北でも最大級の病院で診察を受けましたが、

異常なしの診断。

痛み止めだけ処方されています。


今回いらっしゃる道中でも、

あまりに痛みが強いので、痛み止めを飲んできました。

でも、飲んでもそんなに効いた気がしないようですが、

それでも飲まずにはいられませんでした。



Kさんのこの痛み、

私は重心がずれたまま生活していることで、

特定の筋肉に負荷がかかり続けることでの痛みではないか?

と感じています。

全身の疲労感、倦怠感も同様。


そこでいつもの調整になる訳ですが、

仙腸関節をふくむ体幹部の調整。

そして臀部、下肢全体の筋肉と関節の調整。


これだけで、施術後は、

歩いても左下肢の痛みに問題が無くなりました。



「これが毎日続いてくれるといいんだけどねぇ~」

と本当そうですね。

そのためにも、姿勢出来る範囲で気を付けて下さいね。

転んで痛めた肩

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)









3回目のIさん(会社員)50代女性

2週間前に転倒し、右肩を打ち付けました。

整形外科でレントゲンを撮るも、骨には異常なし。

それでも痛みが続くため、5年ぶりに当店の事を思い出していらっしゃいました。




さて検査をすると、右腕を横から上げようとすると、

90度まで来た時に痛みが出て、動きがとます。

前から上げるときには大丈夫。


施術では、肩甲骨の動きを広げるように、

肩甲胸郭関節の調整、そして周辺の筋肉をゆるめます。


また猫背気味なのがはっきり分かる姿勢をされているので、

肋骨の動きも広げていきました。


すると横からの挙上が160度程度まで広がります。




そして本日。

昨日に引き続き連続施術。

昨日同様の調整を試みると、160~170度までの挙上ができるように。

ほぼ腕を上げる動作に関しては問題ありません。


ただ、助手席に座っていて、

後部座席の荷物に手を伸ばすような動作でわずか痛みます。


これは空手のオス!のポーズを何度か行ってもらい、

肩甲骨を寄せる訓練をすることで解消されました。


いずれにしても肩甲骨の動きが悪いのが原因だったようです。

この調子で姿勢と肩甲骨の動きを意識して生活してくださいね。

立っていると痛くなってくる腰痛

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




28回目のAさん(会社員)40代女性

約半年ぶりの来店です。

腰痛と肩こりで月に一度は来店されていましたが、

最近調子が良かったため、ご無沙汰してましたが、

「やっぱり間空けると、ダメだなぁ~」

と腰痛再発して来店されてました。




立ち仕事のAさん、しばらく立ちっぱなしで過ごしていると、

1~2時間ほど経つと腰に痛みが出てくるとの事。

じんわりした腰痛で、先日から徐々に酷くなってきました。


Aさんは、猫背で反り腰、

そのため、ずいぶんと股間を突き出したような姿勢です。



私の調整としては、

まずは仙腸関節の調整、そして腰背部、臀部の筋肉をゆるめます。

これだけでダメで、大腰筋を徹底的に弛めていきます。

また足首に内転傾向がある為、

下腿、足首、足底の調整。


これだけで立った時の違和感は激減。

しばらく立って過ごしてみないと分かりませんので、

現時点での違和感の変化を感じてもらうだけですが、

これで変化が感じられるのであれば、大丈夫だと思いますよ。


また月に一度は調整していきましょうね!

旅行で歩いて、案の定、脚が痛くなりました。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




36回目のKさん(主婦)80代女性

最初は、足底筋膜炎でいらしていました。

が、これはもう問題ありません。


もともと持っている腰痛、また膝の痛みを調整したくて、

1~2週に一度の調整を行っています。




といいつつ、ここ1ケ月ほど間が空きました。

どうもインフルエンザで寝込んで、

持病の目眩が起きて散々だったようです。

少し目眩が落ち着いてきたので、また来店されています。


前回は1ケ月ぶりだったので、

脚が痛くて歩くのも酷い状態。

さらに目眩のあり、歩くとふらつくほどです。


しかし前回の調整後は、ふらつきは残るものの、

脚の方はずいぶんと和らいだ様子。

「こさ来っど、帰りは軽こいなようなぁ~」

と喜んで帰って行かれました。





そして1週間ぶりの来店。

この間、付き合いで京都旅行に行っていました。

ただでさえ脚に不安があり、目眩もあるので、

旅行はずいぶん行くか迷ったようでしたが、

案の定、歩き回って脚がボロボロ…


予約日を早めての来店です。




調整としては、右に傾く上半身のバランスを取り、

下肢全体の筋肉、各関節一つ一つの調整をしました。

これだけで、歩行は痛みが気にならないレベル。

まずは良かった、良かった♪



これは前回の施術後の話ですが、

椅子からの立ち上がりの際に脚が痛かったので、

正しい立ち上がり方、

重心移動の考え方をお伝えしたところ、

旅行先で、仲間に教えたそうです。

「先生から教えてもらった立ち方よ、
 いっしょに行った婆ちゃんださ教えだら、
 ほんて楽だね~って喜んでもらったじぇ!」

としっかり共有していただけたようで何よりです♪


また来週お待ちしてますので、

年齢のことは考えず、

歩き方、重心移動の仕方など覚えていって欲しいものです。

肩こりの出にくい体になるには!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




4回目のNさん(介護職)50代女性

右肩のこり感と、右腰の痛みで来店されます。

おおよそ月に一度のペースで来店されますが、

「一度調整してもらうと一月はもつ!」

とおっしゃっていますが、

今回は1ケ月半ほど空いたので、

「前より体がもつようになってきたんだろうね~」

と感じてもらっているようです。




さて今回、いつもと同じような調整をしましたが、

私は、肩甲骨の動きが渋い事が気になりました。


なぜなら、聞く話によると

週に3回はプールで泳いでいるというではありませんか!

だとすれば、肩甲骨の動きはかなり柔らかくなっているはず、

でもNさんの肩甲骨の動きはガッチガチ!


話を聞けば、フィットネスのインストラクターに、

「もっと腕伸ばせる!伸ばして泳げる!」

と何度も言われるそうですが、

Nさん的には、めいっぱい腕を伸ばして泳いでるつもり。

むしろ泳げば泳ぐほど、肩が苦しくなってくると言います。



それはオカシイ!!!

それだけ腕を動かしていたら、

普通だったら、相当肩甲骨の柔軟性が出てるはず。


どう考えても、

肩甲上腕関節ばかり動かすような泳ぎ方をして、

肩甲胸郭関節を使っていないんだろう!と思ったのです。




ということで、

肩甲胸郭関節を動かすには、、、

肩鎖関節の柔軟性が必要になります。

当然、胸鎖関節の柔軟性も必要になります。

ということは、胸骨が上がってくる必要があります。

同時に肋骨が上がってくる必要があります。


そうすると胸式呼吸になります。

Nさん「そう言えば、泳いでるときは胸式呼吸だ!って言われたわ。」

との事。


そうですね。

私も大学時代、スイミングのインストラクターのバイトしてたので、

その辺はとっても分かります。


胸式呼吸になれば、肋骨上部が上がるので、

胸椎がかなり伸ばさることになります。




といったところまで、説明しながら、

何度も何度も水泳のクロールの動きを練習したら、

腕の伸びあがりが5cmは広がりました!


これなら泳ぐときのストロークがかなり伸びますよ!

ぜひプールで試してくださいね♪


そして、さらに来店間隔伸びるはずですし、

肩こりの出にくい体になるはずですよ!

四十肩???

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




3回目のSさん(会社員)30代女性

以前は腰痛で来店されていました。

今回は1週間前からの肩の痛みでいらっしゃいました。

仕事で顔より高い場所に腕を伸ばしての作業が多く、

そのあたりから痛みが出たとの事。

腕を上げようとすると三角筋後面?上腕三頭筋起始部あたりに痛みを感じます。

また寝返りなどの初動でも痛みます。

ただじっとしていても、どこかわずか痛みがあるように感じます。




さて施術では肩甲骨周りを弛めようとしましたが、

ほんのわずか肩甲骨を動かそうとしただけで痛がります。


こりゃ久々に過敏な方が来ました。

そこで患部より遠いところから調整していくことに。

指先から弛め、前腕・上腕、

そして再び肩甲骨に戻ってくると、今度は動かすことができそう。

あまり大げさに肩甲骨を動かすと痛がりますが、

ゆっくり丹念に動きをつけるようにしました。


すると、じっとしていての痛みは問題なく、

腕を上げても痛みは和らいで、ほぼ問題ありません。


「もっと早く来ればよかったです~」

と嬉しい言葉をいただきました。



次回も早めの調整しちゃいましょうね♪

脇の下を洗う時の肩の痛み

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)









本日3回目のMさん(会社員)40代男性

昨年末、肩に痛みが出始め、

同時期に反対の肩にも痛みが出るようになってきました。


仕事はかなりの重量物を扱うようで、

肩に負荷がかかると痛みを感じるようです。

また夜間、両肩の痛みで目が覚めるとの事。

ちなみに寝るときには仰向けになっています。




まず初回、施術としては、

体幹のバランスを取りつつ、肩甲胸郭関節の調整。

また肩鎖・胸鎖関節の調整。

これだけで肩の可動域が広がったのが実感できた様子。




2回目の前回、

夜間痛はなくなり、

仕事中の肩の痛みは1~2割まで和らいでいます。

ただ、寝起きの動き始めの一瞬、痛み未満・苦しさ以上の辛さを感じるとこの事。

また腰に手を当てる動作、脇の下を洗う時など、

一瞬だけ苦しさを感じます。

要は初動の辛さのようです。


施術は初回と同様の調整。





そして3回目の本日。

正直2回目からはほとんど変化なし。

ですので、今回は違う所に目を向けてみることにしました。


まずは腋下の大円筋、小円筋を弛めてみると、、、

脇の下を洗う動作がOK!


そして空手の「オス!」のポーズを何度かやっていただくと、

腰に手を当てる動作も大丈夫!



あとはこれが、どれぐらい保てるかですね♪

次回までいい状態で過ごせることを期待しています。

座った時の下肢表面のしびれ感

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




9回目のNさん(会社役員)40代男性

下肢の痛み・張り・シビレの症状で来店されていますが、

一旦これらの症状は落ち着いたので、

また症状が顔をのぞかせた時に連絡をいただくようなスタイルです。




今回も4月ぶりの来店です。

また右腰~足の甲までのシビレが出てきました。

これは椅子に5~10分ほど座っていると出てきます。

ここから立ち上がるとすぐに解消します。

中よりも表面の皮膚近くの感覚のようです。


このことから、神経が悪さされているというよりは、

筋肉によるものではないか?と考えました。



施術では、まずバランスを整えつつ、

下肢全体の筋肉をゆるめ、腰椎の生理的湾曲をつけました。

そして一番気になっていた、右股関節のつまり。

ASIS、PSISの位置は両方とも左上がりなのに、

大転子、内踝の位置は右上がり。

股関節が詰まっていると判断し、この部分を広げるように調整。


調整しながら聞いてみると、

確かに座っていると、股関節の詰まり感があったとのこと。


しかし施術後は、この詰まり感は解消しています。

またシビレも特段感じません。


しばらく座っていたときに、どうなるか?

これは時間をおいてみないとわかりませんが、

ひとまず大丈夫そうです。


念のため、また次回も予約をいれていかれましたので、

それまで持つよう期待しています。
Prev123...100101102Next

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ