┗ 肩甲上腕関節の症例集

フライドチキンみたいに肩甲骨外してほしい。。。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日はじめてのSさん(教員)40代女性

同僚の方からのご紹介。



夏休み期間、先生方の研修がありました。

その時に冷房が効きすぎていたせいか、膝に痛みが出て

イスからの立ち座りで痛みます。


痛みは少し落ち着いてきましたが、

もうじきやってくる学校のイベントをこなせるか?

と不安でいらっしゃいました。



他にも以前から抱えている背中の痛み、

週一でマッサージに通っているという肩の凝りも訴えています。




さて、最初に検査を。

膝関節のズレを疑い、イスからの立ち上がりの際に、

膝関節の調整をしながら動いてもらうと、スムースに立つことができます。

また、骨盤を整えつつ立ち上がるのも、同様にスムーズに立つことができます。


この事から、骨盤のズレ→膝関節のズレが発生

という事を考えて施術スタート。




骨盤の調整を行ったあと、大腿部をしっかりゆるめます。

このとき太ももの筋肉を揺らすと「あぁ~これ気持ちいい~(^^♪」

と嬉しそうです。


肩甲骨を外す.jpg

また肩甲骨の動きを広げるようにしている時にも

「あぁ~気持ちいぃ~♪
 時々思うんだけど、ケンタッキーのチキンみたいに
 身体から肩甲骨だけ外してもらいたいって思っちゃう位くるしいんです。」

とのこと。

私もあんまりにも肩甲骨の動きがない方を扱っているとき

「肩甲骨と肋骨の隙間にナイフで切れ目入れてあげたいわぁ~!!!」

と思うときありますもんね。

お互い同じこと思ってるのかもしれませんね。^^;



施術後は、

膝はスムーズに、

肩はスッキリと帰っていただきました。




今週末も来ていただくことになりましたので、

良い状態を維持できてるといいですね♪

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ