下肢の症例集

座った時の下肢表面のしびれ感

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




9回目のNさん(会社役員)40代男性

下肢の痛み・張り・シビレの症状で来店されていますが、

一旦これらの症状は落ち着いたので、

また症状が顔をのぞかせた時に連絡をいただくようなスタイルです。




今回も4月ぶりの来店です。

また右腰~足の甲までのシビレが出てきました。

これは椅子に5~10分ほど座っていると出てきます。

ここから立ち上がるとすぐに解消します。

中よりも表面の皮膚近くの感覚のようです。


このことから、神経が悪さされているというよりは、

筋肉によるものではないか?と考えました。



施術では、まずバランスを整えつつ、

下肢全体の筋肉をゆるめ、腰椎の生理的湾曲をつけました。

そして一番気になっていた、右股関節のつまり。

ASIS、PSISの位置は両方とも左上がりなのに、

大転子、内踝の位置は右上がり。

股関節が詰まっていると判断し、この部分を広げるように調整。


調整しながら聞いてみると、

確かに座っていると、股関節の詰まり感があったとのこと。


しかし施術後は、この詰まり感は解消しています。

またシビレも特段感じません。


しばらく座っていたときに、どうなるか?

これは時間をおいてみないとわかりませんが、

ひとまず大丈夫そうです。


念のため、また次回も予約をいれていかれましたので、

それまで持つよう期待しています。
  • 症例:下肢
  • 2019年03月07日

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ