ホーム  ┗ 膝

┗ 膝の症例集

Prev1234567Next

立ち膝で鋭い痛みに襲われた!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)





6回目のAさん(農業)60代男性

10日ほど前までは肘の痛みで来店されていました。

肘を使った時の痛みを訴えていましたが、

腕尺関節に回旋動作、捻じれが発生していての痛みだったようで、

腕尺関節の調整を2回行った所、痛みは落ち着いたようです。


すると以前からあった膝の痛みが気になりだしていたところに、

立ち膝で農作業をしていたら左の脛骨粗面に鋭い痛みが出て、

慌ててお電話いただいた次第。


聞けば、膝の軟骨がすり減っているとのレントゲン結果があり、

整形外科から痛み止めを処方されているとのこと。




さてお話を伺うに、

おそらく肘も同じでしたが、

膝も同様、大腿骨と脛骨の捻じれがあるんじゃないのか?

と疑ってしまいました。

Aさん、スイカ農家ですので、何度もしゃがんだり、立ち上がったり、

膝の屈伸運動が多く、間違った膝の使い方をすることで、

膝の軟骨が減っていったのではないか?と想像します。



ここで検査をすると、

左の骨盤が高くなっています。

左の下前腸骨棘が上がっているため、大腿四頭筋が伸びていて、

その状態で立ち膝をして、脛骨粗面に負荷がかかったのでは?

とも考えられます。


そこで仙腸関節の調整、臀部の調整、

大腿部、下腿部の筋肉をゆるめて、膝関節のバランスを取りました。


すると屈伸動作は問題ありません。

あとは農作業をして確認してくださいね。



また膝を曲げるときに注意点、膝蓋骨とつま先の向きをそろえる!ことや、

骨盤を整えるストレッチをお伝えしました。


無理せず農作業に励んでくださいね。

立つときの膝痛←歪みが原因?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




17回目のSさん(保育士)50代女性

4年ぶりの来店です。


昨年からずっと我慢してきたようですが、

椅子から立ち上がるときの左膝の刺すような痛みがあります。

そのうち落ち着くかなぁ~と思っていましたが、

段々と痛みが強くなってきました。



ただでさえ、立ったり座ったりの多い保育士さんなので、大変そう。


他にも股関節痛、足底の痛み、腰痛、肩こりなど

カラダ中ぼろぼろ…


でも一番痛いのは、膝ですので、ここを集中してやっていきます!




まずは随分とズレてしまった骨盤の調整!

次に腰背部、臀部、大腿部、下腿部の筋肉をゆるめていきます。

ついでに足底もしっかり緩めます!


この際、膝関節を曲げたりしても全く痛みを訴えません。

ということは、膝関節の曲げ伸ばし自体に問題はないと考えます。


あくまでも体重を支えなければならない状態で、

周辺の筋肉の問題で、関節または筋肉に負荷がかかっているのか?

と考えていきました。



事実、立ち上がっていただく際には、痛みはさほど変化がありません。

ここで一つ発見がありました。

痛みをかばう動作なのか?左のお尻を引いて、

重心を右に掛けつつ、右脚に体重をかけて立ち上がります。


腰の捻じれを出さないように、立位での骨盤がずれないようにすると、

これだけで10→2まで痛みが和らぎます。



骨盤の歪み方の癖があって、

立ち上がる際に歪みが発生しているのでしょう。

何度か同じ動きを癖付けしておきました。


おそらく片手ぐらいの回数以内には落ち着いてくると思います。

膝の痛みが落ち着いてきたら、肩回りも調整しちゃいましょうね♪

足首を組んでませんか?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




31回目のIさん(会社員)30代女性

仕事がら疲労がたまって、

あっちが痛くなったり、こっちが痛くなったりするので、

3~4週間に一度のメンテナンスで来店されています。




さて今回は久しぶりに膝が痛くなりました。

しばらく立っているとズキン!とした痛みが不意に襲ってくるそう。


全身のバランスを調整していると

ふと見ると、足首を重ねている場面が何度もありました。

足首を組んでは直して、組んでは直してと。


もしかしたら?と思って聞いてみると、

コタツの中ではよくやる体勢らしい。


これは膝関節ズレちゃいますよ!

大腿部に対して、固い部分が外旋してしまい、

膝の痛みがつながる方が多々います。



これは是非意識して直してくださいね♪

重心がおかしいと膝が痛くなっちゃうかも?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




2回目のTさん(会社員)50代女性

立ち仕事をしていると、徐々に膝と腰に痛みが出てきます。

歩行、特に階段の上り下り、朝の寝起きでも痛みがひどい状態。




前回、背骨の調整&膝関節の調整

そして普段の膝の使い方のアドバイスをしました。

それが大腿骨に対して脛骨を外旋して使う癖があるので、

膝のお皿と、つま先を同じ方向に向けて、膝を使うようにアドバイス!




すると本日、

膝は、寝起き、階段、仕事中も

膝の痛みは我慢できる程度になってきました。

痛みは残ってます、残ってますが何とかなる程度だそうです。


腰もだいぶいいようです、まだ残ってますが!



でお話をおききしていると、

前回「かかと重心になっているので、つま先にも体重を分散して下さい!」

と伝えたことをきっちり守ってもらったそうで、

それからぐっと痛みが和らいできたとのこと。



重心がうまくとれていなかっただけなんでしょうね~

次は残った部分しっかり調整します!

下腿が外旋している膝痛

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日初めてのTさん(会社員)50代女性

立ち仕事をしていると徐々に膝が痛くなってきます。

そうすると歩いただけでも膝に痛みが走り、

階段の上り下りなどは特に痛みを伴います。

また朝の寝起きも痛みがひどい状態。

整形外科に行くと変形性膝関節症との診断。



そしてしばらくしてから、今度は左腰に痛みが出てきました。

これも仕事中に痛みが酷くなってきます。

再び整形外科を受診すると、

背骨の曲がりを指摘され、これが原因で膝も痛みが出ているのでは?

と言われてきたそうです。




さて施術を開始する前に、いくつか検査を試みました。

すると下腿の外旋が原因になってる様子。

つま先と膝頭の向きを合わせて階段の上り下りをすると痛みが減ります。

しかし、膝頭に対してつま先を外向きにした時は痛みが強く現れます。


そこで下肢全体の筋肉を弛めつつ、

膝関節の調整を行いました。


すると施術後は階段の上り下りでは痛みが和らいでいます。

帰宅後、仕事中の下肢の使い方をアドバイスして終了。



次回どうなっているかな?

しゃがんだ後に立てなくなる膝の痛み

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)





本日初めてのHさん(農業)60代女性

旦那さんからの紹介でいらっしゃいました。

今年に入ってから、両膝(特に右膝内側)に痛みが出るようになりました。

詳しくお話を伺うと、

しゃがみ込んで草取りをした後に立ち上がる際、

また正座をして立ち上がる際に膝が痛く、力が入りません。

手で補助しながらでないと起き上がれなくなりました。


また歩行時にも脚が安定しないような歩き方をしています。





試しに下腿が外旋しているのでは?

と考えていくつか検査をしてみましたが、

検査の段階では、どうもそんな様子もありません。


まずは下肢を弛めながら、随時検査と共に調整方法を考えていくことにしました。


骨盤のバランスを整えながら、下肢の筋肉を弛めてみると、

まぁ筋肉が固くなっています。特に大腿四頭筋とハムストリングスがガチガチ!

足首、股関節もかなり固い。

これらの関節を調整してみると・・・



施術を終えて、立ったりしゃがんだりしてもらうと

「ん~まだ痛っだいなぁ~
 でもテーブルさ手つかねど立だんねっけな、
 こうやって立づいし、ツカッ!って痛みないがら
 前よりは良いなぁ。」

と違いが出てきました。


これなら可能性があります。

あまり間を空けずに、しっかり調整していきましょう!

しゃがむと膝が痛い-数年間正座をしたことがありません。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)





5回目のNさん(嘱託)60代

発電機を運ぼうとして腰を痛めました。

一番最初は運転もできず、息子さんに送って来てもらったほど。


しかし回数を重ねるごとに痛みが和らいできて、

今回は全く痛みはありません、大丈夫になりました!




前回から、以前から気になっていた膝の調整をしています。

腰が楽になったので、畑の草取りを1時間半ほどやって、

いざ立ち上がろうとしたら、やっぱり痛い・・・


ということで、再度いろいろとお話を伺っていると、

どうも数年間正座をしていないということが分かりました。


要は膝を曲げる機会というのがほとんどない状態。

そんな方がしゃがみ込んだら、膝にだけ注目すれば正座と同じ動きをしています。


今回は膝関節がしっかり曲がるよう調整をこころみました。

大腿四頭筋を徹底的に弛め、膝関節の隙間を少し広げるよう調整。


すると数年間したことのない正座、少々苦しいものの何とかできます。

この状態だと、仕事中のしゃがみ仕事、どうでしょうかね?


続報をお待ちしております。

下腿外旋症候群かな?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




初めてのKさん(自営業)60代男性

何年か前にも膝を痛めていますが、

今回は50cmほどの足場から降りようとしたときに、膝下を外旋させたようで、

鋭い痛みと共に、腫れるようになりました。



現在の痛みを確認すると、

しゃがんだ後に立ち上がろうとした時、

また床から立ち上がろうとした時、

布団から起き上がる時に、脛骨内側顆に痛みが走ります。




施術前の検査で、

試しに、大腿骨に対して、脛骨を内旋方向に誘導しながら

しゃがんだり、立ったりしてもらうと、痛みはかなり和らぎます。

他にもいくつかの検査をしましたが、

どうやら脛骨の外旋が原因の様子。(下腿外旋症候群かな?)



下腿を外旋させていた筋肉を弛めるようにし、

内旋させる筋肉に緊張をいれてみると、

Kさんの感覚としては10→2まで痛みが和らぎました。


またこの状態を維持してもらうために、

正座をして、お尻で踵を押して座ってもらいます。

1~5分ほどでしょうかね~

これで下腿(脛骨)の内旋癖をつけてみてくださいね♪

正座、もしかしたらできるようになるかもしれませんよ♪

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




18回目のKさん(主婦)80代女性

元々は足底の痛みでいらしていましたが、

足底はもう大丈夫!


その後は慢性的な腰痛と鼠径部痛、臀部痛の調整をしていましたが、

先日旅行に行って、ずいぶんと歩いたようですが、ほぼ問題なかったようです。

本日は、残る腰痛部分についてのバランスを取るようにしました。


施術後は「おぉ~軽い軽い♪」とおっしゃっていただきました。

最後の雑談中、4~5年前から正座ができないようなお話でしたので、

次回からは膝の調整も少し入れてみましょう!

4~5年であれば、まだ曲げられるようになる可能性は高いと思います。


私も頑張ります。

やっと正座ができた!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




19回目のHさん(パート)60代女性

正座をしようとすると膝に痛みが出る!と来店されています。

今回で19回目ですが、徐々に、徐々に膝の可動域が広がってきて、

本日ようやく正座ができるようになりました!!!

長かったけど、頑張りましたね!

あとは、時間を置いてもこの状態が維持できるか?を確認しましょう。



さて今回はこの膝の問題の他に、もう2つ訴えがあります。

訴え
①昨日畑のマルチを貼ったら肩が痛くなりました。痛み、苦しさです。
②正座ができるようになったはいいけど、姿勢を正そうとすると背中が伸びません。

調整結果
①肩甲胸郭関節をゆるめたら一発!
②次回調整しましょう!(時間がなかった)

ということになりましたので、次回は生理的湾曲を作るよう頑張ります!
Prev1234567Next

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ