┗ 膝の症例集

若い人と違って、私みたいに年だとよぐならねんねがや?

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




本日初めてです。河北町Kさん(美容師)80代女性

息子さんが、お客さんから当店のことを聞いて、Kさんを連れてきました。

しょっぱなから「せんせぇ〜若い人と違って、私みたいに年だとよぐならねんねがや?」

と半信半疑。

ま、そう考えるのが普通でしょうね。(苦笑)


股割り.jpg

さてお話ををお聞きすると、

2年前、冬場にお店の駐車場の雪を融かそうとして、ホースで水をまいている時に、

男物のサンダルを履いていて、左右に開脚するように脚が滑っていき、

股裂き状態になって、後ろに尻餅をつきました。

それ以来、歩く時に両膝(特に左)から下に痛みが出るようになりました。

特に椅子から立ち上がった時の第一歩など、初動で鋭い痛みが出ます。

整形外科では、膝の軟骨が減っているからだ!と言われました。




さて、まず検査では、

膝下をバンドで縛ってみると「おぉ〜軽い軽い!」と歩くのがスムーズになります。


また、もう一つ検査。

ずれている骨盤を整えつつ歩いてもらいました。

これもかなり軽くなるようです。



これらから、骨盤の歪み、また上脛腓関節の問題が大きいようですので、


仙腸関節の調整および、下肢の調整を行いました。

結果、はっきりと変化が出た訳ではありませんが、

10→8 と僅かですが和らいだ感は出たようです。



また歩行時には重心が変わったせいで、若干ふらつきが出ていますが、

何度か歩いてもらうと落ち着いてきたようです。



私の経験と感覚からすると、この膝の痛みは変化を出すことは可能だと思います。

そもそも膝の軟骨がが減っているのが原因であれば、

痛みが和らぐ時に軟骨が増えた訳でもなし、

膝下をバンドで縛ったり、骨盤を整えたところで本来痛みは変わらないはずです。

そんなお話をもさせてもらいました。


後のネックは、美容師さんのお仕事が月曜休みって事だけですね。(汗
  • 症例: ┗ 膝
  • 2016年11月17日
  • 更新日時 : 2016年12月06日

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ