┗ 膝の症例集

立ち膝で鋭い痛みに襲われた!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)





6回目のAさん(農業)60代男性

10日ほど前までは肘の痛みで来店されていました。

肘を使った時の痛みを訴えていましたが、

腕尺関節に回旋動作、捻じれが発生していての痛みだったようで、

腕尺関節の調整を2回行った所、痛みは落ち着いたようです。


すると以前からあった膝の痛みが気になりだしていたところに、

立ち膝で農作業をしていたら左の脛骨粗面に鋭い痛みが出て、

慌ててお電話いただいた次第。


聞けば、膝の軟骨がすり減っているとのレントゲン結果があり、

整形外科から痛み止めを処方されているとのこと。




さてお話を伺うに、

おそらく肘も同じでしたが、

膝も同様、大腿骨と脛骨の捻じれがあるんじゃないのか?

と疑ってしまいました。

Aさん、スイカ農家ですので、何度もしゃがんだり、立ち上がったり、

膝の屈伸運動が多く、間違った膝の使い方をすることで、

膝の軟骨が減っていったのではないか?と想像します。



ここで検査をすると、

左の骨盤が高くなっています。

左の下前腸骨棘が上がっているため、大腿四頭筋が伸びていて、

その状態で立ち膝をして、脛骨粗面に負荷がかかったのでは?

とも考えられます。


そこで仙腸関節の調整、臀部の調整、

大腿部、下腿部の筋肉をゆるめて、膝関節のバランスを取りました。


すると屈伸動作は問題ありません。

あとは農作業をして確認してくださいね。



また膝を曲げるときに注意点、膝蓋骨とつま先の向きをそろえる!ことや、

骨盤を整えるストレッチをお伝えしました。


無理せず農作業に励んでくださいね。

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ