┗ 大腿部の症例集

脚立から落ちて出てきた脚の痛み

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)



27回目のTさん(農業)60代男性

今年の春に、脊柱管狭窄症と診断され、

だましだまし農作業をこなしていましたが、

夏にピクリとも動くことのできない激痛により救急車で運ばれ、

腰椎椎間板ヘルニアと診断され2ヶ月入院してきました。


ヘルニアの痛みは落ち着いたため退院できたところですが、

左大腿部裏が妙に張って苦しい!と来店されたのが最初です。


しかしこの張りも落ち着き、

農作業をすると張ってくる腰の苦しさの調整で通われています。

「この冬の間に何とかしたい!」

と意気込んでいます。




さて今回、

2週間ほど前に屋根の塗装をするために脚立にのぼって足を踏みはずし、

転倒し左臀部を強打!

これが原因なのかわかりませんが、

最初と同じような左大腿部裏につっぱり感が現れてきました。

そのため、次に入れていた予約は一旦キャンセル。


ご本人が言うには、ヘルニアの痛みは大腿部側面から裏面にかけての

斜め後ろ方向に出る痛みだったが、

こんかいのつっぱりは太ももの真後ろなので、ヘルニアとは違うと思う!

とのこと。


ヘルニアの痛みがあまりにも痛かったし、

その記憶が強烈なようで、

今回の突っ張りが出てから病院で再度検査してもらってきました。


結果異常なし。

脊柱管狭窄症についても手術するほどではないとの事。



で、再び当店にやってきた次第。

私なりにも検査をいくつかやってみましたが、

ハムストリングスの張り感を訴えているように感じられます。


で徹底的にハムストリングスを弛めてみた結果、、、

施術後は「おぉ~全然最初と違うな!」

と変化を感じていただけました。



また2週間後のご予約を頂きましたので、

できるだけ冬の間にしっかり調整しちゃいましょうね♪

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ