┗ 股関節の症例集

足首を組むことの弊害

みなさん、こんにちは

山形県東根市のマッサージ・整体なら 

【よくなる整体院東根】

代表の菅井広孝です。(^-^)  

 

  

 

 

本日45回目のKさん(女性)自営業


10年前の交通事故から股関節の痛みがあり、

徐々に可動域が狭くなり、歩行も大変なほど。



旦那さんがリハビリに良いかと買ってくれたエアロバイクですが、

当初は股関節の痛みでほとんど使う事ができなかったんです。

しかしこのエアロバイクのこぐ回数が一つの目安となっています。

エアロバイクのサドルの高さ、ごく回数、

またハンドルの高さなどで股関節の調子が丸わかり。

当初は歩行時の痛みもありましたが、

徐々に可動域が広がってきて、

自宅でエアロバイクも運動できる時間が伸びてきました。


 alt=""title=""

さて自営業のKさん、最近は年末調整の書類の処理のため

パソコンに向かっている時間が多く、

最近なかった股関節の痛みが出て来ました。

また、パソコン作業の時、両足首を組んでしまう癖があり、

足首の下に痛みが出ていました。

来院時点で、いつもより歩行が辛そうな感じでした。



施術では、まず股関節を下側方に調整をかけると痛みが取れました。

また足根骨の各関節の動きをつけたら、これも痛みが和らぎます。


どうも足首を組んで、足根骨が渋くなっていたようです。

なるべく足首を組まないよう意識しながら作業して下さいね。



最後に嬉しいご報告をいただきました。
方向転換や急に立ち上がるときに、足を開く動作で痛みがありましたが、
最近はふいに動くとき「あれ?動ける?」
と、無理なく動くことができると気づくことが増えてきたそうです。

徐々に可動域が広がっている証拠ですね。
この調子で股関節の動きをつけていきましょうね。
  • 症例: ┗ 股関節
  • 2015年01月16日
  • 更新日時 : 2016年04月16日

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ