┗ 股関節の症例集

気づいたら動かなかった・・・

みなさん、こんにちは

山形県東根市のマッサージ・整体なら 

【よくなる整体院東根】

代表の菅井広孝です。(^-^)  

 

 
 

 

本日初回のNさん(女性)主婦



1週間前にあぐらをかこうとしたら、

右股関節が固く、膝が落ちない事に気づきました。

要はあぐらの時に右股関節が固い状態。

 alt=""title=""

こんな風に、ある瞬間にふと気づく方っていらっしゃいます。

しばらくの間、その姿勢、体勢を取っていない方だと、

ご自分の関節が極端に固くなっている事に気づかずに生活しています。

そして、ふと気づいてしまいます。

「あれ?こっちの関節だけ動かない!」と。




極端に左右の可動域に差がある場合、

靭帯が固くなっているか、歪みによって筋肉が固くなっています。


靭帯が固まってしまうと、

リハビリのように、徐々に関節の可動域を広げていくため

どうしても時間がかかってしまいます。


しかし歪みなどによる筋肉の固さがある場合、

しっかり緩めていけば、1回でもかなり動きが広がります。



Nさんも、骨盤や股関節の動きをつけていくと、

ほぼ左右差がなくなりました。

あとはこの状態をくせ付けするため、あと1~2回調整しておきましょうね。
  • 症例: ┗ 股関節
  • 2015年02月12日
  • 更新日時 : 2016年04月15日

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ