┗ 股関節の症例集

そんな事ができるんなら今頃やってるはずです。

みなさん、こんにちは

山形県東根市のマッサージ・整体なら 

【よくなる整体院東根】

代表の菅井広孝です。(^-^)  

 

 

 

50回目のKさん(女性)自営業

 
股関節痛でいらしています。
 
関節がガチガチで可動域が極端にせまくなっています。
 
 
しかし最近はだいぶ可動域が広がってきて
 
股関節の屈曲はかなりスムーズになってきていました。
 
 
 
 
そして前回(49回目)
 
私は思うところがあり、一つの提案をしました。
 
「ポールウォーキングやってみませんか?」
 
 
股関節はかなり動きが良いのに、
 
どうしても、まだ左右に身体を揺らして、
 
ぺたぺたとペンギンのような(表現が見当たらなくてごめんなさい)歩き方になってしまいます。
 
これは痛かったがゆえに癖づいてしまった歩き方です。
 
この癖が抜けなくなっています。
 
 
この歩き方を矯正しなければなりません。
 
ここで歩き方のアドバイスをしても、
 
おそらく歩き方を矯正することは難しいと思います。
 
 
だって、そんな事ができるんなら今頃やってるはずです。(笑)
 
 

 
 
そこで両手にポールを持つことで上半身が安定し、
 
歩行時の下半身の動かし方を安心して確認することができます。
 
前回(49回目)は施術を早めに切り上げ、
 
天気も良かったので外で八鍬先生(指導員の資格持ち)の指導の元、
 
当院の駐車場でプチポールウォーキング教室開催!
 
 実は今までも散々ポールの有用性をお話してたので、
 
一応ポールを購入して、自宅で試してはいたようですが、
 
実際、八鍬先生の指導を受けたら、
 
「全然ちがう事してた!」
 
と驚いていました。
 
 
 
 
そして今日、ポールウォーキングを試してどうだったかを尋ねると、
 
「非常に衝撃的なことがあったんです…」
 
と切り出されました。
 
 
「あちゃ~普段と違う動きで痛み出ちゃったかな?」
 
と、しまった~という表情をしていたら、
 
「揺れないで歩いてる!って夫に言われたんですよ♪」
 
と逆に嬉しい結果報告でした。
 
ポールを使わずとも歩き方がキレイになったようです。
 
 
かなり嬉しい出来事だったようで、
 
子供の様にに何度も「ホントに?」と繰り返したそうな。
 
 
 
ポール一つでも歩き方が矯正されますよ♪
 
というお話でした。
 
さらに上手に歩けるよう継続していきましょうね。

 

  • 症例: ┗ 股関節
  • 2015年03月14日
  • 更新日時 : 2016年04月16日

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ