┗ 股関節の症例集

入院による弊害と、頑張りすぎないように!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




入院.jpg

本日2回目のGさん(大正生まれ)女性

今年に入ってから心臓の不調で倒れてしまい、

ペースメーカーの植込み手術を行いました。

しばらく入院していたら、太ももの裏が痛くて歩けなくなりました。


病院内の整形外科の先生には、

入院で筋力が落ちたんだろう!と歩く訓練を勧められました。


すると根がまじめなGさん、

かなり頑張ったようで、普通に歩けるようになりました。

が、頑張りすぎたのか、

今度は左鼠径部に痛みが出て、足をつくのも辛い状態に。。。

娘さん曰く、「一歩一歩が大きいんだよなぁ~」とのこと。




前回の1回目は、

股関節の動きや骨盤のゆがみを確認しながら、

全体的にバランスを取っていきました。

そして、立って確認するとまだ痛みがあります。

ただ、股関節の向きなどをいろいろ変えて確認すると、

無理なく歩ける角度を見つけたので、まずは終了。




そして2回目の本日。

前回見つけた角度に、少しずつ調整していくと、

立ちあがっても「おぉ、気にならねな!」

としっかりと変化が出てきました。


この調子なら、あと数回で卒業までいけそうですね♪

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ