ホーム  ┗ 背中

┗ 背中の症例集

Prev12345Next

姿勢と背中の苦しさ

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)









21回目のOさん(公務員)20代女性



腰痛・肩こりで月に一度定期的に調整しています。



しかし今回は背中の痛み!





不思議なもんで、毎回痛みの箇所が違うんですよねぇ~



腕を上げようとしたり、寝起きの時に背中に強い張り感、苦しさが出ます。





調整としては、肩甲胸郭関節の調整、肋骨、鎖骨の調整を行いました。

一番怪しいと思って調整を掛けたのが広背筋。

もろに患部そのものでしたのでね。(笑)


すると相当和らいだ様子!

やはり広背筋が原因でしたか。


仕事柄、ずいぶんを前傾姿勢でばかりいるので、仕方ありませんが、

なるべく今回お伝えした姿勢を守って下さいね。

わざわざそんな姿勢しなきゃいいのに…と思ったのは内緒

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




4回目のIさん(公務員)30代女性

肩甲骨内側に痛み、両わき腹に苦しさを抱えて前回来店されました。

施術直後は主訴は感じなくなっていました。



そして2回目(通算4回目)の今回、

背中の痛みはもうありません。

両わき腹の苦しさも常々感じることはなくなりました。

が、両肘を引いて(思いっきり胸を張って)上半身を捻ると

やはり苦しさが出るとの事。


そんな特殊な姿勢、生活の中にあるんでしょうか?

と疑問に思って聞いてみると、

横向きで授乳するときの体勢だそうで(苦笑)

私には想像つきませんでした。

(わざわざそんな姿勢しなきゃいいのに…と思ったのは内緒)




前回同様の調整を試みましたが、

一通り終えても苦しさは全く変わりません。


そこで胸椎や肋骨をいろいろ弄りながら動いてもらいましたが、

やはり変化なし。


ん~と骨盤を調整しながら同様の動作をしてもらうと、

おや、これは変化が見られます。

何度か繰り返してもらうと、かなり苦しさは軽減しました。



やはり本人しか分からない体勢、苦しさってあるもんだと、

今回の件で改めて勉強させてもらいました。

産後のママさんの不調には共通点があります。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




3回目のIさん(公務員)30代女性

二年前にも産後の肩こりで来店されました。

また今回も出産後の不調でお電話いただきました。



産後の方の不調は、だいたい共通する部分があります。

・頭痛
・首のコリ、または痛み
・肩こり、または痛み
・背中のハリ、または痛み
・腰痛
・尾骨の痛み
・股関節痛

この辺がほとんど。


産前のお腹が出ていた時の姿勢とは真逆で、

今度は腰、背中を丸めて抱っこ・授乳をしなければなりません。

姿勢が崩れることによる不調がほとんど。

または赤ちゃんの成長に伴って、

支え続けるため筋疲労からくる痛みもありますね。




Iさんもこのうち、背中の痛みで来店されました。

肩甲骨内側に痛み、両わき腹に苦しさを抱えています。


肩甲胸郭関節の動きをつけたあと、

肋骨の動きを広げるため、挙上状態で深呼吸をします。

また鎖骨や胸骨の動きもつけていきました。


すると、しっかり息を吸えるようになり、

上半身は無理なく伸びています。



とりあえず施術後の苦しさは合格点!

また来週どうなってるかな?

転んで痛めた背中は骨盤が原因でした!

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




8回目のAさん(会社員)40代男性

先日の登山中に転倒。

それから2週間、背中に痛みが続いています。

初動時にとくに痛みがあり、動作中も続いています。




お話を伺うと、その部位からは、

起立筋もしくは広背筋が怪しいのかと考えます。


まずは伏臥位で仙腸関節の動きをつけ、

側臥位で肩甲骨周りを弛めていきます。

また起立筋、広背筋の動きを確認しながら弛めてみます。


緩んだ手ごたえを感じたので立ち上がっていただくと、

「う~ん最初よりはいいです。けど、まだ残ってるかな~」

と痛みは10→5程度。



そこで試しに、骨盤のズレていた方向と逆方向への動きをつけ、

またその状態で何度か癖付け。

すると、これがハマりました!

バッチリ変化が出て

「おぉ!!?」

と一瞬にして驚いた表情に!


手ごたえを感じて瞬間です。

また少し痛みがぶり返す時があれば、

すぐ連絡くださいね!

ジャケットを羽織るときの背部痛

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




2回目のSさん(調理師)30代女性

1週間ほど前から背中(肩甲骨内側)に痛みが出てきました。

荷物を持ったり、ジャケットを羽織るときに痛みを感じます。


まず初回は、肩甲骨周辺の筋肉を弛めていきました。

菱形筋、前鋸筋、大・小円筋、小胸筋、肩甲挙筋など。


すると4日ほど開けた今回は、

10→6程度と痛みが和らいできています。



今回は前回同様の調整に加え、

肋椎関節、胸椎の動きを漬けるように調整してみました。

これで、さらに痛みが和らげばいいと思っていますが、

どうでしょうかね?

車の運転中は肘置きを使わないようにしましょう!なるべくね。

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)





11回目のUさん(会社員)40代男性

うがいをすると腕に鋭い痛みが走る!と来店されています。

前回、痛みが出る左腕をバンザイすると

痛みが和らぐことが分かった次第ですが、

この時、もう一つ分かっていたことがあります。


それは上部胸椎が左側に傾いていること。

もしかしたら車の運転中に肘置きを使いまくっているのが原因では?

とお伝えしたところ「気を付けてみます。」との事でした。




そして今回、

痛みが約半分までに和らいでいます。

聞けば、車の肘置きを使わないようにしたところ、

ずいぶんと痛みが落ち着いてきたということです。


やはりこういった普段の生活の中に、

痛みの原因となる姿勢や動作が潜んでいるものなんですね~


まずは痛みの原因が分かったので、

あとは気をつけながら生活していただければ、

数回の施術で落ち着くと思いますよ♪


もうちょっとだけ頑張りましょうね♪

ずっと座っていると背中が痛くなってくる

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




2回目のOさん(会社員)30代男性

先月から左肩甲骨の下角内側付近に痛みが出るようになりました。

仕事は営業職で、デスクワークや運転が多いんですが、

このじっとしている時間帯に痛みが強くなってきます。

動いていると痛みはまぎれたようになり、和らいでいます。



その場所で考えられる筋肉は、

・起立筋
・広背筋
・肋間筋

ということで、側臥位にて肩甲骨の可動域を広げがてら、

筋肉をゆるめるようにしてみました。


すると施術直後は

「あ~なんかよく分かんないですけど、痛くはないですね。」

との事。




そして2回目の今回。

5割ほど痛みが残っています。

半分になったということであれば、まずまずです。


同様の調整を試みましたが、

やはり調整直後はほとんど気にならなくなっているようです。


一つの考え方ですが、

一旦和らいだ筋肉が、何らかの姿勢が原因で再び痛みが出ている!

とも考えられます。


そんな事をお伝えしたら

「あ~思い当たる姿勢はあります。」

とのこと。


まずはその姿勢を控えてみてくださいね♪

背中(肩甲骨内側)の鈍痛

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)





21回目のNさん(会社員)40代男性

肩こりや腰痛などで通われていますが、慢性的なものは和らいできたので、

現在3週間ごとのメンテナンスに通われています。


ところが、今回は事情があって1ケ月半予約が空きました。

久しぶりでしたので今回の様子をお聞きすると

「いやぁ~ずいぶん間空きましたからねぇ~背中が攣るみたいな痛みあるんですよ~!」

とまた違った症状を抱えてやってきました。

背中に常に苦しさ、鈍痛を感じ、動かしたときに痛みが強くなります。



Nさん、何と伝えたらいいのか・・・

元々の骨格もガッチリ体型ですが、さらに脂肪が程よく乗って、

筋肉だけでなく、皮膚・脂肪も固い!


肉付きが良い方でも表面の皮膚・脂肪が柔らかい方もいますが、

要は肩甲骨をつかもうとすると、肩甲骨と肋骨の間に私の指が入っていきません。

まずは、この部分が少しでも柔らかくなるよう調整を試みました。


するとNさんスヤスヤ眠り始めて、身体の力も抜けてきて、

徐々に肩甲骨にも動きがついてきました。

特に肩甲骨内側の動きをつけたかったので、これでOKでしょ!


と判断出して起き上がってもらうと、

ニヤリ!として「全然ない!」と一言。


また三週間後、お待ちしております。

下を向くと出てくる痛み

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




4回目のSさん(会社員)40代男性

以前、右首~腕にかけての痛みで来店されていましたが、

2割ほどまでに痛みが和らぎ、気にならなくなってきたので、いったん終了。



2月ほど経って、今回は逆の左側に痛みが出てきました。

聞けば、下に首を傾けると首筋から上腕にかけて、

また肩甲骨内側、腋下にも痛みが走ります。



今回は肩甲胸郭関節を広げるように調整、

すると肩甲骨内側のある一点のみ10→5と痛みが残ります。

が、他は気にならなくなりました。


次回はこの部分を集中して、調整していきましょう!

腕を上げると首の痛みが和らぎます

みなさん、こんにちは
山形県東根市のマッサージ・整体なら 【よくなる整体院東根】
代表の菅井広孝です。(^-^)




3回目のSさん(会社員)40代女性

2年ぶりの来店です。

前回、前々回も同じ症状でしたが、右の首筋に痛みが出ています。

以前は寝違えたようなひどい痛みでしたが、

今回はまだそこまで酷くありません。が、「酷くなる前に整体に行っとこう!」

と思っていらしたようです。




今回は右の首筋の痛み。

首を捻るときは大丈夫ですが、右に傾けると右の上部僧帽筋あたりに痛みが走ります。

仕事はデスクワークとの事で、肩甲骨周りがガチガチ!

筋肉が固いだけでなく、肩甲胸郭関節の可動制限が目立ちます。

ここまで固まってる方もそういません。


なるべく肩甲骨の動きを付けた後、

何度か呼吸をしていただきました。

超腹式呼吸タイプ!


肋骨を広げて、胸式呼吸を試してもらうも、ほとんど肋骨が動きません。

本人も「えっ、もうこれ以上息吸えません!」とのこと。


しかし私が肋骨に手を添えて、ゆっくりと肋骨の動きを誘導しながら

胸式呼吸をしてもらうと、徐々にですが呼吸が深くなってきました。

感覚的に最初の1.5倍は肺活量が増えています。


そして起き上がていただくと、痛みが和らいだものの残っています。

試しに左腕を上げて、首を右に傾けて痛みをチェックしてもらうと、これだとOKです。

左腕を上げることで、胸椎が左側弯しますので、正された結果でしょう。


自宅でも時々左腕を思いっきり上に伸ばすようにしてくださいね♪
Prev12345Next

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ