┗ 背中の症例集

じっとしていると背中が痛みだす

みなさん、こんにちは

山形県東根市のマッサージ・整体なら 

【よくなる整体院東根】

院長の菅井広孝です。(^-^) 

 
 
 


本日初診のTさん(スポーツ指導員)20代女性



2年ほど前から右の肩甲骨内側に痛みがあります。

とはいっても、常に痛いわけではなく、

時折出てくる痛みで、じっとデスクワークをしていると感じるようです。

 alt=""title=""

さて波のある痛みという事でしたが、

今日も多少は痛みます。

そして、右手を後ろに回すとあまり上まであがりません。

本当であれば、右手で右の肩甲骨を触れるはずです。(本人談)




さて、このタイプの症状は、

まずは肩甲骨の動きを広げるようにします。

最初に言われましたが、

「左の肩甲骨は浮いてくるんですけど、
 右は浮いてこないんですよね。」

これは前鋸筋が肩甲骨を肋骨に張り付けている事が考えられます。

徹底的に肩甲骨の周りをゆるめていきました。


すると最初にあった背中の痛みはかなり和らぎました。

また、右手が後ろまでぐいっと回るようになり、

肩甲骨まで手が届きます。



【胸椎の歪み+肋骨の歪み】も一つの原因と見ました。

仕事柄、上半身をねじる場面も多いそうで、

そういった歪みが表れているのではないでしょうか?


少し気にして生活してみて下さいね。
  • 症例: ┗ 背中
  • 2015年10月13日
  • 更新日時 : 2016年04月14日

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ