┗ 腰部の症例集

骨盤の後傾と股関節の開き

 みなさん、こんにちは

山形県東根市のマッサージ・整体なら 

【よくなる整体院東根】

院長の菅井広孝です。(^-^) 

 
 
 

 

本日4回目のAさん(会社員)40代女性


寝返りも酷いような腰痛が続いていましたが、

初回~3回目の施術で腰痛はほぼ気にならなくなりました。

現在残っているのが、左臀部の痛み。

前屈みになったり、寝起き(右から転がって起きるとき)

また大股で歩くとき、座っていると痛みが出ます。



骨盤と股関節の動きを調整し、

臀部を緩めていきましたが、

立ち上がると、やはり痛みが残ります。


そこで、骨盤を調整しながら前屈みになってもらうと

痛みを訴えなくなりました。


大股で歩くときには、

股関節を内旋させてあげると痛を訴えません。


座っている時の痛みは、

左のお尻を引いて、左骨盤(上前腸骨棘)を下げるようにし、

左太ももを内側に捻じるようにして座ると、

痛みを訴えなくなります。



これらのことから、

骨盤の後倒と股関節の外旋が疑いました。

 alt=""title=""

それぞれの動きは広げてありますので、

今度は癖付けのため、

正しい座り方も心がけて下さいね。
  • 症例: ┗ 腰部
  • 2015年10月20日
  • 更新日時 : 2016年04月14日

ほんの一例ですが掲載させて頂きます。


お探しの症状をクリックしてください



電話でのご予約は



インターネットでのご予約は


アクセスマップ